『コマンドー〈日本語吹替完全版〉コレクターズボックス』をレビューするから来いよベネット

Blu-ray『コマンドー〈日本語吹替完全版〉コレクターズボックス』を買った。30年近くも前の映画である。シリーズ化されているわけでもない。そんな昔の作品がなぜ今「完全版」なのか?

今回はそんな『コマンドー』の魅力を探っていこう。OK? OK! ズドン!

【ズドン!1】綿密に計算された「おバカ」

二十数年ぶりに鑑賞するまで、「大味なアクション映画」というイメージしかなかった。それは鑑賞したあとも間違っていないと思う。ツッコミどころ満載の「おバカ」な作品だ。

とはいっても、じつに綿密に、演出・脚本が計算し尽くされている「おバカ」だったのだ。

娘を奪還する物語を順当に作るなら、ヒロインのシンディは不要だ。べつにラブロマンスが展開するわけじゃない。しかし、主人公の“相方”として、むりやり同行させている。これが作品に奥行きとおかしみを与えている。

たとえば、クライマックス直前の武器の「お買い物」シーン。ふつうなら「ギリギリのところで逃げ出す」展開になるはずだ。警察との攻防を描いて、ハラハラドキドキ感を演出するのがセオリーだ。ところが本作では、あっさりと捕まってしまう。

その理由は直後にわかる。シンディがロケットランチャーをぶっ放すという魅力的なシーンを展開させるためだ。

「さらわれた娘を元兵士の父親が取り戻す」という本流のストーリーはいたってシンプルだ。しかし、あちこちでこのような小技が利いているために、まったく退屈しない。

ツッコミどころは満載だが、それは脚本の不備や演出の不自然さが原因ではない。あくまで制作者の意図によるものだ。観ている側があえてそれに乗っかり、スタッフとともに作品を作り上げていく。

この“共同作業”のしかけこそが、30年を経ても語り継がれる作品にしているわけだ。

【ズドン!2】全編に漂うチャーミングさ

この作品の底流に流れる雰囲気。それを表現する言葉は「チャーミング」がふさわしいと思う。

映画の冒頭、背後から忍び寄る娘の姿を手斧の反射で見ているシーンから、すでにかわいい。このやりとりがあるから、「娘の奪還のためには手段を選ばない」という動機に妙な説得力が生まれる。

言うまでもなく、主人公のふるまいは知的とはいえない。行き当たりばったりだ。それも娘を想うあまり正気を失っているという説明がつく。

リアルな映画ではない。あくまで虚構としての「大いなる嘘」を楽しむ作品だ。だから、リアリティはいらないが説得力は必要だ。

娘のジェニー、ヒロインのシンディ、敵のベネット(!)と、どのキャラクターも愛くるしい。

アクション映画でありながら、まったく男くさくないところも、人気の秘密といえよう。

【ズドン!3】至高の日本語吹き替え版

商品としては、2バージョンの日本語吹き替え版の収録が目玉となる。同じ作品をバージョンの違いで何度も楽しめるのは、吹き替えならではだ(字幕だとここまではいかない)。

では、恒例の配役リストをコピペしよう。

[玄田哲章バージョン]

  • メイトリックス ⇒ 玄田哲章
  • ジェニー ⇒ 岡本麻弥
  • シンディ ⇒ 土井美加
  • アリアス元大統領 ⇒ 小林勝彦
  • ベネット ⇒ 石田太郎

[屋良有作バージョン]

  • メイトリックス ⇒ 屋良有作
  • ジェニー ⇒ 冨永みーな
  • シンディ ⇒ 小山茉美
  • アリアス元大統領 ⇒ 千葉耕市
  • ベネット ⇒ 青野武

個人的になじみのあるのは玄田さん版だったが、ほかのキャストはほとんど忘れており、初見に近い感覚で視聴した。

また、じつは屋良さんのほうが先に放映されたというのも驚きだった(『プレデター』のシュワちゃんは屋良さんのイメージがある)。しばらく時間を置いて、屋良さん版を視聴するつもりだ。

今回は、配役を紹介するに留め、両者の比較はいずれこのブログで行いたい。

葉真中顕『ロスト・ケア』で分かるこれからの社会派小説のありかた

サキはみんなのアイドル!【天使の街キャラクター紹介4】

関連記事

  1. 『劇場版 零』スチール

    射影機が登場しない『劇場版 零~ゼロ~』なんて『…

    原作ゲームの『零』シリーズは、好きなホラーゲームのうちのひとつだ。その映画化…

  2. 『ターミネーター:新起動 ジェニシス』

    『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 このシリ…

    〈ターミネーター〉と呼ばれる殺人マシーンが未来からやってきて、主人公を殺そう…

  3. 映画『バイオハザードV』がなぜか傑作に思えてくる…

    時間がない場合はスルーでOK[1]ここは作品レビューのブログである[2]…

  4. 『超コワすぎ!』

    〈戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!〉もはや誰がバケ…

    フェイク・ドキュメンタリーの傑作〈コワすぎ!〉シリーズが、〈超コワすぎ!〉と…

  5. 黒澤作品の脚本家・橋本忍『複眼の映像』から神映画…

    橋本忍といえば『羅生門』『生きる』『七人の侍』のシナリオを手がけている。そう…

  6. 黒沢清+蓮實重彦『東京から 現代アメリカ映画談義…

    黒沢清と蓮實重彦の“師弟対談”で、まあこれほどの映画のプロ(いいかえれば「映…

  7. 『フラーハウス』

    『フルハウス』の続編『フラーハウス』をこれから観…

    アメリカのコメディー・ドラマの金字塔であり、世界遺産レベルの傑作と言っても過…

  8. 『シュガー・ラッシュ』はゲーマー必見ってだけじゃ…

    人気ゲームの悪役ラルフが嫌われ役を演じることに嫌気がさし、自分のゲームから逃…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。

フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 24-live-another-day
  2. 『貞子vs伽椰子』
PAGE TOP