高橋葉介『ヘビ女はじめました』の〈単刀直入ホラー〉の魅力

〈刀〉はどこに入るのか? 私たちの〈心〉です。

〈単刀直入〉という言葉があります。「前置きになしにいきなり本題に入る」という意味ですが、この『ヘビ女はじめました』に収録されているのは、6〜10ページの“超短編”ともいうべき短さですから、余計なことを描いている余裕はない。だから、唐突にド正面から〈恐怖〉がやってきます。

まさに〈単刀直入ホラー〉です。

〈単刀直入〉の語源は「1本の刀で敵陣に乗り込む」からきているそうですが、この作品では、字面のとおり「短い刀が直に入る」という感覚を覚えます。

では〈刀〉はどこに入るのか?

それは私たちの〈心〉です。

いきなり〈心〉を〈刀〉で突かれ、「あっ!」と思ったときには話が終わっている。

〈恐怖〉は一瞬。しかし、読み終わったあと、作品では描かれていない部分に、想いをはせると、どこか〈切なさ〉や〈哀しさ〉を覚える。

〈単刀直入ホラー〉にはそんな意味も込めたいと思います。

『岸辺露伴は動かない』……ってなぜ先生ばかりがスピンオフ?

LORDE「Royals」は小娘のクセに生意気だ──つまり合格

関連記事

  1. アニメ版『ジョジョの奇妙な冒険』

    アニメ『ジョジョ』(第3部)は原作の完全移植だが…

    アニメ版『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』(第3部)は、…

  2. コワすぎ!

    『戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 最終章』に裏切ら…

    前作『史上最恐の劇場版』で異界に取り込まれたディレクター・工藤とアシスタント…

  3. 戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版

    〈戦慄怪奇ファイル コワすぎ!〉は白石監督がコワ…

    怪奇現象のドキュメンタリーを制作しているスタッフのもとへ、不可思議な映像が記…

  4. 『呪怨:呪いの家』が甦らせた“呪怨のもうひとつの…

    『呪怨:呪いの家』について語るとき、下のスクリーンショットがよく使われる。…

  5. 『サイレントヒル:リベレーション』は原作のファン…

    原作ゲームである〈サイレントヒル〉シリーズは、〈バイオハザード〉のパクリ、二…

  6. サイコブレイク

    なぜか評価が分かれた『サイコブレイク』を買おうか…

    『サイコブレイク』は、『バイオハザード』の生みの親である三上真司氏の監督作…

  7. 『貞子vs伽椰子』

    『貞子vs伽椰子』は白石晃士監督のオレたちに対す…

    貞子と伽倻子が対決? ンなことはどーでもいいんだよ。くだらない──。普通なら…

  8. 『岸辺露伴は動かない』……ってなぜ先生ばかりがス…

    岸辺露伴が活躍する短編集。作者はもちろん『ジョジョ』の荒木飛呂彦先生です。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP