やばい!『アーティストのためのハンドブック』が読めない!

自分は自称・小説家であって、ほんとうのアーティストではないから?

副題は「制作につきまとう不安との付き合い方」。今、私はガールズ・ラブ&心霊学園ホラーの小説を書いています。ですから、こういうのを読んで勉強しようと思ったのです。

想像力は邪魔をする。
作品を制作するふりはできない。
才能は必ずしも必要ない。
日常の問題はアーティストを振り回す。
競争は自分の中にある。

もくじを見ておもしろそうだと思い、手にとったわけですが……。

なぜか内容が頭に入ってこない!

「これはこの本が悪い!」と放り出すこともできたでしょう。少し前の私ならそうしていたかも。

だが、待てよ。これは自分自身に原因があるのでは? つまり、自分は自称・小説家であって、ほんとうのアーティストではないから、この本に書かれている内容を自分の問題として捉えられないのでは? (もちろん、翻訳の問題でもないでしょう)。

つまり、自分はアーティストではない。いや、ほんとは「自称」ですらない。戦慄です。

ですから、この本を正当に評価することは私にはできません(「じゃあ、ブログで取り上げるなよ」という批判は甘んじて受けます)。

ただ、ひとつだけ目からウロコの記述もありました。

アート作品は、ごく普通の人によってつくられています。長所しかないような人間が自ら作品を制作するとは想像できません。聖母マリアが風景画を描くとは思えませんし、またバットマンが陶芸をするとも思えません。

日々、自分の作品と格闘し、ほんとうに悩んでいる人ならば、突破口を見つけられるかも──と想像することで終えるしかありませんでした。

『ゲームの父・横井軍平伝』で遊びの原点を思い出そう

SCANDAL『STANDARD』はやっぱカッケーよな?

関連記事

  1. 『映画館のまわし者』で知った映写技師の意外な仕事…

    サブタイトルは「ある映写技術者のつぶやき」。『まわし者』は、映写機を「操作す…

  2. 畑村洋太郎『回復力 失敗からの復活』を読んで生き…

    〈失敗学〉の第一人者・畑村洋太郎先生による「失敗したあと復活する」ための本で…

  3. 大橋巨泉『「第二の人生」これが正解!』はほんとに…

    大橋巨泉さんは、1990年に「セミリタリア宣言」をし、今は一線から身を引いて…

  4. 『ゲーム・レジスタンス』表紙

    『ゲーム・レジスタンス』で想い出す原田さんとのた…

    『ユーズド・ゲームズ』『ゲーム批評』『CONTINUE』『ゲームサイド』とい…

  5. 『ジョジョ』第4部の名言

    仕事で成果が上がる! 『ジョジョ(第4部)』の名…

    この春、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』(第4部)のアニメ…

  6. ブログの記事をまとめた本『ぎゃふん5』の電子書籍…

    あけましておめでとうございます。この「ぎゃふん工房の作品レビュー」も今日で1…

  7. 『トネガワ』

    『中間管理録トネガワ』の圧倒的レビューっ……!

    『中間管理録トネガワ』は、福本伸行の代表作である『カイジ』シリーズのスピンオ…

  8. 『銀幕の声』

    【敵情視察】水瀬ハルキ『銀幕の声』から正しい娯楽…

    映画を観ていると、スクリーンの端に少女の姿が映る。映画の筋には関係がなく、…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP