〈幾原邦彦展〉で人生を早くすりつぶさないと。がうがう

この展覧会を今後の人生の「欲望と革命の生存戦略」に役立てよう。

『少女革命ウテナ』『輪るピングドラム』『ユリ熊嵐』『さらざんまい』と、独創的な世界を炸裂させる幾原邦彦監督の展覧会〈幾原邦彦展 ~僕たちをつなげる欲望と革命の生存戦略~〉が東京ソラマチにて開かれている(終了しました)。

イベントの概要と会場で感じたことをメモしておこう。

幾原監督のキャリアを振り返る

幾原邦彦展

本展覧会では、アニメ作品の演出・監督としての約30年にわたるキャリアを振り返っていく

それぞれの作品にこめた想いを記したコトバが展示され、創作メモや原画、セル画、背景など、アニメをカタチづくる素材の数々を間近で観察できる。

展示スペースはキーワードごとに区分けされており、それを手がかりに作品の理解を深めることもできるだろう。

また、物販コーナーでは限定アイテムも販売。こちらもファンは要注目といえる*1

*1:当ブログは図録のみを購入。

幾原作品は理性ではなく感性でとらえる

幾原邦彦展

幾原監督の作品は、一見しただけで意味を理解するのは難しい。物語は難解であり、意味あり気なセリフ、描写、モチーフがそこかしこに見られる。当ブログも作品の魅力を100%堪能したとは言い難い。

では、作品を徹底的に分析し、伏線などを考察していけば、なにかしら見えてくるのだろうか? 答えはノー。おそらくロジカルにとらえようとすればするほど、よけいにわからなくなる

幾原監督作品は、あくまでエモーションナル(感情的)にとらえなければいけないのだ。一見、謎めいた物語も、核心はごくシンプルなのだと思う。それを理性ではなく感性で受け止めればいい。

だから、感性で展示物を眺めてみれば、たとえば作画監督に対して幾原監督が出した修正の指示も、その理由がわかってくる気がする。「なぜこの服?」「なぜこのポーズ?」「なぜこの色とカタチ?」「なぜこの演技?」。理屈じゃない。論理的じゃない。でも、それが正解なのだ、と。

作品をとおして〈世界〉と、〈他人〉とつながる

幾原邦彦展

幾原監督作品の最大の特長は、時代意識が反映されていること——と本展覧会の趣旨が説明されており、もちろん当ブログにも異論はない。社会で話題になった大きな事件、天災、テクノロジーなど、幾原監督がそれぞれの時代において社会に蔓延する“空気”から着想を得ていることはまちがいない。

ただ、それは作品がいわゆる〈社会性〉を持つのとはまた異なる。作品を通して社会に対して異議申し立て、告発、批評を行なっているわけではない。

幾原作品は、観る者に対し「自分はどう感じた?」を問うているにすぎない。

感性によって〈自分〉のなかに取り込まれた〈作品〉は、〈自分〉と〈社会〉をつなげる役目を果たす。〈社会〉とは〈自分〉や〈他人〉が集まってカタチづくられているモノだ。

つまり、幾原作品が描いているのは、〈自分〉と〈社会〉のつながりであり、〈自分〉と〈他人〉とのつながり

その視点からあらためて作品を観直す必要がある。そうすることではじめて〈幾原作品〉は自分の血となり肉となる。

すなわち、今後の人生の「欲望と革命の生存戦略」に役立てるのだ*2

*2:こちらのリトルマガジンでは、『少女革命ウテナ』のセリフを人生に活かす方法について触れている。

幾原邦彦展 ~僕たちをつなげる欲望と革命の生存戦略~
開催日時……2019年4月27日(土)〜2019年5月6日(月・振休) 10:00~17:00
会場……東京ソラマチ スペース634(東京都墨田区)
料金(当日券)……2,200円 限定グッズ付当日券:3,700円
〈幾原邦彦展 ~僕たちをつなげる欲望と革命の生存戦略~〉公式サイト https://ikuniten.com

鈴木敏夫展〈鈴木敏夫とジブリ展〉でビジネスのヒントを探り出す

シド・ミード展〈シド・ミード展〉は誰でも未来を創造するヒントを得られる

関連記事

  1. シド・ミード展

    〈シド・ミード展〉は誰でも未来を創造するヒントを…

    世界的に著名なインダストリアル・デザイナーで、日本でも映画『ブレードランナー…

  2. 『ぎゃふん9』パート4

    精神的に向上心のないものも 死んだらこうなりたい…

    こちらの記事で紹介した“死後の世界”は真実ではない。では、私たちが死んだら…

  3. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を本気で解明する…

    『エヴァ』の謎解きとは、すなわち設定や世界観を確認することだ。言うまでもな…

  4. 人生の“勝率”アップには『のんのんびより』ひかげ…

    「結局この世は運次第」という諦観を持っています。成功は、どれだけ努力をした…

  5. クリエイターの仕事術はサラリーマンも使えるかもし…

    押井守、宮崎駿、庵野秀明、黒沢清。海外からの評価も高いアニメ・映画監督たち。…

  6. 人生がうまくいかないなら『アカギ』市川の戦術をと…

    「俺の人生はバラ色だ」「まさに順風満帆」「恐れるものはなにもない」などとは…

  7. 【庵野秀明展】庵野秀明になれない俺たちが学べるこ…

    当ブログは、『エヴァンゲリオン』や『シン・ゴジラ』などは堪能したが、庵野作…

  8. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を本気で解明する…

    前回までは、謎解きといっても作品の基本的な設定を確認しただけだ。本格的に考…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP