武論尊『原作屋稼業 お前はもう死んでいる?』であべし!?

みなさんは著者の武論尊氏をご存知でしょうか? ぼくらの世代なら知らない人はいないはずなのでこれは愚問なのですが、ピンとこない人は「お前はもう死んでいる?」を聞けば、もうおわかりでしょう?

そう。本書は『北斗の拳』を生み出した著者が、マンガ原作者の極意を書いた本というわけです。

ただ、武論尊氏の名前と「原作屋稼業」というタイトルに惹かれて、内容をたしかめずに買ってしまったのですが、じつは氏の自伝ではなく、あくまでも事実を元にしたフィクションになっています(あべし!)。

「我が生涯後悔することだらけ!」のオレは自伝を書くほど立派な人間じゃないし、こんなオッサンの自分語りなんかみんなには迷惑なだけだろう。

いやいやご謙遜を。その「自分語り」を拝聴したいのです──とは個人的には思うものの、〈本〉を商品として考えるなら、これで正しかったのかもしれません。

「バカヤロー、オレに書けるんだ、そんなモン誰にだって書けるさ。売れる売れないは結果に過ぎん。ま、ハッキリ言って運だ」

「でもな、そうやって“オレはまだ60%しか使ってねえ、100%のオレはもっとすげえんだ”って思い込ませているうち、その60%の自分が現実になっていくんだな、これが」

装いこそ青春小説ではありますが、小説を書いている身としては、胸に突き刺さる言葉があちこちにちりばめられた〈人生指南書〉の趣もあります。

“創作者”とか“クリエイター”をめざす人には一読をおすすめしたい本です。

『映画館のまわし者』で知った映写技師の意外な仕事

40歳からの『魔法少女まどか☆マギカ』はじめての考察

関連記事

  1. やばい!『アーティストのためのハンドブック』が読…

    副題は「制作につきまとう不安との付き合い方」。今、私はガールズ・ラブ&心霊学…

  2. 『銀幕の声』

    【敵情視察】水瀬ハルキ『銀幕の声』から正しい娯楽…

    映画を観ていると、スクリーンの端に少女の姿が映る。映画の筋には関係がなく、…

  3. 『荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟』を自称・小説家…

    荒木先生の映画に関する本は『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』に続いて2冊目で…

  4. アニメ版『ジョジョの奇妙な冒険』

    アニメ『ジョジョ』(第3部)は原作の完全移植だが…

    アニメ版『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』(第3部)は、第…

  5. 藤井太洋『Gene Mapper』を電子書籍入門…

    紙の本を押しのけAmazonで1位を獲得したことで注目を集める『Gene M…

  6. 日野瑛太郎『あ、「やりがい」とかいらないんで、と…

    『脱社畜の働き方』に引き続き、日野瑛太郎『あ、「やりがい」とかいらないんで、…

  7. 小説を書くモチベーション

    小説を書くのにモチベーションなんかいらない──行…

    「小説の原稿を書かなければいけないのに、なかなかモチベーションが上がらない」…

  8. 【敵情視察】初瀬明生『ヴィランズ:悪役たちの物語…

    セルフ・パブリッシングでリリースされた本の魅力を分析し、自分の作品に役立て…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。

フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 『ぎゃふん7』イメージ
  2. 鈴木敏夫展
  3. 『ぎゃふん9』パート4
PAGE TOP