鈴木輝一郎『新・何がなんでも作家になりたい!』の身も蓋もない真実

セルフ・パブリッシングで小説を書いている者として、勉強のために『新・何がなんでも作家になりたい!』を読んでみました。

前半では、作家という職業がどういう仕事であるかが解説されています。出版社からどんなふうに注文を受けるのか、原稿を書き上げたあとどうやって本が作られていくのか、原稿料や納税はどうなっているか、などといったことです。

すでに知っている事柄もあり、またセルフ・パブリッシングにはあてはまらない部分も多いのですが、純粋に作家という仕事を「覗き見」するような面白さがあります。

後半は、「小説家のなりかた」です。執筆環境の整え方、小説講座の選び方、新人賞の選び方などが述べられています。これも作家という存在へ興味をわかせます。

そして、本書の終盤で書かれているのは「絶対確実に新人賞を受賞できる方法」です。

新人賞への入賞は、今のところ作家になるための有効な(というかほぼ唯一の)手段なのですが、やはりセルフ・パブリッシングを目指している者としては、少しピントがズレている感じがしてしまいます。

では、本書はセルフ・パブリッシングで小説を書いている者に参考にならないのか?

ここで話がそれますが、「絶対に雨が降る雨ごいの儀式」「テストで絶対にいい点がとれる方法」というのをご存知でしょうか?

方法はそれぞれ「雨が降るまで儀式を続ける」「ひたすら勉強する」です。身も蓋もない、なんの面白みもない答えです。言われなくてもわかっています。でも、真実であることは誰にも否定できません。

で、本書で述べられている「絶対確実に新人賞を受賞できる方法」。それは「身も蓋もない、なんの面白みもない」けど「真実でもあります」。

この部分は、新人賞を狙おうが、セルフ・パブリッシングを目指そうが肝に銘じておきたいことです。

もちろん、すでに知っているんです。でも、それがなかなかできないからこそ、鈴木輝一郎さんというプロの作家に背中を押してもらう必要があるというわけです。

LORDE「Royals」は小娘のクセに生意気だ──つまり合格

Capital Cities「Safe And Sound」は懐かしいではなく新鮮

関連記事

  1. 畑村洋太郎『回復力 失敗からの復活』を読んで生き…

    〈失敗学〉の第一人者・畑村洋太郎先生による「失敗したあと復活する」ための本で…

  2. 〈好き〉を極め〈仕事〉にできる文章術【著者インタ…

    〈好き〉なことを〈仕事〉にする。そうすれば幸せな〈人生〉を送れる——。その…

  3. 『ゲーム・レジスタンス』表紙

    『ゲーム・レジスタンス』で想い出す原田さんとのた…

    『ユーズド・ゲームズ』『ゲーム批評』『CONTINUE』『ゲームサイド』とい…

  4. 『岸辺露伴は動かない』……ってなぜ先生ばかりがス…

    岸辺露伴が活躍する短編集。作者はもちろん『ジョジョ』の荒木飛呂彦先生です。…

  5. 小説を書くモチベーション

    小説を書くのにモチベーションなんかいらない──行…

    「小説の原稿を書かなければいけないのに、なかなかモチベーションが上がらない」…

  6. クリエイターの仕事術はサラリーマンも使えるかもし…

    押井守、宮崎駿、庵野秀明、黒沢清。海外からの評価も高いアニメ・映画監督たち。…

  7. 近未来を舞台にした藤井太洋『UNDER GROU…

    その名のとおり「地下経済」をテーマとしたSF小説。2018年という近未来を舞…

  8. 『ぎゃふん7』イメージ

    【永久無料】ブログの記事をまとめた電子書籍『ぎゃ…

    あけましておめでとうございます。毎年恒例となりました、自分だけの風物詩、…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 鈴木敏夫展
PAGE TOP