黒沢清+蓮實重彦『東京から 現代アメリカ映画談義』のピンボケ感

著者の先生たちと読者である私とがシンクロできない部分があった、というだけですが。

黒沢清と蓮實重彦の“師弟対談”で、まあこれほどの映画のプロ(いいかえれば「映画マニア」)が語っているのだから、さぞかし難解な内容なんだろうと思っていたら、わりとすんなりと読み進めることができました。副題にあるように、イーストウッド、スピルバーグ、タランティーノの映画が好きな人であれば気軽に楽しめる本です。

ただ、やはり“映画マニア”の本だけあって、私にはついていけないところもありました。

たとえば、タランティーノの『ジャッキー・ブラウン』について述べた部分。

蓮實 さきほど、タランティーノの過去の時間のインサートがかなり思いつきでいい加減だと言いましたけど、『ジャッキー・ブラウン』の現金すりかえ事件なども、並行的に起こる事件の時刻を画面に表示しないと、見ているだけでは前後関係がわからなくなってしまう。

というふうにタランティーノの欠点をふたりで語り合っていきます。ところが──。

蓮實 ただ、私はいろいろと文句を言いつつもいまだにタランティーノのファンなんです(笑)。スピルバーグも腰を据えて見ているけれど、ファンだとは言えない。タランティーノだと、実は『ジャッキー・ブラウン』が非常に好きなんです。

なんだよ先生、結局好きなんじゃないかよ! ……と、思わずツッコミを入れてたくなってしまい、なかなか文章に集中できないということがありました。

まあ、そこは“映画のプロ”だから、ただ「好き」と言っているだけでは「キモイ」のかもしれません。

この記事のタイトルの「ピンボケ感」というのは、著者の先生たちと読者である私とがシンクロできない部分があった、というだけで、もちろん、この本の内容を酷評したものではないことは、いちおう最後にお断りしておきます。

『オブリビオン』は雰囲気を愉しむ映画でした

『岸辺露伴は動かない』……ってなぜ先生ばかりがスピンオフ?

関連記事

  1. 『劇場版 零』スチール

    射影機が登場しない『劇場版 零~ゼロ~』なんて『…

    原作ゲームの『零』シリーズは、好きなホラーゲームのうちのひとつだ。その映画…

  2. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を本気で解明する…

    前回から引き続き『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を考察していこう。前回は以…

  3. 横山秀夫『64(ロクヨン)』は“横山作品にハズレ…

    昭和64年に起きた誘拐殺人事件を巡る警察内部の抗争を描く、横山秀夫『64(ロ…

  4. 『翻訳がつくる日本語』で「女言葉」がよくわかるわ…

    現代の日本で「○○だわ」「△△のよね」という話し方をする女性や、「やあ、●●…

  5. 『かーそる』

    電子雑誌『かーそる』とは良い名前をつけたもんだ

    『かーそる』は、セルフ・パブリッシングの電子雑誌だ。同誌の「創刊にあたって…

  6. 【シン・ウルトラマン】ウルトラマンに思い入れのな…

    日本で暮していて〈ウルトラマン〉をまったく知らずに生きていくのは難しいでし…

  7. 黒澤作品の脚本家・橋本忍『複眼の映像』から神映画…

    橋本忍といえば『羅生門』『生きる』『七人の侍』のシナリオを手がけている。そう…

  8. 『銀幕の声』

    【敵情視察】水瀬ハルキ『銀幕の声』から正しい娯楽…

    映画を観ていると、スクリーンの端に少女の姿が映る。映画の筋には関係がなく、…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP