『エクスペンダブルズ2』を期待せずに見た場合のレビュー

シルベスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、ブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツェネッガーと、ハリウッドを代表するアクションスターが集結した『エクスペンダブルズ』。評判は悪くないが、個人的には前作ははっきりいって駄作だった。ただ満足はできた。始めから期待してなかったから。

で、続編『エクスペンダブルズ2』も「まあつまらんだろうな」と思いながら観た。でも今回はそれが吉と出た。

「あれ? 今回おもしれぇじゃん」

【おもしれぇ理由1】オーソドックスかつ盤石な脚本

まずは、意外にも脚本がしっかり作り込まれているのが功を奏している。この当たり前の基本ができていなかったから、前作はつまらなかった。それが本作と比較することで見えてきた。

とくに奇をてらった物語ではないが、ハリウッドにおける脚本執筆のセオリーどおり「三幕モノ」になっている。

物語を大きく3つに分割し、それぞれに山場を作る。こうするとクライマックスが3つできることになり、3つめのそれが映画全体のクライマックスになっている。過去のハリウッド映画の傑作はほぼこの「三幕」形式で書かれている。

その基本に忠実だからこそ、しっかりと観られる作品になっているわけだ。

【おもしれぇ理由2】アクションのリズムと呼吸

これも、じつはアクション映画のイロハだ。目新しさはないが、凡庸でもない。だから退屈しない。

アクションのアイディア出しを始め、撮影、編集と、それぞれのプロセスで、職人たちがいい仕事をしている。そんなことを感じさせる。

純粋に爽快感という生理的快楽が味わえるだけでも、この作品を見る価値があるというもの。

とくにジェイソン・ステイサムのナイフ投げシーンには、素直に拍手を送りたい。

【おもしれぇ理由3】なんといっても日本語吹き替え版

では、お約束の日本語版キャストを紹介。

  • シルベスター・スタローン → ささきいさお
  • ジェイソン・ステイサム → 山路和弘
  • ジェット・リー → 池田秀一
  • ガンナー・ヤンセン → ドルフ・ラングレン → 大塚明夫
  • チャック・ノリス → 堀勝之祐
  • ジャン=クロード・ヴァン・ダム → 山寺宏一
  • ブルース・ウィリス → 綿引勝彦
  • アーノルド・シュワルツェネッガー → 玄田哲章

いやはや、出演俳優もハリウッドスターなら、吹き替え版の声優も主役級が投入されている。っていうより、これ以外の配役は許されないといえる(ブルース・ウィリスの綿引勝彦氏はなじみがないが、前作から続投で、この作品では適役)。

またゲストの森川智之氏、栗山千明氏の好演にも注目したい。

前作も日本吹き替え版の出来栄えはよかった。本作は映画本編のクォリティもあいまって、さらに熱い仕上がりになっているのがうれしい。

『3』もあるみたいよ

パート3には、ウェズリー・スナイプス、ニコラス・ケイジ、ジャッキー・チェンが参戦するようだ。ハリソン・フォード、クリント・イーストウッドの名も挙がっている。

うん、これは期待しないほうがいいな(逆説的に)。

サラリーマンはどうやって小説執筆の時間を作る?【天使の街・創作メモ】

映画『バトルシップ』は今さら異星人侵略モノだけど観る価値アリ

関連記事

  1. 映画『キャビン』の感想を〈ネタバレ〉なしで書く

    「ここから先の展開は絶対に読めない」という予告編の挑発に乗って映画館に行こうとしたのですが、結局見逃…

  2. ebook-horror-movie

    電子書籍『このホラーは映画はなぜおもしろいのか?』リリース

    このブログの記事を中心に、ホラー映画のレビューをまとめた電子書籍を作りました。ブログのコンセプト…

  3. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を素直に楽しむための5ステップ

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』には賛否両論ある。問題は、あなたが作品を鑑賞する前に「否」の意見を目…

  4. 『フェイクドキュメンタリーの教科書』

    『フェイクドキュメンタリーの教科書』で白石晃士監督が傑作を量産で…

    〈コワすぎ!〉シリーズや『ノロイ』『オカルト』『カルト』といったホラー映画の傑作を作り続けている白石…

  5. 『パシフィック・リム』の制作陣が“わかっていらっしゃる”こと

    特撮怪獣モノやロボット・アニメに親しんだ者が『パシフィック・リム』を観ていると、ついつい「そうそう、…

  6. frankensteins-army

    『武器人間』は新旧ドラ声優の“狂演”に瞠目せよ

    予告編をドラえもんの大山のぶ代が務め、本編の日本語吹き替え版を、のび太・スネ夫・ジャイアンといった新…

  7. 『ダイ・ハード〈日本語吹替完全版〉』は頂戴した、ホォ、ホォ、ホォ…

    『ダイ・ハード<日本語吹替完全版>コレクターズ・ブルーレイBOX』を購入した。ひとつの映…

  8. 『テッド』はギャグがわからなくても楽しめるという真実

    劇場公開時、予告編を観たとき、華麗にスルーしてしまった。クマのぬいぐるみが言葉を話し、なおかつ持ち主…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろな作品を評価する〈ネタバレなし〉ブログです。

最近の記事

  1. 『ぎゃふん9』パート4
  2. 『ぎゃふん9』パート3
  3. 『ぎゃふん9』パート2
  4. 『ぎゃふん9』パート1
  5. 『ぎゃふん9』表紙
PAGE TOP