『サイレントヒル:リベレーション』は原作のファンとしては哀しい

原作ゲームである〈サイレントヒル〉シリーズは、〈バイオハザード〉のパクリ、二番煎じ、パチモンです。にもかかわらず、シリーズとして何作も制作され、いまなお人気を集めているのは、〈バイオハザード〉にはない独特の魅力があったからです。

それは、たとえば血や錆にまみれたステージであったり、悪夢を見ているような不快なプレイ感覚であったり。そして、もっとも重要なのが〈エロティシズム〉だと個人的には思っています。それも、おぞましい、グロテスクなそれ。

これらの要素がなくなってしまえば、ただのホラーゲームに成り下がってしまい、それこそ映画化されることもなかったでしょう。

さて、映画版の話ですが、前作『サイレントヒル』はとても面白かった記憶がありますが、今作はどうも楽しめない。

原因ははっきりしていて、上記のような〈サイレントヒル〉ならではの「独特の魅力がない」ことです。

べつにゲームと同じように血や錆、〈エロティシズム〉が必ずしも含まれていなくても構わない。でも、今作には何もない。ほかのホラー映画と同じことをやっているだけでは、観る価値はないわけです。

ゲームと映画で最強の敵として登場する〈三角頭〉にしても、ゲームの設定上、今作の主人公ヘザーの前に現れることは絶対にあり得ないので、その意味でも、原作に対するリスペクトが足りないのでは? とゲームのファンとしては哀しくなります(前作でも〈三角頭〉の扱い方はゲームと異なっているわけですが、映画として面白ければ許せるわけです)。

唯一の救いは、主人公ヘザー役の女優さんが可愛らしかったことでしょうか。服も同じだし。でも、それだけっていうのは、いただけません。

チャック・ノリス『チャック全開!』で気分も全快!

『新黒沢』は男の本能に忠実な最強の男

関連記事

  1. 映画『悪の教典』にあって原作小説にないものとは?

    貴志祐介作品の原作はなかなか楽しめたが、その映画化だからといって、ふつうなら食指は動かない。ふつうな…

  2. 納谷悟朗さんのボクしか知らないハマリ役を3つ選びました

    3月5日、納谷悟朗さんが亡くなりました。ご本人は「声優」と呼ばれることを嫌っておられましたが、間…

  3. 『岸辺露伴は動かない』……ってなぜ先生ばかりがスピンオフ?

    岸辺露伴が活躍する短編集。作者はもちろん『ジョジョ』の荒木飛呂彦先生です。岸辺露伴をご存知の方は…

  4. 映画『TIME/タイム』日本語吹替版を平常心で見たらこうなった

    人類の成長は25歳で停止。以降は働くなどして「時間」を稼ぎ、寿命を延ばしていく。日用品なども「時間」…

  5. 『おおかみこどもの雨と雪』を独身・子なしの“負け犬”が観た御感想…

    なんか“家族の絆”みたいなのを描いているらしいよ。え〜、独身で子どももいない“シケ男”としては苦手だ…

  6. 『ゴーン・ガール』

    『ゴーン・ガール』が120%楽しくなる〈ネタバレなし〉の4ステッ…

    主人公は幸せそうに夫婦生活を送っていたが、あるとき妻が突然いなくなる。誘拐? 殺人? 謎は物語が進む…

  7. クロユリ団地

    『クロユリ団地』は前田敦子の名刺代わりの映画

    『リング』『女優霊』の中田秀夫監督だから期待するなというほうが無理ってもんです。そりゃあ、『リング2…

  8. 『バイオショック インフィニット』1時間だけプレイレビュー

    ふだんはいちおうひととおりクリアしてからゲームをレビューするが、取り急ぎ、1時間だけプレイした感想を…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろな作品を評価する〈ネタバレなし〉ブログです。

最近の記事

  1. ミュージックビデオの映像美
  2. 『バイオハザード7』
  3. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』アイキャッチ
  4. ほんとにあった!呪いのビデオ
  5. 『ぎゃふん9』パート4
PAGE TOP