『バイオショック インフィニット』1時間だけプレイレビュー

ゲーム

ふだんはいちおうひととおりクリアしてからゲームをレビューするが、取り急ぎ、1時間だけプレイした感想をお届けする。クリア後にはまた印象が変わるかもしれない。

まずは、「天空都市コロンビア」の存在感に圧倒される。

「天空の街」というのは、ゲームでは目新しいモチーフではない。ただし、これまではあくまで抽象的な再現にとどまる。

街で立ち話をしているキャラクターにもセリフが与えられ、しゃべる。文字ではない。生きた人間の言葉としてだ(もちろん、音声は日本語)。

この劇的空間をさまようだけでも楽しい。空に浮かぶ街は複数あり、お互いにドッキングし、人々が行き来する。ドッキングの時刻表が置かれていたりして、そんなディティールに目を向けてるうちに、あっという間に1時間が経ってしまった。

時間ぎりぎりのところで、実は主人公が「おたずねもの」であることがわかり、警官から攻撃されてしまう。

まあ、ゲームだから反撃したが、これは正しいことなのか。

──などと罪悪感を覚えつつも、射撃の爽快感の誘惑には勝てない。ついつい拳銃やショットガンをぶっぱなしちまう。

どうやらこの街には怪しい宗教がはびこっているようだ。剣呑な雰囲気が漂っている。

まだヒロインは登場していない。どんな少女なのか。どんな物語が展開していくのか。今から楽しみだ。

※旧ブログの過去作レビューはこちら。

『BIOSHOCK2(バイオショック2)』──ほんのちょっとがとっても大事

『BIOSHOCK(バイオショック)』──誇張とリアルの奇妙なバランス

ぎゃふん工房(米田政行)

ぎゃふん工房(米田政行)

フリーランスのライター・編集者。インタビューや取材を中心とした記事の執筆や書籍制作を手がけており、映画監督・ミュージシャン・声優・アイドル・アナウンサーなど、さまざまな分野の〈人〉へインタビュー経験を持つ。ゲーム・アニメ・映画・音楽など、いろいろ食い散らかしているレビュアー。中学生のころから、作品のレビューに励む。人生で最初につくったのはゲームの評論本。〈夜見野レイ〉〈赤根夕樹〉のペンネームでも活動。収益を目的とせず、趣味の活動を行なう際に〈ぎゃふん工房〉の名前を付けている。

関連記事

オススメ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房(米田政行)

ぎゃふん工房(米田政行)

〈ぎゃふん工房〉はフリーランス ライター・米田政行のユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。このサイトでは、さまざまなジャンルの作品をレビューしていきます。

好評シリーズ

最近の記事
おすすめ記事
  1. 『戦慄怪奇ワールド コワすぎ!』は間違ってないけど正解じゃない

  2. 『呪詛』の“呪いの仕掛け”は虚仮威しだが新たな恐怖を得られる

  3. 『このテープもってないですか?』の恐ろしさがあなたにわかりますか?

  1. 『戦慄怪奇ワールド コワすぎ!』は間違ってないけど正解じゃない

  2. 『天使の街』10周年! サイトリニューアル&新作制作開始

  3. 神田神保町〈猫の本棚〉で ぎゃふん工房のZINEを販売!

TOP
CLOSE