飯野賢治氏に哀悼の意を表し『Dの食卓2』のレビューを再録する

ゲームクリエイター・飯野賢治氏が急逝した。42歳だった。あまりに早すぎる死──。

飯野氏は、『エネミーゼロ』『Dの食卓2』『風のリグレット』と、セガユーザーにはゆかりの人物だ。個人的には最近の作品を目にすることはなかったが、だからこそ驚きを隠せない。

今回は飯野氏に哀悼の意を込めて、過去に書いた『Dの食卓2』のレビューを再掲載する。

飯野氏の独創性がやっと報われた佳作

本作の監督である飯野賢治氏は、独創的というか、奇をてらったゲームを作ることがお好きのようだ。もちろん、これは物を作り出そうとしている人間としては誇るべき姿勢だ。ただ飯野氏の場合『エネミーゼロ』など、独創性が前面に出てしまって、ゲームとしては結構イイ線いっているのに、いまひとつ傑作にならないのが惜しいところだ。でも、この作品は、まあ粗削りのところもあるけれど、強引に力技で引っ張ることで、ギリギリ佳作と言えるものになった。実写が挿入されるなど、メタフィクションの意味をもたせたところもいい。
(『ぎゃふん』創刊号 2001年)

謹んでご冥福をお祈りいたします。

クリエイターの仕事術はサラリーマンも使えるかもしれない

鈴木亜美『Snow Ring』のニワカだけどニワカじゃないレビュー

関連記事

  1. 『バイオハザードRE2』

    『バイオハザード RE:2』レビュー:アンブレラ…

    〈ラクーンシティ〉を訪れるのは、この『バイオハザード RE:2』で4度目にな…

  2. 『サイレントヒル:リベレーション』は原作のファン…

    原作ゲームである〈サイレントヒル〉シリーズは、〈バイオハザード〉のパクリ、二…

  3. 『シェンムーⅢ』のプレイ中に感じた“…

    『シェンムーⅢ』は、前作より18年の時を経て発売。往年のセガ・ハード〈ドリ…

  4. 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』

    『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』はゲーマ…

    けなす人がひとりもいない──といっても過言ではない『アンチャーテッド』シリー…

  5. 『劇場版 零』スチール

    射影機が登場しない『劇場版 零~ゼロ~』なんて『…

    原作ゲームの『零』シリーズは、好きなホラーゲームのうちのひとつだ。その映画化…

  6. われらが宿願『バイオハザード6』日本語版でおもし…

    『バイオハザード6』の日本語版パックが8月8日に配信を開始した。これは非常に…

  7. サイコブレイク

    なぜか評価が分かれた『サイコブレイク』を買おうか…

    『サイコブレイク』は、『バイオハザード』の生みの親である三上真司氏の監督作品…

  8. 『サイコブレイク2』

    『サイコブレイク2』は“ゲームの下手な人”がプレ…

    評価が真っ二つに分かれたホラーゲーム『サイコブレイク』。『サイコブレイク2』…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

PAGE TOP