【敵情視察】アヲイ『無責任姉妹』は無責任だから誰も傷つかない

〈敵情視察〉は、セルフ・パブリッシングの本を読み、「なぜ面白いのか」を考察して、美味しい部分を自分の作品に取り込んでしまおうという邪悪な意図を持った企画だ。

今回は、アヲイ氏の『無責任姉妹』シリーズを俎上にのせてみたい。

ライトノベルによくある学園モノかと思って読み進めていると、「ん? これは……!?」と、予想と違う展開──いや、味わいに驚かされる。そして、それこそが、本シリーズの魅力だと気づく。

なお、ここで取り上げるのは『1 漆田琴香、煩悶ス。』と『2: 漆田風奈、逆上ス。』の2作。『1』だけでは物語は完結せず、事の顛末を見届けるには、『2』も読む必要がある。

それでは、本シリーズの注目ポイントを挙げていこう。

高校の生徒会長選挙は人生の一大事ではない

舞台は、生徒総数2400人を誇るマンモス高校。ここで行なわれる生徒会長選挙で騒動が巻き起こるというストーリーだ。

登場人物は、再選を目指す現・生徒会長に、政権奪取を狙う男子生徒。そこに主人公の〈無責任姉妹〉が絡んでくる。

それにしても、生徒会長選挙である。国政選挙でさえ無関心の人が多くなっている昨今、いったい何人の生徒が関心を持つだろうか。実際、本シリーズでもほとんどの生徒が興味を示していない。

主人公たちにとっては、もちろん目下の関心事ではあるが、人生を賭けるほどのものでもない。

つまり、本シリーズで扱っている“事件”は、もともと誰にとっても“どーでもいいこと”なのだ。そこに本シリーズのおかしみが潜んでいる。

にもかかわらず大人顔負けのはかりごと

そんな生徒会長選挙において、大人顔負けの謀略・陰謀・根回し・裏工作がはびこる。

そう。それは、まるで企業小説を読んでいるかのよう。

もっとも、企業小説であれば、登場人物は“大人”であるから、出世のために他人を蹴落とすこともしよう。手柄を立てるために裏工作もしよう。誇張して表現されることはあっても、等身大ではあるわけだ。

ところが、たかが高校の生徒会長選挙で“泥沼の抗争”。セリフや描写が、いちいちオーバー。そこにミスマッチの妙が生まれているのだ。

しょせんは学校のイベントだから誰も傷つかない

もし、これが企業小説ならば、主人公たちのはかりごとによって、失脚したり職を追われたり堀の向こう側に落ちたりと、何らかの不幸が訪れるだろう。人生を狂わされる者もいるかもしれない。主人公の勝利は、敵の敗北だ。

だが、生徒会長選挙は、そもそも誰にとっても人生に影響するものではない。誰が“勝利”しても、傷つく者などいない。

物語がどんな結末を迎えようと、後味は悪くならないわけだ。

コメディだからこそ作者は笑わない

本シリーズは、生徒会長選挙という“戯れ言”に謀略をめぐらすという“茶番”を描いている。

にもかかわらず、語り口はきわめて硬派だ。

もし、馬鹿馬鹿しい話だからと、文体まで軽薄なものにしてしまえば、読者は逆に冷える。興が削がれること甚だしい。

物語がおもしろおかしいものであるからこそ、作者はけっして笑ってはならない。本シリーズは、この鉄則を誠実に守っている。

また、本シリーズの主人公は女子高生の姉妹で、いちおう美少女と説明されている(表紙のイラストもそのように描かれている)。ところが、意外にも(というのも変だが)恋愛要素がほとんどない。

だからこそ、登場人物のドタバタぶりがより引き立つのだ。

やはりキャラクターが魅力的なのが大前提

これまで挙げてきた要素は、やはり登場キャラクターたちに魅力があるからこそ活きている。

〈無責任姉妹〉は、その名のとおり「無責任」。では、まわりがまともかというと、そういう人物は出てこない(教師も含めて)。

いわゆる“ツッコミ役”が不在であり、騒動に収拾がつかなくなるのが本シリーズの見どころといえる。

とはいっても、それは高校の中で起こるひとつのイザコザにすぎない。主人公が成長するとか、世界が変わるとかいう話ではない。明日からは、また同じ日常が繰り返されていくのだ。

逆にいえば、いつ同じような騒動が巻き起こってもおかしくないわけだ。

本シリーズは続編も予定されているようだが、今度はどんなドタバタが起こるのか楽しみだ。

©milatas – Fotolia.com

【敵情視察】初瀬明生『ヴィランズ:悪役たちの物語』の真の主人公は誰だったのか?

『銀幕の声』【敵情視察】水瀬ハルキ『銀幕の声』から正しい娯楽作品の作り方を学ぶ

関連記事

  1. 近未来を舞台にした藤井太洋『UNDER GROUND MARKE…

    その名のとおり「地下経済」をテーマとしたSF小説。2018年という近未来を舞台にしていて、描かれてい…

  2. 『荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟』を自称・小説家が読んだ感想

    荒木先生の映画に関する本は『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』に続いて2冊目です。前作と同様に、映…

  3. もしも日野瑛太郎『脱社畜の働き方』を自分の部下が読んできたら?

    日野瑛太郎『脱社畜の働き方〜会社に人生を支配されない34の思考法』 を読んだ。「脱社畜ブログ」の…

  4. 鈴木輝一郎『新・何がなんでも作家になりたい!』の身も蓋もない真実…

    セルフ・パブリッシングで小説を書いている者として、勉強のために『新・何がなんでも作家になりたい!』を…

  5. バケモノ退治は〈でもんず〉におまかせ!【天使の街・世界観の紹介2…

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街』の世界観を解説していくシリーズ。前回の〈テンシ〉に続きまし…

  6. マヨ先生に見た目と性格のギャップ萌え!?【天使の街キャラクター紹…

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街~プライマリー~』は2013年の配信を目指して、鋭意製作中[…

  7. ガールズ・ラブ小説『天使の街~プライマリー~』を2013年に配信…

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー小説『天使の街~プライマリー~』は、2013年配信を目指して鋭意制…

  8. 『翻訳がつくる日本語』で「女言葉」がよくわかるわ

    現代の日本で「○○だわ」「△△のよね」という話し方をする女性や、「やあ、●●かい?」「◎◎◎さ」のよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろな作品を評価する〈ネタバレなし〉ブログです。

最近の記事

  1. ミュージックビデオの映像美
  2. 『バイオハザード7』
  3. 『ほんとにあった!呪いのビデオ』アイキャッチ
  4. ほんとにあった!呪いのビデオ
  5. 『ぎゃふん9』パート4
PAGE TOP