高橋葉介『ヘビ女はじめました』の〈単刀直入ホラー〉の魅力

〈単刀直入〉という言葉があります。「前置きになしにいきなり本題に入る」という意味ですが、この『ヘビ女はじめました』に収録されているのは、6〜10ページの“超短編”ともいうべき短さですから、余計なことを描いている余裕はない。だから、唐突にド正面から〈恐怖〉がやってきます。

まさに〈単刀直入ホラー〉です。

〈単刀直入〉の語源は「1本の刀で敵陣に乗り込む」からきているそうですが、この作品では、字面のとおり「短い刀が直に入る」という感覚を覚えます。

では〈刀〉はどこに入るのか?

それは私たちの〈心〉です。

いきなり〈心〉を〈刀〉で突かれ、「あっ!」と思ったときには話が終わっている。

〈恐怖〉は一瞬。しかし、読み終わったあと、作品では描かれていない部分に、想いをはせると、どこか〈切なさ〉や〈哀しさ〉を覚える。

〈単刀直入ホラー〉にはそんな意味も込めたいと思います。

『岸辺露伴は動かない』……ってなぜ先生ばかりがスピンオフ?

LORDE「Royals」は小娘のクセに生意気だ──つまり合格

関連記事

  1. 『トネガワ』

    『中間管理録トネガワ』の圧倒的レビューっ……!

    『中間管理録トネガワ』は、福本伸行の代表作である『カイジ』シリーズのスピンオ…

  2. 『サイレントヒル:リベレーション』は原作のファン…

    原作ゲームである〈サイレントヒル〉シリーズは、〈バイオハザード〉のパクリ、二…

  3. ponysmasher

    わずか3分で恐怖するショート・ホラー〈ponys…

    映画監督のデヴィッド・F・サンドバーグ氏は「ponysmasher」の名義で…

  4. 『フェイクドキュメンタリーの教科書』

    『フェイクドキュメンタリーの教科書』で白石晃士監…

    〈コワすぎ!〉シリーズや『ノロイ』『オカルト』『カルト』といったホラー映画の…

  5. 日本のホラー

    日本のおすすめホラー映画をお探しのあなたへ最恐の…

    ホラー好きを自称するならば、日本のホラー映画は観ておきたい。「思いっきり怖い…

  6. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』アイキャッチ

    【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただけ…

    こちらの記事から引き続き、『ほんとにあった!呪いのビデオ』の全巻をレビュー…

  7. 『貞子vs伽椰子』

    『貞子vs伽椰子』は白石晃士監督のオレたちに対す…

    貞子と伽倻子が対決? ンなことはどーでもいいんだよ。くだらない──。普通なら…

  8. 『闇動画』

    ホラーマニアが震えた『闇動画』の最恐エピソード1…

    『闇動画』は、巷にはびこる実話系〈心霊・オカルト〉映像作品の中で、『ほんと…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』
PAGE TOP