鈴木輝一郎『新・何がなんでも作家になりたい!』の身も蓋もない真実

セルフ・パブリッシングで小説を書いている者として、勉強のために『新・何がなんでも作家になりたい!』を読んでみました。

前半では、作家という職業がどういう仕事であるかが解説されています。出版社からどんなふうに注文を受けるのか、原稿を書き上げたあとどうやって本が作られていくのか、原稿料や納税はどうなっているか、などといったことです。

すでに知っている事柄もあり、またセルフ・パブリッシングにはあてはまらない部分も多いのですが、純粋に作家という仕事を「覗き見」するような面白さがあります。

後半は、「小説家のなりかた」です。執筆環境の整え方、小説講座の選び方、新人賞の選び方などが述べられています。これも作家という存在へ興味をわかせます。

そして、本書の終盤で書かれているのは「絶対確実に新人賞を受賞できる方法」です。

新人賞への入賞は、今のところ作家になるための有効な(というかほぼ唯一の)手段なのですが、やはりセルフ・パブリッシングを目指している者としては、少しピントがズレている感じがしてしまいます。

では、本書はセルフ・パブリッシングで小説を書いている者に参考にならないのか?

ここで話がそれますが、「絶対に雨が降る雨ごいの儀式」「テストで絶対にいい点がとれる方法」というのをご存知でしょうか?

方法はそれぞれ「雨が降るまで儀式を続ける」「ひたすら勉強する」です。身も蓋もない、なんの面白みもない答えです。言われなくてもわかっています。でも、真実であることは誰にも否定できません。

で、本書で述べられている「絶対確実に新人賞を受賞できる方法」。それは「身も蓋もない、なんの面白みもない」けど「真実でもあります」。

この部分は、新人賞を狙おうが、セルフ・パブリッシングを目指そうが肝に銘じておきたいことです。

もちろん、すでに知っているんです。でも、それがなかなかできないからこそ、鈴木輝一郎さんというプロの作家に背中を押してもらう必要があるというわけです。

LORDE「Royals」は小娘のクセに生意気だ──つまり合格

Capital Cities「Safe And Sound」は懐かしいではなく新鮮

関連記事

  1. 酒井順子『着ればわかる!』でなにがわかる!?

    酒井順子さんはぼくの好きな書き手のひとりなので、その名を見かけたら、つい手に…

  2. 『ぎゃふん9』パート4

    精神的に向上心のないものも 死んだらこうなりたい…

    パート3で紹介した“死後の世界”は真実ではない。では、私たちが死んだらどうな…

  3. ウルトラマンタロウ『ウルトラマンの愛した日本』に…

    1960年代に地球に初めてやってきたときから現在に至るまで、ずっと日本を守り…

  4. 『ぎゃふん9』パート2

    精神的に向上心のないものは どう生きる?【ぎゃふ…

    「精神的に向上心のあ・る・もの」が必ずしも幸福になるとはかぎらない。だから、…

  5. マヒルは学校中が憧れるスーパー女子高生!【天使の…

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街〜プライマリー〜』のキャラクター紹介…

  6. 『ぎゃふん9』表紙

    人生の負け犬が吠えるリトルマガジン『ぎゃふん9 …

    毎年恒例となったリトルマガジン『ぎゃふん』は、今年も1月1日にリリース。これ…

  7. 『ゲーム・レジスタンス』表紙

    『ゲーム・レジスタンス』で想い出す原田さんとのた…

    『ユーズド・ゲームズ』『ゲーム批評』『CONTINUE』『ゲームサイド』とい…

  8. 日野瑛太郎『あ、「やりがい」とかいらないんで、と…

    『脱社畜の働き方』に引き続き、日野瑛太郎『あ、「やりがい」とかいらないんで、…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。

フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

PAGE TOP