武論尊『原作屋稼業 お前はもう死んでいる?』であべし!?

武論尊氏の「自分語り」を拝聴したいのです。

みなさんは著者の武論尊氏をご存知でしょうか? ぼくらの世代なら知らない人はいないはずなのでこれは愚問なのですが、ピンとこない人は「お前はもう死んでいる?」を聞けば、もうおわかりでしょう?

そう。本書は『北斗の拳』を生み出した著者が、マンガ原作者の極意を書いた本というわけです。

ただ、武論尊氏の名前と「原作屋稼業」というタイトルに惹かれて、内容をたしかめずに買ってしまったのですが、じつは氏の自伝ではなく、あくまでも事実を元にしたフィクションになっています(あべし!)。

「我が生涯後悔することだらけ!」のオレは自伝を書くほど立派な人間じゃないし、こんなオッサンの自分語りなんかみんなには迷惑なだけだろう。

いやいやご謙遜を。その「自分語り」を拝聴したいのです──とは個人的には思うものの、〈本〉を商品として考えるなら、これで正しかったのかもしれません。

「バカヤロー、オレに書けるんだ、そんなモン誰にだって書けるさ。売れる売れないは結果に過ぎん。ま、ハッキリ言って運だ」

「でもな、そうやって“オレはまだ60%しか使ってねえ、100%のオレはもっとすげえんだ”って思い込ませているうち、その60%の自分が現実になっていくんだな、これが」

装いこそ青春小説ではありますが、小説を書いている身としては、胸に突き刺さる言葉があちこちにちりばめられた〈人生指南書〉の趣もあります。

“創作者”とか“クリエイター”をめざす人には一読をおすすめしたい本です。

『映画館のまわし者』で知った映写技師の意外な仕事

40歳からの『魔法少女まどか☆マギカ』はじめての考察

関連記事

  1. 【敵情視察】初瀬明生『ヴィランズ:悪役たちの物語…

    セルフ・パブリッシングでリリースされた本の魅力を分析し、自分の作品に役立て…

  2. 高橋葉介『ヘビ女はじめました』の〈単刀直入ホラー…

    〈単刀直入〉という言葉があります。「前置きになしにいきなり本題に入る」という…

  3. チャック・ノリス『チャック全開!』で気分も全快!…

    チャック・ノリスをご存知でしょうか? シルベスタ・スタローン、アーノルド・シ…

  4. 江上剛『亡国前夜』は国を憂う貴方・貴女の必読の本…

    不況下の日本で、若者による通り魔事件が頻発。やがて犯行は財界人テロへと激化す…

  5. 『フェイクドキュメンタリーの教科書』

    『フェイクドキュメンタリーの教科書』で白石晃士監…

    〈コワすぎ!〉シリーズや『ノロイ』『オカルト』『カルト』といったホラー映画…

  6. 日野瑛太郎『あ、「やりがい」とかいらないんで、と…

    『脱社畜の働き方』に引き続き、日野瑛太郎『あ、「やりがい」とかいらないんで…

  7. クリエイターの仕事術はサラリーマンも使えるかもし…

    押井守、宮崎駿、庵野秀明、黒沢清。海外からの評価も高いアニメ・映画監督たち。…

  8. 『ジョジョリオン』を読んで自分がなぜジョジョ好き…

    『ジョジョ』のコミックは第1部〜第6部まで愛読していたが、第7部『スティール…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP