『貞子3D』を2D環境でなんとか楽しむための3つのポイント

お急ぎの方はスルーでOK

[1]ここは作品レビューのブログである[2]「貞子」というジャパニーズ・ホラーの重要キャラクターが登場する──といった理由で、期待せずに鑑賞してみた。案の定だ。苦しい。さすがの当ブログでも、これはかばいきれない。

──といったことを何日か前にも書いた気がする。デジャブだろうか。

そもそもこの映画は3D環境で鑑賞することを前提としている。だから、2Dで見ること自体が愚の骨頂ともいえる。たとえるなら、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの「スパイダーマン・ザ・ライド」を映像だけで楽しむようなものだ。

3D環境がない場合は、2Dで観るしかない。

そこで、この作品を立体映像なしで鑑賞する場合のポイントを3つほど挙げてみよう。

[1]石原さとみを愛でる

この映画は『リング』の続編ではない。主演・石原さとみのプロモーションビデオだと思えばいい。いや、石原さとみの魅力だけに注目させるために、あえて物語をつまらなくしているのではないか。そんな邪推すら可能なのだ。

石原さとみ演じる高校教師は、ある“闇”を背負っている。この部分はおもしろい。ただ、その魅力を制作者が自覚しておらず、脚本で消化されていないのは問題がある。

だから、石原さとみの“演技”というよりは、彼女の容姿や表情に着目することが、観賞のポイントとなる。

[2]貞子の造形に驚く

「貞子」といえば「長い黒髪に白い着物」だ。本作もその法則から外れていない。けれども、大胆かつ無謀なメタモルフォーゼが施されている。

これを是とするかどうかは意見が分かれるだろう。個人的には「あり」だ。

ただ、せっかくの素材を活用しきれていない。つくづく惜しまれる。

[3]JK(女子高生)の出る学園モノとして観る

これは別に“いやらしい”意味ではない。

誰もが一生のうちで学園生活を送れるのはわずかな期間だ。学校を卒業して何年か経てば、当時の雰囲気は忘れてしまう。

だから、自分が若かりし頃のことを思い出すために、学園モノというのは、ノスタルジックな想いに浸りながら観賞したくなる。

とはいえ、主人公は高校教師だから、もっと学校のシーンが出てきてもよさそうなのに、満足できるほど描写は多くない。これもじつにもったいない。

もう貞子映画の傑作は作れない?

冒頭で述べたように、「貞子」といえばジャパニーズ・ホラーの代名詞になっている。それは『リング』という傑作があるからだ。でも、まともな作品はその『リング』しかないのも事実だ。

『リング』と同じ監督・脚本家による『リング2』は見事に失敗している。『らせん』も成功とは言い難い。『リング0』は駄作ではないが、手放しで歓迎できるほどではない。

このように、「貞子」を登場させて傑作を作るのは至難の業なのだ。だから、本作にも情状酌量の余地はある。

「3Dの劇場で観たらどうだったか」というのは想像するしかない。立体で観てもたいしたことなかったのではないかと思われる。

個人的には待っている。いつか『リング』を超える貞子映画に出会える日を。

映画『バイオハザードV』がなぜか傑作に思えてくる3つの着眼点

ガールズバンドSCANDALの今まで気づかなかった3つの魅力

関連記事

  1. 『呪怨:呪いの家』が甦らせた“呪怨のもうひとつの…

    『呪怨:呪いの家』について語るとき、下のスクリーンショットがよく使われる。…

  2. 『シュガー・ラッシュ』はゲーマー必見ってだけじゃ…

    人気ゲームの悪役ラルフが嫌われ役を演じることに嫌気がさし、自分のゲームから逃…

  3. 納谷悟朗さんのボクしか知らないハマリ役を3つ選び…

    3月5日、納谷悟朗さんが亡くなりました。ご本人は「声優」と呼ばれることを嫌っ…

  4. 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の謎を徹底的に解…

    とどのつまり「13番目の使徒に堕とされる」って、どういうことなのか?…

  5. 【バイオハザード RE:3】ジル(プロ)とレオン…

    『バイオハザード RE:3』と前作『バイオハザード RE:2』は、なにがち…

  6. 『バイオハザードRE2』

    『バイオハザード RE:2』レビュー:アンブレラ…

    〈ラクーンシティ〉を訪れるのは、この『バイオハザード RE:2』で4度目に…

  7. 『新世界より』の小説にはないアニメならではの魅力…

    テレビアニメ版『新世界より』の放映が終了した。世界観やストーリーは原作の小説…

  8. テレビ朝日版『ダイ・ハード』を越える洋画の吹き替…

    「洋画の吹き替え版のベストを選ぶとしたら?」と聞かれたら、迷うことなく「テレ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP