品川ヒロシの『Zアイランド』にホラーマニアが驚いた

これはオススメゾンビ映画のリストに加えることを真剣に検討せねばならない傑作

品川祐といえば、「おしゃべりクソ野郎」(©有吉弘行)という言葉に象徴されるように、バラエティ番組で自分をむりやり前へ前へ押し出そうとするタイプの芸人だ。

Zアイランド』は、そんな品川祐が「映画監督・品川ヒロシ」としてメガホンをとった作品。

過去の作品には食指が動かなかったが、本作はゾンビ映画だ。当ブログはホラー好きだし、ゾンビモノには一家言持っている。

だから、 ゾンビをダシにして「映画監督である品川」「アーティストである自分」を前面に出すような映画だったらタダじゃおかないぞ!と息巻いて鑑賞を始めたのだが……。

なんということだ!

傑作

これはオススメゾンビ映画のリストに加えることを真剣に検討せねばならない傑作。まさに予想とは180度ちがう出来栄えだった。

そんな本作の魅力を探っていこう。

素材の持ち味を最大限引き出した

本作の魅力を分析するのに参考になる資料がある。まずは下の映像をご覧いただこう。

これは、当ブログの音楽人生を変えたガールズ・バンドSCANDALのミュージックビデオだ。何を隠そう、品川ヒロシが監督したものなのだ。

SCANDALのほかのビデオとくらべて突出した個性があるわけではない。卒なくこなしているという印象だ。

しかし、彼女たちのパフォーマンスの躍動感を的確にとらえているし、カメラワークや編集の呼吸感が楽曲の魅力を引き立ている。つまり、ミュージックビデオとしては手堅い作りと言える。

ここでは、バラエティ番組のように「品川」を前面に出すことはしていない。言われなければ、品川が監督していることにも気づかないであろう。

「そんなの当たり前じゃないか。あくまでSCANDALのビデオなんだから」。そうお思いのかたもいよう。ところが、これが意外に「当たり前」じゃないのである。

もうひとつ、参考映像をご覧いただこう。

あえて説明は不要かと思うが、紀里谷和明が監督した宇多田ヒカルのミュージックビデオだ。

上のSCANDALのビデオと観くらべてみて、どうだろう? 品川とは異なり「紀里谷和明」が前面に出ていないだろうか? (そもそも宇多田ヒカルより先に紀里谷和明のクレジットが表示される)。

いちおう断っておけば、作品として悪いと言いたいわけじゃない。表現はなんでもありだから、こんなミュージックビデオがあってもよかろう。当ブログも映像作品としては評価する。

ここで問題なのは、監督がミュージックビデオの主役より前へ出ようとするそのセンスが何をもたらすかだ。

ご存知のとおり、紀里谷監督は劇場用映画『CASSHERN』を撮っている。その仕上がりは無残なものだった。すべてを監督のせいにするのは酷とはいえ、裏方ではなく表舞台に立ってスポットライトを浴びようとする紀里谷の感性に、いくばくかの原因を求めることはできないか。

『Zアイランド』は『CASSHERN』とはまるでちがう。監督・品川ヒロシは表にまったく出てこない。ほんとうにあくまでも裏方に徹している。紀里谷監督とくらべることで、品川の卓越性がよくわかる。

ゾンビ映画の基本をしっかりおさえた

『Zアイランド』

ゾンビ映画はとにもかくにも「怖い」ことが重要だ。ゾンビものにはコメディタッチの作品も多いが、当ブログは好まない。やはりホラーとして恐怖度の高い作品を評価したい。

『Zアイランド』では、ウィルスか何かで人々がバケモノと化し、ゾンビに襲われた者もまたゾンビになる。まさに絵に描いたようなゾンビ。品川はバカ正直に基本に忠実なバケモノを造形している。そこに特異な設定は加えていない。

じわじわと死人に……いや〈死〉に追い詰められる恐怖。基本に忠実だからこそ、本作から感じる恐怖もまた本格的なものになっている

“混ぜちゃいけない洗剤”感を出した

『Zアイランド』

本作の縦軸を〈ゾンビ〉とすれば、横軸は〈ヤクザ〉だ。

〈ゾンビ〉の部分をオーソドックスにしているぶん、品川は〈ヤクザ〉のほうで遊んでいる

哀川翔、鶴見辰吾といったヤクザ俳優を中心に据え、木村祐一、千鳥の大悟、野性爆弾の川島など、品川と同じよしもと芸人を脇に配置。この脇役たちがじつによく働いている

彼らがバラエティ番組で見せる破天荒なふるまいを、そのまま〈ゾンビ〉映画に持ち込むことで、妙な相乗効果を上げている。映画にコミカルな成分をまぶしつつ、物語としてのダイナミズムもプラスする。まさに、塩素系漂白剤と酸性の洗剤を混ぜることで発生する“毒ガス”が映画に躍動感を与えているのだ。

ドラマに一本の芯を通した

『Zアイランド』

とはいっても、洗剤を混ぜるだけでは映画はハチャメチャになるだけだ。“毒ガス”は時間とともに拡散してしまう。

そこで品川は物語に1本の芯を通した。エピソードという“団子”がバラバラにならぬよう串を刺した。

刑務所暮らしで離れて暮らしていた娘に、父親である元ヤクザが会いに行く。これが物語の主軸となる。ベタではあるが、地に足のついた話を展開することで、映画のたたずまいがビシッと締まるものになった

本作の脚本は品川によるものだが、演出だけでなくストーリーテラーとしての実力も持ち合わせているようだ。

このような本格派・正統派のゾンビ映画を作れる監督がいるなら、日本映画の未来はけっして暗くはない。

 icon-arrow-down こちらの記事もぜひご覧ください。

©2015「Zアイランド」製作委員会

下流老人あなたも私も『下流老人』になる

『ZARD MUSIC VIDEO COLLECTION』『ZARD MUSIC VIDEO COLLECTION』はこの世とあの世を結ぶ何か

関連記事

  1. コワすぎ!

    『戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 最終章』に裏切ら…

    前作『史上最恐の劇場版』で異界に取り込まれたディレクター・工藤とアシスタント…

  2. 『アウトレイジ ビヨンド』を名作にした前作とのた…

    『アウトレイジ ビヨンド』は、やっていることは前作とほとんど同じ。しかし、た…

  3. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を本気で解明する…

    『エヴァ』の謎解きとは、すなわち設定や世界観を確認することだ。言うまでもな…

  4. シド・ミード展

    〈シド・ミード展〉は誰でも未来を創造するヒントを…

    世界的に著名なインダストリアル・デザイナーで、日本でも映画『ブレードランナー…

  5. 『カルト』はフェイク・ドキュメンタリーのいいとこ…

    『カルト』は「フェイク・ドキュメンタリー(モキュメンタリー)」というやつで、…

  6. 『龍三と七人の子分たち』イメージ

    『龍三と七人の子分たち』は駄作の要素が満載なのに…

    ヤクザの元幹部がオレオレ詐欺に引っかかりそうになる。背後の組織を逆にとっちめ…

  7. 黒沢清+蓮實重彦『東京から 現代アメリカ映画談義…

    黒沢清と蓮實重彦の“師弟対談”で、まあこれほどの映画のプロ(いいかえれば「映…

  8. 『映画館のまわし者』で知った映写技師の意外な仕事…

    サブタイトルは「ある映写技術者のつぶやき」。『まわし者』は、映写機を「操作す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP