電子書籍『このホラーは映画はなぜおもしろいのか?』リリース

このブログの記事を中心に、ホラー映画のレビューをまとめた電子書籍を作りました。

ブログのコンセプトと同様〈ネタバレなし〉なので、作品の鑑賞前にもお楽しみいただけます。

サンプルは下記からご覧ください。

このホラー映画はなぜおもしろいのか?

ブログで公開している記事をまとめたものなので、無料でもよかったのですが、大幅にリライトをしているほか、一般に公開していないものも含まれているので、100円という価格をつけさせていただきました。

お手元のスマートフォンやタブレットなどでも読めます。ぜひ一度ご覧ください。

『このホラーは映画はなぜおもしろいのか?』オフィシャル・サイト

『遊星からの物体X ファーストコンタクト』はじわじわこない

ぎゃふん6のイメージ【ずっと無料】ブログをまとめた電子書籍『ぎゃふん6 小説家の仕事術』リリース

関連記事

  1. 『トネガワ』

    『中間管理録トネガワ』の圧倒的レビューっ……!

    『中間管理録トネガワ』は、福本伸行の代表作である『カイジ』シリーズのスピンオ…

  2. 『アウトレイジ ビヨンド』を名作にした前作とのた…

    『アウトレイジ ビヨンド』は、やっていることは前作とほとんど同じ。しかし、た…

  3. 横山秀夫『64(ロクヨン)』は“横山作品にハズレ…

    昭和64年に起きた誘拐殺人事件を巡る警察内部の抗争を描く、横山秀夫『64(ロ…

  4. 『ぎゃふん8』リリース

    【ダウンロード自由!】ブログの記事をまとめた本『…

    あけましておめでとうございます。今年もこの季節がやってきました。そう。こ…

  5. バケモノ退治は〈でもんず〉におまかせ!【天使の街…

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街』の世界観を解説していくシリーズ。前…

  6. 『テッド』はギャグがわからなくても楽しめるという…

    劇場公開時、予告編を観たとき、華麗にスルーしてしまった。クマのぬいぐるみが言…

  7. 伊藤計劃『虐殺器官』がSFでも戦争モノでもなかっ…

    大量虐殺を誘発するという謎の“器官”。その鍵を握る人物を追って、アメリカ軍大…

  8. 黒沢清+蓮實重彦『東京から 現代アメリカ映画談義…

    黒沢清と蓮實重彦の“師弟対談”で、まあこれほどの映画のプロ(いいかえれば「映…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 『ぎゃふん9』パート3
  2. シドニアの騎士
  3. 自分の読者は1万人にひとり
PAGE TOP