江上剛『亡国前夜』は国を憂う貴方・貴女の必読の本?

不況下の日本で、若者による通り魔事件が頻発。やがて犯行は財界人テロへと激化する。背後には新興宗教政党の存在が見え隠れしていた──。江上剛『亡国前夜』はそんな物語だ。

今回はこの本の魅力を分析する。

1.日本に渦巻く閉塞感のリアリティ

主人公は通り魔に襲われ、辛くも難を逃れる。犯人はその場で自殺する。

「だいたいああした事件を起こす人間は、自己破壊、自殺願望がある。ところが自分で自殺をするくらいなら、世間の奴を殺して、死刑になりたいと迷惑なことを考えるんだ。だから自分では死なない」

この小説の序盤に描かれるのは、まさに私たちの住む現実の日本を覆っている閉塞感だ。だから、舞台設定をすんなり受け入れられる。リアリティを感じられる。

これが魅力のひとつだ。

2.ラノベ風のラブストーリー

主人公は通り魔の凶行からひとりの女を救う。それは新興宗教団体の“母神様”であった。しかし、それは本人の本意ではない。団体にスパイとして潜り込んだ主人公は、女を解放するために奮闘する。

このあたりは、「お姫様を救出する」というラノベ風の展開だ。

この主人公に感情移入できれば、熱い物語を堪能できる。

3.クーデターのダイナミズム

新興宗教団体が狙うのは国家転覆、クーデターだ。

物語の序盤はリアリティたっぷりだったが、終盤はフィクションならではのダイナミズムが楽しめる。

……とはいえ何かピンとこない

江上剛は、高杉良、池井戸潤と並んで、個人的に好きな経済小説家のひとりだ。

しかし、本作はどうもピンとこない。だから、レビューもいまいち奮わない。

上記の3つがこの小説のエッセンスであるのは間違いない。素材としてはいいものがそろっている。けれど、それらがうまくかみ合っていない気がする。

これが20〜30代のデビュー作ならわかる。「粗削りだが、将来に期待したい」といった批評もできる。でも、これはベテラン作家の作品なのだ。そう考えると、どうしても評価は辛くなる。

「ラノベ」それ自体を貶めるつもりはないが、ここでは悪い意味だ。つまり、軽すぎるし、ひねりがない。

憂国。これが作者の執筆動機になっているに違いない。秘めたる怒りがあるのだろう。

けれども、それが作品の形にまで昇華していない。

正直、こんなことは書きたくない。釈迦に説法。江上氏もこんなマイナーなブログに言われなくないだろう。

現実世界で起こっている事件の闇は、もっと深い。だから、江上氏にはもっと鋭く切り込んでほしかった。氏なら可能であったはずだ。

つくづく惜しい作品と言わざるを得ない。

  • コメント: 2

黒澤作品の脚本家・橋本忍『複眼の映像』から神映画の作り方を知る

アニメ「ジョジョ」はなぜおもしろいか? 遅ればせレビュー

関連記事

  1. 藤井太洋『Gene Mapper -full b…

    セルフ・パブリッシングの電子書籍である藤井太洋『Gene Mapper -c…

  2. 『かーそる』

    電子雑誌『かーそる』とは良い名前をつけたもんだ

    『かーそる』は、セルフ・パブリッシングの電子雑誌だ。同誌の「創刊にあたって」…

  3. 『無責任姉妹』

    【敵情視察】アヲイ『無責任姉妹』は無責任だから誰…

    〈敵情視察〉は、セルフ・パブリッシングの本を読み、「なぜ面白いのか」を考察…

  4. 『銀幕の声』

    【敵情視察】水瀬ハルキ『銀幕の声』から正しい娯楽…

    映画を観ていると、スクリーンの端に少女の姿が映る。映画の筋には関係がなく、…

  5. 【敵情視察】初瀬明生『ヴィランズ:悪役たちの物語…

    セルフ・パブリッシングでリリースされた本の魅力を分析し、自分の作品に役立て…

  6. 小説を書くモチベーション

    小説を書くのにモチベーションなんかいらない──行…

    「小説の原稿を書かなければいけないのに、なかなかモチベーションが上がらない」…

  7. 『荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟』を自称・小説家…

    荒木先生の映画に関する本は『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』に続いて2冊目で…

  8. 『岸辺露伴は動かない』……ってなぜ先生ばかりがス…

    岸辺露伴が活躍する短編集。作者はもちろん『ジョジョ』の荒木飛呂彦先生です。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • たまたま農園
    • 2013年 2月 15日

    読もうかな、読むまいかな?いや読もうかな、
    やっぱりよそう。大体題名が仰々しすぎる…。

    • gyahun
    • 2013年 2月 16日

    コメントありがとうございました。

    たぶん期待している内容とは違うと思うけど……。お時間がありましたら、ぜひ読んでみてください。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

PAGE TOP