江上剛『亡国前夜』は国を憂う貴方・貴女の必読の本?

これはベテラン作家の作品なのだ。そう考えると、どうしても評価は辛くなる。

不況下の日本で、若者による通り魔事件が頻発。やがて犯行は財界人テロへと激化する。背後には新興宗教政党の存在が見え隠れしていた──。江上剛『亡国前夜』はそんな物語だ。

今回はこの本の魅力を分析する。

1.日本に渦巻く閉塞感のリアリティ

主人公は通り魔に襲われ、辛くも難を逃れる。犯人はその場で自殺する。

「だいたいああした事件を起こす人間は、自己破壊、自殺願望がある。ところが自分で自殺をするくらいなら、世間の奴を殺して、死刑になりたいと迷惑なことを考えるんだ。だから自分では死なない」

この小説の序盤に描かれるのは、まさに私たちの住む現実の日本を覆っている閉塞感だ。だから、舞台設定をすんなり受け入れられる。リアリティを感じられる。

これが魅力のひとつだ。

2.ラノベ風のラブストーリー

主人公は通り魔の凶行からひとりの女を救う。それは新興宗教団体の“母神様”であった。しかし、それは本人の本意ではない。団体にスパイとして潜り込んだ主人公は、女を解放するために奮闘する。

このあたりは、「お姫様を救出する」というラノベ風の展開だ。

この主人公に感情移入できれば、熱い物語を堪能できる。

3.クーデターのダイナミズム

新興宗教団体が狙うのは国家転覆、クーデターだ。

物語の序盤はリアリティたっぷりだったが、終盤はフィクションならではのダイナミズムが楽しめる。

……とはいえ何かピンとこない

江上剛は、高杉良、池井戸潤と並んで、個人的に好きな経済小説家のひとりだ。

しかし、本作はどうもピンとこない。だから、レビューもいまいち奮わない。

上記の3つがこの小説のエッセンスであるのは間違いない。素材としてはいいものがそろっている。けれど、それらがうまくかみ合っていない気がする。

これが20〜30代のデビュー作ならわかる。「粗削りだが、将来に期待したい」といった批評もできる。でも、これはベテラン作家の作品なのだ。そう考えると、どうしても評価は辛くなる。

「ラノベ」それ自体を貶めるつもりはないが、ここでは悪い意味だ。つまり、軽すぎるし、ひねりがない。

憂国。これが作者の執筆動機になっているに違いない。秘めたる怒りがあるのだろう。

けれども、それが作品の形にまで昇華していない。

正直、こんなことは書きたくない。釈迦に説法。江上氏もこんなマイナーなブログに言われなくないだろう。

現実世界で起こっている事件の闇は、もっと深い。だから、江上氏にはもっと鋭く切り込んでほしかった。氏なら可能であったはずだ。

つくづく惜しい作品と言わざるを得ない。

黒澤作品の脚本家・橋本忍『複眼の映像』から神映画の作り方を知る

アニメ「ジョジョ」はなぜおもしろいか? 遅ればせレビュー

関連記事

  1. 黒沢清+蓮實重彦『東京から 現代アメリカ映画談義…

    黒沢清と蓮實重彦の“師弟対談”で、まあこれほどの映画のプロ(いいかえれば「映…

  2. 武論尊『原作屋稼業 お前はもう死んでいる?』であ…

    みなさんは著者の武論尊氏をご存知でしょうか? ぼくらの世代なら知らない人はい…

  3. 【敵情視察】狗界ゴウ『緑眼魔女の事件簿 テロリズ…

    近未来の中国を舞台に、国連治安維持局の特殊捜査官が特殊能力を駆使し奮闘する─…

  4. キンドル作家の作品を“敵情視察”してみた

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街』をAmazon KDPやiBook…

  5. 『トネガワ』

    『中間管理録トネガワ』の圧倒的レビューっ……!

    『中間管理録トネガワ』は、福本伸行の代表作である『カイジ』シリーズのスピンオ…

  6. 黒澤作品の脚本家・橋本忍『複眼の映像』から神映画…

    橋本忍といえば『羅生門』『生きる』『七人の侍』のシナリオを手がけている。そう…

  7. 酒井順子『着ればわかる!』でなにがわかる!?

    酒井順子さんはぼくの好きな書き手のひとりなので、その名を見かけたら、つい手に…

  8. 『荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟』を自称・小説家…

    荒木先生の映画に関する本は『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』に続いて2冊目で…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • たまたま農園
    • 2013年 2月 15日 10:59pm

    読もうかな、読むまいかな?いや読もうかな、
    やっぱりよそう。大体題名が仰々しすぎる…。

    • 米田政行
    • 2013年 2月 16日 12:02am

    コメントありがとうございました。

    たぶん期待している内容とは違うと思うけど……。お時間がありましたら、ぜひ読んでみてください。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP