飯野賢治氏に哀悼の意を表し『Dの食卓2』のレビューを再録する

ゲーム

ゲームクリエイター・飯野賢治氏が急逝した。42歳だった。あまりに早すぎる死──。

飯野氏は、『エネミーゼロ』『Dの食卓2』『風のリグレット』と、セガユーザーにはゆかりの人物だ。個人的には最近の作品を目にすることはなかったが、だからこそ驚きを隠せない。

今回は飯野氏に哀悼の意を込めて、過去に書いた『Dの食卓2』のレビューを再掲載する。

飯野氏の独創性がやっと報われた佳作

本作の監督である飯野賢治氏は、独創的というか、奇をてらったゲームを作ることがお好きのようだ。もちろん、これは物を作り出そうとしている人間としては誇るべき姿勢だ。ただ飯野氏の場合『エネミーゼロ』など、独創性が前面に出てしまって、ゲームとしては結構イイ線いっているのに、いまひとつ傑作にならないのが惜しいところだ。でも、この作品は、まあ粗削りのところもあるけれど、強引に力技で引っ張ることで、ギリギリ佳作と言えるものになった。実写が挿入されるなど、メタフィクションの意味をもたせたところもいい。
『ぎゃふん』創刊号 2001年)

謹んでご冥福をお祈りいたします。

ぎゃふん工房(米田政行)

ぎゃふん工房(米田政行)

フリーランスのライター・編集者。インタビューや取材を中心とした記事の執筆や書籍制作を手がけており、映画監督・ミュージシャン・声優・アイドル・アナウンサーなど、さまざまな分野の〈人〉へインタビュー経験を持つ。ゲーム・アニメ・映画・音楽など、いろいろ食い散らかしているレビュアー。中学生のころから、作品のレビューに励む。人生で最初につくったのはゲームの評論本。〈夜見野レイ〉〈赤根夕樹〉のペンネームでも活動。収益を目的とせず、趣味の活動を行なう際に〈ぎゃふん工房〉の名前を付けている。

関連記事

オススメ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房(米田政行)

ぎゃふん工房(米田政行)

〈ぎゃふん工房〉はフリーランス ライター・米田政行のユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。このサイトでは、さまざまなジャンルの作品をレビューしていきます。

好評シリーズ

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. [〈社会契約論〉に対抗する死刑否定論]〈死〉がわからないから死刑を科せない

  2. [死刑否定論者が構築する死刑肯定論]自分が裁くなら死刑は正しい

  3. 神田神保町〈猫の本棚〉で ぎゃふん工房のZINEを販売!

  4. 「世界を革命する力を!」という言葉はこれからの人生のキャッチフレーズだ

  5. 私たちはいつのまにかまちがった考えかたを身につけていた

  6. 関連サイト

    〈心霊ビデオ〉をぎゃふん工房が独自の視点で検証・考察!

  7. 〈考える〉ことで新しい価値を見出せば自分の人生を救済する

  8. 『天使の街』10周年! サイトリニューアル&新作制作開始

  9. 哲学者・池田晶子先生から「人生を考えるヒント」をいただく

  10. 僕のつくるZINEがAIに乗っとられた日

  11. 『進撃の巨人』の〈世界感〉ではなく〈世界観〉を僕たちの共有財産に

  12. 関連サイト

    リトルマガジン(ZINE)『Gyahun(ぎゃふん)』好評発売中!

  1. アニメとは一味ちがう映像体験★アニソンのミュージックビデオ・セレクション

  2. 哲学者・池田晶子先生から「人生を考えるヒント」をいただく

  3. 『進撃の巨人』の〈世界感〉ではなく〈世界観〉を僕たちの共有財産に

  4. 関連サイト

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー小説『天使の街』シリーズをぎゃふん工房がプロデュース!

  5. 『The Last of Us Part II』は前作以上の傑作だからプレイしたくない

  6. 僕のつくるZINEがAIに乗っとられた日

  1. ゾンビ映画の初心者に贈る! いますぐ観たくなる名作10+α選[保存版]

  2. 日本のおすすめホラー映画をお探しのあなたへ最恐の15作[2019年改訂版]

  3. まるで短編映画!何度も観たくなるオススメのミュージックビデオ32選

  4. 関連サイト

    人生を彩るオススメの〈アニソン〉をぎゃふん工房がレビュー!

  5. 会社に行きたくないときに効く!『ジョジョ(第3部)』の名言10選

  6. おすすめ5大ホラーゲームシリーズの最後のひとつが決まらない

TOP