黒沢清+蓮實重彦『東京から 現代アメリカ映画談義』のピンボケ感

黒沢清と蓮實重彦の“師弟対談”で、まあこれほどの映画のプロ(いいかえれば「映画マニア」)が語っているのだから、さぞかし難解な内容なんだろうと思っていたら、わりとすんなりと読み進めることができました。副題にあるように、イーストウッド、スピルバーグ、タランティーノの映画が好きな人であれば気軽に楽しめる本です。

ただ、やはり“映画マニア”の本だけあって、私にはついていけないところもありました。

たとえば、タランティーノの『ジャッキー・ブラウン』について述べた部分。

蓮實 さきほど、タランティーノの過去の時間のインサートがかなり思いつきでいい加減だと言いましたけど、『ジャッキー・ブラウン』の現金すりかえ事件なども、並行的に起こる事件の時刻を画面に表示しないと、見ているだけでは前後関係がわからなくなってしまう。

というふうにタランティーノの欠点をふたりで語り合っていきます。ところが──。

蓮實 ただ、私はいろいろと文句を言いつつもいまだにタランティーノのファンなんです(笑)。スピルバーグも腰を据えて見ているけれど、ファンだとは言えない。タランティーノだと、実は『ジャッキー・ブラウン』が非常に好きなんです。

なんだよ先生、結局好きなんじゃないかよ! ……と、思わずツッコミを入れてたくなってしまい、なかなか文章に集中できないということがありました。

まあ、そこは“映画のプロ”だから、ただ「好き」と言っているだけでは「キモイ」のかもしれません。

この記事のタイトルの「ピンボケ感」というのは、著者の先生たちと読者である私とがシンクロできない部分があった、というだけで、もちろん、この本の内容を酷評したものではないことは、いちおう最後にお断りしておきます。

『オブリビオン』は雰囲気を愉しむ映画でした

『岸辺露伴は動かない』……ってなぜ先生ばかりがスピンオフ?

関連記事

  1. 『カルト』はフェイク・ドキュメンタリーのいいとこ…

    『カルト』は「フェイク・ドキュメンタリー(モキュメンタリー)」というやつで、…

  2. 『テッド』はギャグがわからなくても楽しめるという…

    劇場公開時、予告編を観たとき、華麗にスルーしてしまった。クマのぬいぐるみが言…

  3. 『ゴーン・ガール』

    『ゴーン・ガール』が120%楽しくなる〈ネタバレ…

    主人公は幸せそうに夫婦生活を送っていたが、あるとき妻が突然いなくなる。誘拐?…

  4. テレビ朝日版『ダイ・ハード』を越える洋画の吹き替…

    「洋画の吹き替え版のベストを選ぶとしたら?」と聞かれたら、迷うことなく「テレ…

  5. 【敵情視察】狗界ゴウ『緑眼魔女の事件簿 テロリズ…

    近未来の中国を舞台に、国連治安維持局の特殊捜査官が特殊能力を駆使し奮闘する─…

  6. 近未来を舞台にした藤井太洋『UNDER GROU…

    その名のとおり「地下経済」をテーマとしたSF小説。2018年という近未来を舞…

  7. 『パシフィック・リム』の制作陣が“わかっていらっ…

    特撮怪獣モノやロボット・アニメに親しんだ者が『パシフィック・リム』を観ている…

  8. 『遊星からの物体X ファーストコンタクト』はじわ…

    ジョン・カーペンター版『遊星からの物体X』は、幼いころに観て、その恐ろしさに…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろな作品を評価する〈ネタバレなし〉ブログです。

おすすめの記事

  1. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』
  2. 24-live-another-day
  3. 『ザ・コンセクエンス』
PAGE TOP