『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のトムの走り方がヘンって感想

『ミッション:インポッシブル』もシリーズ4作目となるが、今なお高いクォリティを保ち続けているのは素晴らしい。本作も文句なく他人にオススメできる。

そしてなによりも──。

トム・クルーズの走り方が印象に残る映画であった。しかもそれこそがこの作品のキモであったのだ。

[トム1]三幕形式のわかりやすい物語展開

バカのひとつ覚えで恐縮だが、この作品の脚本も、例によって「三幕形式」になっている。

物語を大きく3つに分割し、それぞれに山場を作る。こうするとクライマックスが3つできることになり、3つめのそれが映画全体のクライマックスになっている。過去のハリウッド映画の傑作はほぼこの「三幕」形式で書かれている。

主人公のイーサン・ハントは「世界を股にかける男」なので、さまざまな国でミッションをこなす。つまり、国が変われば「幕」が変わったということで、物語展開がじつに把握しやすい。

ふつうは気づく必要のない要素ではあるが、物語に入り込むためには大切なポイントだ。

[トム2]びっくりどっきりメカ

「わくわくするようなスパイグッズ」といえば、どちらかというと「007」シリーズの専売特許の気もするが、この作品に登場する道具の数々に胸が躍らずにはいられない。

とくに高層ビルの窓に張りつく手袋は、「ちょっと調子が悪い」ので「もしかすると落っこっちゃうかも」という微妙な設定もあいまって、スリル満点だ。

[トム3]そしてトムの走り

何よりも主役のイーサンの走るシーンが妙に印象に残る。

これまでのシリーズでも走っているシーンはあった気もするが、そんな感想は抱かなかった。

つまり、この作品で注目すべきは、俳優が醸し出す存在感・肉体感である。

上で述べた「メカのわくわく感」とは、それを使っている主人公と観客との一体感によって生み出されている。

「トムの走り方がヘン」というのは、ターゲットを追いかけるシーンで、カメラが主人公に肉薄しているからこそ覚える感覚なのだ。

CGが多用されている映画だけれども、それよりもやはり役者の演技や存在感こそが心に届く。そういうことなのではないか。

絵に描いたようなハリウッド映画です

よい意味で絵に描いたようなハリウッド映画で間口が広い。観る人を選ばず、老若男女が楽しめる傑作だ。

ぜひ一度ご覧いただきたい。

藤井太洋『Gene Mapper -full build-』でわかる電子書籍と紙の本の違い

剛力彩芽の歌「友達より大事な人」を真面目にレビューしてみる

関連記事

  1. 黒沢清+蓮實重彦『東京から 現代アメリカ映画談義…

    黒沢清と蓮實重彦の“師弟対談”で、まあこれほどの映画のプロ(いいかえれば「映…

  2. 『超コワすぎ!』

    〈戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!〉もはや誰がバケ…

    フェイク・ドキュメンタリーの傑作〈コワすぎ!〉シリーズが、〈超コワすぎ!〉と…

  3. 映画『キャビン』の感想を〈ネタバレ〉なしで書く

    「ここから先の展開は絶対に読めない」という予告編の挑発に乗って映画館に行こう…

  4. 『貞子3D』を2D環境でなんとか楽しむための3つ…

    お急ぎの方はスルーでOK[1]ここは作品レビューのブログである[2]「貞…

  5. 『遊星からの物体X ファーストコンタクト』はじわ…

    ジョン・カーペンター版『遊星からの物体X』は、幼いころに観て、その恐ろしさに…

  6. 『龍三と七人の子分たち』イメージ

    『龍三と七人の子分たち』は駄作の要素が満載なのに…

    ヤクザの元幹部がオレオレ詐欺に引っかかりそうになる。背後の組織を逆にとっちめ…

  7. 『劇場版 零』スチール

    射影機が登場しない『劇場版 零~ゼロ~』なんて『…

    原作ゲームの『零』シリーズは、好きなホラーゲームのうちのひとつだ。その映画化…

  8. 『オブリビオン』は雰囲気を愉しむ映画でした

    この『オブリビオン』という映画をどのように楽しむべきか? という問いに答える…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。

フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 『ぎゃふん7』イメージ
  2. 鈴木敏夫展
  3. 『ぎゃふん9』パート4
PAGE TOP