『貞子3D』を2D環境でなんとか楽しむための3つのポイント

お急ぎの方はスルーでOK

[1]ここは作品レビューのブログである[2]「貞子」というジャパニーズ・ホラーの重要キャラクターが登場する──といった理由で、期待せずに鑑賞してみた。案の定だ。苦しい。さすがの当ブログでも、これはかばいきれない。

──といったことを何日か前にも書いた気がする。デジャブだろうか。

そもそもこの映画は3D環境で鑑賞することを前提としている。だから、2Dで見ること自体が愚の骨頂ともいえる。たとえるなら、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの「スパイダーマン・ザ・ライド」を映像だけで楽しむようなものだ。

3D環境がない場合は、2Dで観るしかない。

そこで、この作品を立体映像なしで鑑賞する場合のポイントを3つほど挙げてみよう。

[1]石原さとみを愛でる

この映画は『リング』の続編ではない。主演・石原さとみのプロモーションビデオだと思えばいい。いや、石原さとみの魅力だけに注目させるために、あえて物語をつまらなくしているのではないか。そんな邪推すら可能なのだ。

石原さとみ演じる高校教師は、ある“闇”を背負っている。この部分はおもしろい。ただ、その魅力を制作者が自覚しておらず、脚本で消化されていないのは問題がある。

だから、石原さとみの“演技”というよりは、彼女の容姿や表情に着目することが、観賞のポイントとなる。

[2]貞子の造形に驚く

「貞子」といえば「長い黒髪に白い着物」だ。本作もその法則から外れていない。けれども、大胆かつ無謀なメタモルフォーゼが施されている。

これを是とするかどうかは意見が分かれるだろう。個人的には「あり」だ。

ただ、せっかくの素材を活用しきれていない。つくづく惜しまれる。

[3]JK(女子高生)の出る学園モノとして観る

これは別に“いやらしい”意味ではない。

誰もが一生のうちで学園生活を送れるのはわずかな期間だ。学校を卒業して何年か経てば、当時の雰囲気は忘れてしまう。

だから、自分が若かりし頃のことを思い出すために、学園モノというのは、ノスタルジックな想いに浸りながら観賞したくなる。

とはいえ、主人公は高校教師だから、もっと学校のシーンが出てきてもよさそうなのに、満足できるほど描写は多くない。これもじつにもったいない。

もう貞子映画の傑作は作れない?

冒頭で述べたように、「貞子」といえばジャパニーズ・ホラーの代名詞になっている。それは『リング』という傑作があるからだ。でも、まともな作品はその『リング』しかないのも事実だ。

『リング』と同じ監督・脚本家による『リング2』は見事に失敗している。『らせん』も成功とは言い難い。『リング0』は駄作ではないが、手放しで歓迎できるほどではない。

このように、「貞子」を登場させて傑作を作るのは至難の業なのだ。だから、本作にも情状酌量の余地はある。

「3Dの劇場で観たらどうだったか」というのは想像するしかない。立体で観てもたいしたことなかったのではないかと思われる。

個人的には待っている。いつか『リング』を超える貞子映画に出会える日を。

映画『バイオハザードV』がなぜか傑作に思えてくる3つの着眼点

ガールズバンドSCANDALの今まで気づかなかった3つの魅力

関連記事

  1. 戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版

    〈戦慄怪奇ファイル コワすぎ!〉は白石監督がコワ…

    怪奇現象のドキュメンタリーを制作しているスタッフのもとへ、不可思議な映像が記…

  2. テレビ朝日版『ダイ・ハード』を越える洋画の吹き替…

    「洋画の吹き替え版のベストを選ぶとしたら?」と聞かれたら、迷うことなく「テレ…

  3. エイリアン アイソレーション

    『エイリアン アイソレーション』の〈エイリアン〉…

    『エイリアン アイソレーション』は、その名のとおり、かの有名な凶悪異星人〈エ…

  4. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を素直に楽しむた…

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』には賛否両論ある。問題は、あなたが作品を鑑賞…

  5. 日本のホラー

    日本のおすすめホラー映画をお探しのあなたへ最恐の…

    ホラー好きを自称するならば、日本のホラー映画は観ておきたい。「思いっきり怖い…

  6. 映画『バトルシップ』は今さら異星人侵略モノだけど…

    地球に侵略してくる(正確には侵略しようとしている)エイリアンたちと戦う話。そ…

  7. ebook-horror-movie

    電子書籍『このホラーは映画はなぜおもしろいのか?…

    このブログの記事を中心に、ホラー映画のレビューをまとめた電子書籍を作りました…

  8. 『映画館のまわし者』で知った映写技師の意外な仕事…

    サブタイトルは「ある映写技術者のつぶやき」。『まわし者』は、映写機を「操作す…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。

フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. ジョジョの奇妙な冒険の名言のイメージ
  2. 『ぎゃふん9』パート4
PAGE TOP