夜見野レイ(Gyahun工房)

  1. 『バイオハザード ヴィレッジ』は最後に“ゾンビゲーム”だったことがわかる

    本作の魅力を〈戸惑い〉というキーワードで読み解いてみる。

  2. 『The Last of Us Part II』は前作以上の傑作だからプレイしたくない

    プレイヤーに“不快感”を与えるゲーム体験を、あなたは受け入れられるか?

  3. 『呪怨:呪いの家』が甦らせた“呪怨のもうひとつの恐怖”とは?

    『呪怨:呪いの家』は、いままでだれもが忘れかけていた“〈呪怨〉のもうひとつの恐怖”に着目した。

  4. 【バイオハザード RE:3】ジル(プロ)とレオン(素人)をくらべれば本作はもっと楽しくなる

    ジルのプロフェッショナルぶりに着目すれば、本作をもっと堪能できる。

  5. 『バイオハザード RE:2』レビュー:アンブレラ社製〈ゾンビ〉に新たな真実が発覚!?

    名実ともにゾンビゲームの代名詞にふさわしい作品に昇華した。

  6. 『心霊玉手匣』の衝撃! 心霊現象の真実がわかってしまった……

    たまたま幽霊が撮れちゃった——などと呑気にかまえているわけにはいかない。

  7. 『バイオハザード7 レジデント イービル』は“原点回帰”ではなく“前人未到”のホラー

    『バイオハザード7 レジデント イービル』は、かつてだれも体験したことのないホラーだ。

  8. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける全巻レビュー[51〜93,etc]

    「ほんとにあった!呪いのビデオ』パート51から最新巻までの全作をレビュー

  9. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける全巻レビュー[1〜50]

    「ほんとにあった!呪いのビデオ』パート1からパート50までの全巻をレビュー

  10. 『サイコブレイク2』は“ゲームの下手な人”がプレイしてはいけない

    “ゲームの上手い人”とは、前作とのちがいを見極め、本作を堪能できるプレイヤーのことだ。

  11. 【ほんとにあった!呪いのビデオ】おわかりいただける最恐映像42選

    心霊ビデオシリーズの最高峰。全リリース作品のなかから傑作を厳選して紹介する。

  12. わずか3分で恐怖するショート・ホラー〈ponysmasher〉の作品番付

    ちょっとしたアイディアで観る者に〈闇〉を感じさせることができる。

もっと記事を見る
PAGE TOP