『サイレントヒル:リベレーション』は原作のファンとしては哀しい

原作ゲームである〈サイレントヒル〉シリーズは、〈バイオハザード〉のパクリ、二番煎じ、パチモンです。にもかかわらず、シリーズとして何作も制作され、いまなお人気を集めているのは、〈バイオハザード〉にはない独特の魅力があったからです。

それは、たとえば血や錆にまみれたステージであったり、悪夢を見ているような不快なプレイ感覚であったり。そして、もっとも重要なのが〈エロティシズム〉だと個人的には思っています。それも、おぞましい、グロテスクなそれ。

これらの要素がなくなってしまえば、ただのホラーゲームに成り下がってしまい、それこそ映画化されることもなかったでしょう。

さて、映画版の話ですが、前作『サイレントヒル』はとても面白かった記憶がありますが、今作はどうも楽しめない。

原因ははっきりしていて、上記のような〈サイレントヒル〉ならではの「独特の魅力がない」ことです。

べつにゲームと同じように血や錆、〈エロティシズム〉が必ずしも含まれていなくても構わない。でも、今作には何もない。ほかのホラー映画と同じことをやっているだけでは、観る価値はないわけです。

ゲームと映画で最強の敵として登場する〈三角頭〉にしても、ゲームの設定上、今作の主人公ヘザーの前に現れることは絶対にあり得ないので、その意味でも、原作に対するリスペクトが足りないのでは? とゲームのファンとしては哀しくなります(前作でも〈三角頭〉の扱い方はゲームと異なっているわけですが、映画として面白ければ許せるわけです)。

唯一の救いは、主人公ヘザー役の女優さんが可愛らしかったことでしょうか。服も同じだし。でも、それだけっていうのは、いただけません。

チャック・ノリス『チャック全開!』で気分も全快!

『新黒沢』は男の本能に忠実な最強の男

関連記事

  1. おすすめ5大ホラーゲームシリーズの最後のひとつが決まらない

    「ホラーゲームをやってみたいけど、どれから始めればいいのかわからない」「名前だけは聞いたことあるけど…

  2. 黒澤作品の脚本家・橋本忍『複眼の映像』から神映画の作り方を知る

    橋本忍といえば『羅生門』『生きる』『七人の侍』のシナリオを手がけている。そう。黒澤明監督の作品に…

  3. ムカデ人間

    〈ムカデ人間〉シリーズをひとことで言えば“クソッたれ”映画

    記事のタイトルを見て「まあ、お下品!」と思った方は、ちょっと待っていただきたい。これは作品を罵倒…

  4. 『ワールド・ウォー Z』のほかのゾンビ映画にないただ1点の特徴

    ゾンビものです。それも絵に描いたような。当然、今さら感があるわけですが、実際見てみると妙に楽しい。…

  5. 『パシフィック・リム』の制作陣が“わかっていらっしゃる”こと

    特撮怪獣モノやロボット・アニメに親しんだ者が『パシフィック・リム』を観ていると、ついつい「そうそう、…

  6. われらが宿願『バイオハザード6』日本語版でおもしろさが倍増

    『バイオハザード6』の日本語版パックが8月8日に配信を開始した。これは非常に喜ばしいことだ。当ブ…

  7. 『ひぐらしブレイクアウト!』

    『ひぐらしブレイクアウト!』は〈ひぐらし〉を知らない人が聴け!

    『ひぐらしブレイクアウト!』は、同人ゲーム『ひぐらしのなく頃に奉』のイメージソングを集めた、やはり同…

  8. ponysmasher

    わずか3分で恐怖するショート・ホラー〈ponysmasher〉の…

    映画監督のデヴィッド・F・サンドバーグ氏は「ponysmasher」の名義でホラー作品をYouTub…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろな作品を評価する〈ネタバレなし〉ブログです。

最近の記事

  1. 『ぎゃふん9』パート4
  2. 『ぎゃふん9』パート3
  3. 『ぎゃふん9』パート2
  4. 『ぎゃふん9』パート1
  5. 『ぎゃふん9』表紙
PAGE TOP