やばい!『アーティストのためのハンドブック』が読めない!

副題は「制作につきまとう不安との付き合い方」。今、私はガールズ・ラブ&心霊学園ホラーの小説を書いています。ですから、こういうのを読んで勉強しようと思ったのです。

想像力は邪魔をする。
作品を制作するふりはできない。
才能は必ずしも必要ない。
日常の問題はアーティストを振り回す。
競争は自分の中にある。

もくじを見ておもしろそうだと思い、手にとったわけですが……。

なぜか内容が頭に入ってこない!

「これはこの本が悪い!」と放り出すこともできたでしょう。少し前の私ならそうしていたかも。

だが、待てよ。これは自分自身に原因があるのでは? つまり、自分は自称・小説家であって、ほんとうのアーティストではないから、この本に書かれている内容を自分の問題として捉えられないのでは? (もちろん、翻訳の問題でもないでしょう)。

つまり、自分はアーティストではない。いや、ほんとは「自称」ですらない。戦慄です。

ですから、この本を正当に評価することは私にはできません(「じゃあ、ブログで取り上げるなよ」という批判は甘んじて受けます)。

ただ、ひとつだけ目からウロコの記述もありました。

アート作品は、ごく普通の人によってつくられています。長所しかないような人間が自ら作品を制作するとは想像できません。聖母マリアが風景画を描くとは思えませんし、またバットマンが陶芸をするとも思えません。

日々、自分の作品と格闘し、ほんとうに悩んでいる人ならば、突破口を見つけられるかも──と想像することで終えるしかありませんでした。

  • コメント: 0

『ゲームの父・横井軍平伝』で遊びの原点を思い出そう

SCANDAL『STANDARD』はやっぱカッケーよな?

関連記事

  1. もし野球にも経営学にも興味のない男が『もしドラ』…

    『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(…

  2. 酒井順子『着ればわかる!』でなにがわかる!?

    酒井順子さんはぼくの好きな書き手のひとりなので、その名を見かけたら、つい手に…

  3. 【敵情視察】狗界ゴウ『緑眼魔女の事件簿 テロリズ…

    近未来の中国を舞台に、国連治安維持局の特殊捜査官が特殊能力を駆使し奮闘する─…

  4. 江上剛『亡国前夜』は国を憂う貴方・貴女の必読の本…

    不況下の日本で、若者による通り魔事件が頻発。やがて犯行は財界人テロへと激化す…

  5. 伊藤計劃『虐殺器官』がSFでも戦争モノでもなかっ…

    大量虐殺を誘発するという謎の“器官”。その鍵を握る人物を追って、アメリカ軍大…

  6. 藤井太洋『Gene Mapper -full b…

    セルフ・パブリッシングの電子書籍である藤井太洋『Gene Mapper -c…

  7. 鈴木輝一郎『新・何がなんでも作家になりたい!』の…

    セルフ・パブリッシングで小説を書いている者として、勉強のために『新・何がなん…

  8. 『ゲームの父・横井軍平伝』で遊びの原点を思い出そ…

    横井軍平。功績の大きさに関わらず、その名はほとんど知られていません。ですが、…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。

フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 『無責任姉妹』
PAGE TOP