『サイレントヒル:リベレーション』は原作のファンとしては哀しい

唯一の救いは、主人公ヘザー役の女優さんが可愛らしかったことでしょうか。

原作ゲームである〈サイレントヒル〉シリーズは、〈バイオハザード〉のパクリ、二番煎じ、パチモンです。にもかかわらず、シリーズとして何作も制作され、いまなお人気を集めているのは、〈バイオハザード〉にはない独特の魅力があったからです。

それは、たとえば血や錆にまみれたステージであったり、悪夢を見ているような不快なプレイ感覚であったり。そして、もっとも重要なのが〈エロティシズム〉だと個人的には思っています。それも、おぞましい、グロテスクなそれ。

これらの要素がなくなってしまえば、ただのホラーゲームに成り下がってしまい、それこそ映画化されることもなかったでしょう。

さて、映画版の話ですが、前作『サイレントヒル』はとても面白かった記憶がありますが、今作はどうも楽しめない。

原因ははっきりしていて、上記のような〈サイレントヒル〉ならではの「独特の魅力がない」ことです。

べつにゲームと同じように血や錆、〈エロティシズム〉が必ずしも含まれていなくても構わない。でも、今作には何もない。ほかのホラー映画と同じことをやっているだけでは、観る価値はないわけです。

ゲームと映画で最強の敵として登場する〈三角頭〉にしても、ゲームの設定上、今作の主人公ヘザーの前に現れることは絶対にあり得ないので、その意味でも、原作に対するリスペクトが足りないのでは? とゲームのファンとしては哀しくなります(前作でも〈三角頭〉の扱い方はゲームと異なっているわけですが、映画として面白ければ許せるわけです)。

唯一の救いは、主人公ヘザー役の女優さんが可愛らしかったことでしょうか。服も同じだし。でも、それだけっていうのは、いただけません。

チャック・ノリス『チャック全開!』で気分も全快!

『新黒沢』は男の本能に忠実な最強の男

関連記事

  1. 『バイオハザードRE2』

    『バイオハザード RE:2』レビュー:アンブレラ…

    〈ラクーンシティ〉を訪れるのは、この『バイオハザード RE:2』で4度目に…

  2. 『貞子vs伽椰子』

    『貞子vs伽椰子』は白石晃士監督のオレたちに対す…

    貞子と伽倻子が対決? ンなことはどーでもいいんだよ。くだらない──。普通なら…

  3. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を素直に楽しむた…

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』には賛否両論ある。問題は、あなたが作品を鑑…

  4. 『バイオショック インフィニット』1時間だけプレ…

    ふだんはいちおうひととおりクリアしてからゲームをレビューするが、取り急ぎ、1…

  5. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を本気で解明する…

    『新劇場版』の謎解きも、いよいよ最終段階……いや「概括の段階」に入った。…

  6. 『The Last of Us Part II』…

    『The Last of Us Part II』には、前作にはなかった〈仕…

  7. 『サイコブレイク ザ・アサインメント』のイメージ

    『サイコブレイク ザ・アサインメント』は主人公が…

    『サイコブレイク ザ・アサインメント』は、『サイコブレイク』のダウンロード…

  8. ponysmasher

    わずか3分で恐怖するショート・ホラー〈ponys…

    映画監督のデヴィッド・F・サンドバーグ氏は「ponysmasher」の名義…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP