『サイレントヒル:リベレーション』は原作のファンとしては哀しい

原作ゲームである〈サイレントヒル〉シリーズは、〈バイオハザード〉のパクリ、二番煎じ、パチモンです。にもかかわらず、シリーズとして何作も制作され、いまなお人気を集めているのは、〈バイオハザード〉にはない独特の魅力があったからです。

それは、たとえば血や錆にまみれたステージであったり、悪夢を見ているような不快なプレイ感覚であったり。そして、もっとも重要なのが〈エロティシズム〉だと個人的には思っています。それも、おぞましい、グロテスクなそれ。

これらの要素がなくなってしまえば、ただのホラーゲームに成り下がってしまい、それこそ映画化されることもなかったでしょう。

さて、映画版の話ですが、前作『サイレントヒル』はとても面白かった記憶がありますが、今作はどうも楽しめない。

原因ははっきりしていて、上記のような〈サイレントヒル〉ならではの「独特の魅力がない」ことです。

べつにゲームと同じように血や錆、〈エロティシズム〉が必ずしも含まれていなくても構わない。でも、今作には何もない。ほかのホラー映画と同じことをやっているだけでは、観る価値はないわけです。

ゲームと映画で最強の敵として登場する〈三角頭〉にしても、ゲームの設定上、今作の主人公ヘザーの前に現れることは絶対にあり得ないので、その意味でも、原作に対するリスペクトが足りないのでは? とゲームのファンとしては哀しくなります(前作でも〈三角頭〉の扱い方はゲームと異なっているわけですが、映画として面白ければ許せるわけです)。

唯一の救いは、主人公ヘザー役の女優さんが可愛らしかったことでしょうか。服も同じだし。でも、それだけっていうのは、いただけません。

チャック・ノリス『チャック全開!』で気分も全快!

『新黒沢』は男の本能に忠実な最強の男

関連記事

  1. 『ぎゃふん9』パート3

    精神的に向上心のないものが 死んだらどうなる?【ぎゃふん9 パー…

    死はだれにでも訪れる。やがて迎える死のために準備を整えていきたい。とはいえ、人が死んだらどうなるかな…

  2. 『超コワすぎ!』

    〈戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!〉もはや誰がバケモノなのか わか…

    フェイク・ドキュメンタリーの傑作〈コワすぎ!〉シリーズが、〈超コワすぎ!〉として再始動。現在までに2…

  3. おすすめ5大ホラーゲームシリーズの最後のひとつが決まらない

    「ホラーゲームをやってみたいけど、どれから始めればいいのかわからない」「名前だけは聞いたことあるけど…

  4. 『岸辺露伴は動かない』……ってなぜ先生ばかりがスピンオフ?

    岸辺露伴が活躍する短編集。作者はもちろん『ジョジョ』の荒木飛呂彦先生です。岸辺露伴をご存知の方は…

  5. 『ワールド・ウォー Z』のほかのゾンビ映画にないただ1点の特徴

    ゾンビものです。それも絵に描いたような。当然、今さら感があるわけですが、実際見てみると妙に楽しい。…

  6. 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』

    『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』はゲーマーの期待に応えた…

    けなす人がひとりもいない──といっても過言ではない『アンチャーテッド』シリーズ。名実ともにゲームの頂…

  7. 『バイオハザード ダムネーション』をとりあえず観ておいてよかった…

    『バイオハザード』のCGアニメーション第2弾。前作『バイオハザード ディジェネレーション』は、駄作と…

  8. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を素直に楽しむための5ステップ

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』には賛否両論ある。問題は、あなたが作品を鑑賞する前に「否」の意見を目…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろな作品を評価する〈ネタバレなし〉ブログです。

PAGE TOP