ケーティ・ペリー「ロアー」でガオー!ってしたい

以前にブログで紹介し、twitterでもしつこく取り上げたロビン・シック「Blurred Lines」の快進撃を止めたのは、ケーティ・ペリー「ロアー」でした。

しかし、ケーティ・ペリーがトップになるのは意外でもなんでもなく、「ですよね」って感じなので、むしろ10週連続トップを保ち続けたロビン・シックの功績のほうをここでは讃えたいと思います。

さて、そのケーティ・ペリー「ロアー」は、まさかロビン・シックを蹴落とそうとしていたわけではないと思いますが、出来上がった楽曲そしてミュージックビデオを観ると「やっつけてやんよ!」という意気込みが伝わってくるような錯覚を覚えます。

だから、下手をすると聴いているほうも蹴落とされてしまう。

逆に言えば、彼女にうまく乗っかることできれば、毎日を力強く過ごすためのパワーを頂戴できます。

あなたがロビン・シックを聴いて「気楽にやろうぜ、ヘイ、ヘイ、ヘイ」と肩の力を抜くか、「ロアー」を聴いて「天下とったる、ガオー」と吠える(ロアーする)かは、自由です。

【Amazon.co.jp】プリズム (デラックス盤)(DVD付)

アニメ「ガリレイドンナ」がオジサンも楽しみになってきた

畑村洋太郎『回復力 失敗からの復活』を読んで生き延びろ

関連記事

  1. AKB48『鈴懸』を聴いた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの…

    AKB48の新曲『鈴懸』は、絵に描いたようなAKB48というかアイドルグループが歌う曲という感じで、…

  2. Lady Gaga「Applause」のカラダを張ったパフォーマ…

    レディー・ガガ「Applause」は、ケーティ・ペリー「ロアー」と同時期に出た曲で、どっちにしようか…

  3. 家入レオ『LEO』でレコード大賞新人賞がダテじゃないことを知れ

    こんにちは。毎度ブームに乗り遅れるぎゃふん工房です。家入レオは、昨年「第54回 輝く!日本レコー…

  4. 家入レオ『a boy』

    家入レオ『a boy』でわかるCDを買う楽しみ

    「CDが売れなくなった」とアーティストが嘆く。そんな時代に「CDを買って良かった」と思わせる作品があ…

  5. KE$HA『WARRIOR』こそ真の“肉食系”なのだ喰われるぜ

    KE$HA(ケシャ)に対してよくなされる形容は「女豹」。日本風にいえば“肉食系”といったところか…

  6. ケラケラ『ケラケライフ』はアラフォーにも効く

    初めて観たときは、いきものがかりのパチモンかと思ったのですが、いきものがかりが世間に注目されるにつれ…

  7. ガールズバンドSCANDALの今まで気づかなかった3つの魅力

    今、ガールズ・バンドが密かなブーム。高い演奏力を誇る実力派のグループも続々登場している。その…

  8. いまのKARAは見納めかもしれないから彼女たちの魅力を書いておく…

    一部の報道でKARAの解散が報じられた。のちに、ギュリ、スンヨン、ハラは続投が決定、ニコルは事務所と…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろな作品を評価する〈ネタバレなし〉ブログです。

PAGE TOP