『エクスペンダブルズ2』を期待せずに見た場合のレビュー

期待せずに観たからこそ、その完成度の高さに大満足。

シルベスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、ブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツェネッガー――。ハリウッドを代表するアクションスターが集結した『エクスペンダブルズ』。評判は悪くないが、個人的には前作ははっきりいって駄作だった。ただ満足はできた。始めから期待してなかったから。

で、この続編『エクスペンダブルズ2』も「まあつまらんだろうな」と思いながら観た。でも今回はそれが吉と出た

「あれ? 今回おもしれぇじゃん」

その理由を綴っていこう。

【おもしれぇ理由1】オーソドックスかつ盤石な脚本

まずは、意外にも脚本がしっかり作り込まれているのが功を奏している。この当たり前の基本ができていなかったから、前作はつまらなかった。それが本作と比較することで見えてきた。

とくに奇をてらった展開ではないが、ハリウッドにおける脚本のセオリーどおり「三幕モノ」になっている。

物語を大きく3つに分割し、それぞれに山場を作る。こうするとクライマックスが3つできることになり、3つめのそれが映画全体のクライマックスになっている。過去のハリウッド映画の傑作はほぼこの「三幕」形式で書かれている。

その基本に忠実だからこそ、しっかりと観られる作品になっているわけだ。

【おもしれぇ理由2】アクションのリズムと呼吸

アクションのリズムと呼吸の心地よさ。これも、じつはアクション映画のイロハだ。目新しさはないが、凡庸でもない。だから退屈しない。

アクションのアイディア出しを始め、撮影、編集と、それぞれのプロセスで、ハリウッドの職人たちがいい仕事をしている。そんなことを感じさせる。

純粋に爽快感という生理的快楽が味わえるだけでも、この作品を観る価値があるというもの。

とくにジェイソン・ステイサムのナイフ投げシーンには、素直に拍手を送りたい。

【おもしれぇ理由3】なんといっても日本語吹き替え版

では、お約束の日本語版キャストを紹介。

  • シルベスター・スタローン → ささきいさお
  • ジェイソン・ステイサム → 山路和弘
  • ジェット・リー → 池田秀一
  • ガンナー・ヤンセン → ドルフ・ラングレン → 大塚明夫
  • チャック・ノリス → 堀勝之祐
  • ジャン=クロード・ヴァン・ダム → 山寺宏一
  • ブルース・ウィリス → 綿引勝彦
  • アーノルド・シュワルツェネッガー → 玄田哲章

いやはや、出演俳優もハリウッドスターなら、吹き替え版の声優も主役級が投入されている……っていうより、これ以外の配役は許されないといえる(ブルース・ウィリスの綿引勝彦氏はなじみがないが、前作から続投で、この作品では適役)。

またゲストの森川智之氏、栗山千明氏の好演にも注目したい。

前作も日本吹き替え版の出来栄えはよかった。本作は映画本編のクォリティもあいまって、さらに熱い仕上がりになっているのがうれしい。

『3』もあるみたいよ

パート3には、ウェズリー・スナイプス、ニコラス・ケイジ、ジャッキー・チェンが参戦するようだ。ハリソン・フォード、クリント・イーストウッドの名も挙がっている。

うん、これは期待しないほうがいいな(逆説的に)。

©2012 Barney’s Christmas, Inc.

サラリーマンはどうやって小説執筆の時間を作る?【天使の街・創作メモ】

映画『バトルシップ』は今さら異星人侵略モノだけど観る価値アリ

関連記事

  1. 『貞子3D』を2D環境でなんとか楽しむための3つ…

    お急ぎの方はスルーでOK[1]ここは作品レビューのブログである[2]「貞…

  2. 『コマンドー〈日本語吹替完全版〉コレクターズボッ…

    Blu-ray『コマンドー〈日本語吹替完全版〉コレクターズボックス』を買った…

  3. 『ワールド・ウォー Z』のほかのゾンビ映画にない…

    ゾンビものです。それも絵に描いたような。当然、今さら感があるわけですが、実際…

  4. 『Zアイランド』

    品川ヒロシの『Zアイランド』にホラーマニアが驚い…

    品川祐といえば、「おしゃべりクソ野郎」(©有吉弘行)という言葉に象徴されるよ…

  5. 『超コワすぎ!』

    〈戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!〉もはや誰がバケ…

    フェイク・ドキュメンタリーの傑作〈コワすぎ!〉シリーズが、〈超コワすぎ!〉と…

  6. 『ダイ・ハード〈日本語吹替完全版〉』は頂戴した、…

    『ダイ・ハード<日本語吹替完全版>コレクターズ・ブルーレイBOX…

  7. 『映画館のまわし者』で知った映写技師の意外な仕事…

    サブタイトルは「ある映写技術者のつぶやき」。『まわし者』は、映写機を「操作す…

  8. 『サイレントヒル:リベレーション』は原作のファン…

    原作ゲームである〈サイレントヒル〉シリーズは、〈バイオハザード〉のパクリ、二…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

『天使の街』ミュージックビデオ

おすすめの記事

  1. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』アイキャッチ
  2. 『バイオハザード7』
PAGE TOP