『エクスペンダブルズ2』を期待せずに見た場合のレビュー

期待せずに観たからこそ、その完成度の高さに大満足。

シルベスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、ブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツェネッガー――。ハリウッドを代表するアクションスターが集結した『エクスペンダブルズ』。評判は悪くないが、個人的には前作ははっきりいって駄作だった。ただ満足はできた。始めから期待してなかったから。

で、この続編『エクスペンダブルズ2』も「まあつまらんだろうな」と思いながら観た。でも今回はそれが吉と出た

「あれ? 今回おもしれぇじゃん」

その理由を綴っていこう。

【おもしれぇ理由1】オーソドックスかつ盤石な脚本

まずは、意外にも脚本がしっかり作り込まれているのが功を奏している。この当たり前の基本ができていなかったから、前作はつまらなかった。それが本作と比較することで見えてきた。

とくに奇をてらった展開ではないが、ハリウッドにおける脚本のセオリーどおり「三幕モノ」になっている。

物語を大きく3つに分割し、それぞれに山場を作る。こうするとクライマックスが3つできることになり、3つめのそれが映画全体のクライマックスになっている。過去のハリウッド映画の傑作はほぼこの「三幕」形式で書かれている。

その基本に忠実だからこそ、しっかりと観られる作品になっているわけだ。

【おもしれぇ理由2】アクションのリズムと呼吸

アクションのリズムと呼吸の心地よさ。これも、じつはアクション映画のイロハだ。目新しさはないが、凡庸でもない。だから退屈しない。

アクションのアイディア出しを始め、撮影、編集と、それぞれのプロセスで、ハリウッドの職人たちがいい仕事をしている。そんなことを感じさせる。

純粋に爽快感という生理的快楽が味わえるだけでも、この作品を観る価値があるというもの。

とくにジェイソン・ステイサムのナイフ投げシーンには、素直に拍手を送りたい。

【おもしれぇ理由3】なんといっても日本語吹き替え版

では、お約束の日本語版キャストを紹介。

  • シルベスター・スタローン → ささきいさお
  • ジェイソン・ステイサム → 山路和弘
  • ジェット・リー → 池田秀一
  • ガンナー・ヤンセン → ドルフ・ラングレン → 大塚明夫
  • チャック・ノリス → 堀勝之祐
  • ジャン=クロード・ヴァン・ダム → 山寺宏一
  • ブルース・ウィリス → 綿引勝彦
  • アーノルド・シュワルツェネッガー → 玄田哲章

いやはや、出演俳優もハリウッドスターなら、吹き替え版の声優も主役級が投入されている……っていうより、これ以外の配役は許されないといえる(ブルース・ウィリスの綿引勝彦氏はなじみがないが、前作から続投で、この作品では適役)。

またゲストの森川智之氏、栗山千明氏の好演にも注目したい。

前作も日本吹き替え版の出来栄えはよかった。本作は映画本編のクォリティもあいまって、さらに熱い仕上がりになっているのがうれしい。

『3』もあるみたいよ

パート3には、ウェズリー・スナイプス、ニコラス・ケイジ、ジャッキー・チェンが参戦するようだ。ハリソン・フォード、クリント・イーストウッドの名も挙がっている。

うん、これは期待しないほうがいいな(逆説的に)。

©2012 Barney’s Christmas, Inc.

サラリーマンはどうやって小説執筆の時間を作る?【天使の街・創作メモ】

映画『バトルシップ』は今さら異星人侵略モノだけど観る価値アリ

関連記事

  1. 日本のおすすめホラー映画をお探しの人へ最恐の10選

    「ホラー映画を観たいけど、どれを選べばいいかわからない」「日本のホラーが一番怖いっていうけど、どんだ…

  2. 『映画館のまわし者』で知った映写技師の意外な仕事

    サブタイトルは「ある映写技術者のつぶやき」。『まわし者』は、映写機を「操作する人」という意味と「関係…

  3. 『おおかみこどもの雨と雪』を独身・子なしの“負け犬”が観た御感想…

    なんか“家族の絆”みたいなのを描いているらしいよ。え〜、独身で子どももいない“シケ男”としては苦手だ…

  4. 黒沢清+蓮實重彦『東京から 現代アメリカ映画談義』のピンボケ感

    黒沢清と蓮實重彦の“師弟対談”で、まあこれほどの映画のプロ(いいかえれば「映画マニア」)が語っている…

  5. 『龍三と七人の子分たち』イメージ

    『龍三と七人の子分たち』は駄作の要素が満載なのに面白いのはなぜ?…

    ヤクザの元幹部がオレオレ詐欺に引っかかりそうになる。背後の組織を逆にとっちめるため、かつての仲間を呼…

  6. 『クラウド アトラス』はひとには勧めるけど自分は気にくわない

    19世紀から24世紀の500年にわたり、6つのエピソードが展開する大作。みなさまの評価はおおむね高く…

  7. 『カルト』はフェイク・ドキュメンタリーのいいとこどりをした傑作

    『カルト』は「フェイク・ドキュメンタリー(モキュメンタリー)」というやつで、「本物らしく作った偽物」…

  8. 納谷悟朗さんのボクしか知らないハマリ役を3つ選びました

    3月5日、納谷悟朗さんが亡くなりました。ご本人は「声優」と呼ばれることを嫌っておられましたが、間…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろな作品を評価する〈ネタバレなし〉ブログです。

PAGE TOP