『ワールド・ウォー Z』のほかのゾンビ映画にないただ1点の特徴

ゾンビものです。それも絵に描いたような。当然、今さら感があるわけですが、実際見てみると妙に楽しい。

その理由は、ただ1点ほかのゾンビ映画にはない特徴があるからです。それは──。

感染から発症までの時間が異様に短いこと。

おそらくゾンビに襲われてからバケモノへと変わるまで10秒未満。人ごみで感染者が出た日にゃ大騒ぎです。

そう。この乱痴気騒ぎこそがこの映画の魅力というわけです。

ゾンビが走ってくるのはもはやデフォルトだとして、襲ってくるゾンビの数が尋常ではありません。恐ろしいを通り越して快感ですらあります。

Lady Gaga「Applause」のカラダを張ったパフォーマンスが気持ちいい

白目じゃないほうの『死霊のはらわた』に隠された制作陣の真意とは?

関連記事

  1. クロユリ団地

    『クロユリ団地』は前田敦子の名刺代わりの映画

    『リング』『女優霊』の中田秀夫監督だから期待するなというほうが無理ってもんで…

  2. 『フェイクドキュメンタリーの教科書』

    『フェイクドキュメンタリーの教科書』で白石晃士監…

    〈コワすぎ!〉シリーズや『ノロイ』『オカルト』『カルト』といったホラー映画の…

  3. ほんとにあった!呪いのビデオ

    【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただけ…

    心霊・投稿系ドキュメンタリーの元祖『ほんとにあった!呪いのビデオ』シリーズ。…

  4. frankensteins-army

    『武器人間』は新旧ドラ声優の“狂演”に瞠目せよ

    予告編をドラえもんの大山のぶ代が務め、本編の日本語吹き替え版を、のび太・スネ…

  5. コワすぎ!

    『戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 最終章』に裏切ら…

    前作『史上最恐の劇場版』で異界に取り込まれたディレクター・工藤とアシスタント…

  6. 『ゴーン・ガール』

    『ゴーン・ガール』が120%楽しくなる〈ネタバレ…

    主人公は幸せそうに夫婦生活を送っていたが、あるとき妻が突然いなくなる。誘拐?…

  7. テレビ朝日版『ダイ・ハード』を越える洋画の吹き替…

    「洋画の吹き替え版のベストを選ぶとしたら?」と聞かれたら、迷うことなく「テレ…

  8. 『カルト』はフェイク・ドキュメンタリーのいいとこ…

    『カルト』は「フェイク・ドキュメンタリー(モキュメンタリー)」というやつで、…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

Gyahun工房のバナー

おすすめの記事

  1. 『銀幕の声』
  2. frankensteins-army
PAGE TOP