飯野賢治氏に哀悼の意を表し『Dの食卓2』のレビューを再録する

セガユーザーにはゆかりの人物。

ゲームクリエイター・飯野賢治氏が急逝した。42歳だった。あまりに早すぎる死──。

飯野氏は、『エネミーゼロ』『Dの食卓2』『風のリグレット』と、セガユーザーにはゆかりの人物だ。個人的には最近の作品を目にすることはなかったが、だからこそ驚きを隠せない。

今回は飯野氏に哀悼の意を込めて、過去に書いた『Dの食卓2』のレビューを再掲載する。

飯野氏の独創性がやっと報われた佳作

本作の監督である飯野賢治氏は、独創的というか、奇をてらったゲームを作ることがお好きのようだ。もちろん、これは物を作り出そうとしている人間としては誇るべき姿勢だ。ただ飯野氏の場合『エネミーゼロ』など、独創性が前面に出てしまって、ゲームとしては結構イイ線いっているのに、いまひとつ傑作にならないのが惜しいところだ。でも、この作品は、まあ粗削りのところもあるけれど、強引に力技で引っ張ることで、ギリギリ佳作と言えるものになった。実写が挿入されるなど、メタフィクションの意味をもたせたところもいい。
『ぎゃふん』創刊号 2001年)

謹んでご冥福をお祈りいたします。

クリエイターの仕事術はサラリーマンも使えるかもしれない

鈴木亜美『Snow Ring』のニワカだけどニワカじゃないレビュー

関連記事

  1. 『ひぐらしブレイクアウト!』

    『ひぐらしブレイクアウト!』は〈ひぐらし〉を知ら…

    『ひぐらしブレイクアウト!』は、同人ゲーム『ひぐらしのなく頃に奉』のイメージ…

  2. 『劇場版 零』スチール

    射影機が登場しない『劇場版 零~ゼロ~』なんて『…

    原作ゲームの『零』シリーズは、好きなホラーゲームのうちのひとつだ。その映画…

  3. われらが宿願『バイオハザード6』日本語版でおもし…

    『バイオハザード6』の日本語版パックが8月8日に配信を開始した。これは非常…

  4. ゲーム実況姉妹がカフェを開いちゃった理由【インタ…

    鼻び炎えん姉し妹まいの姉Chieさんと妹Tomomiさんは、ニコニコ動画で…

  5. 『バイオショック インフィニット』1時間だけプレ…

    ふだんはいちおうひととおりクリアしてからゲームをレビューするが、取り急ぎ、1…

  6. 【バイオハザード RE:3】ジル(プロ)とレオン…

    『バイオハザード RE:3』と前作『バイオハザード RE:2』は、なにがち…

  7. サイコブレイク

    なぜか評価が分かれた『サイコブレイク』を買おうか…

    『サイコブレイク』は、『バイオハザード』の生みの親である三上真司氏の監督作…

  8. 『バイオハザード7』

    『バイオハザード7 レジデント イービル』は“原…

    『バイオハザード7レジデント イービル』は、ホラーゲームの代名…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP