『バイオショック インフィニット』1時間だけプレイレビュー

ふだんはいちおうひととおりクリアしてからゲームをレビューするが、取り急ぎ、1時間だけプレイした感想をお届けする。クリア後にはまた印象が変わるかもしれない。

まずは、「天空都市コロンビア」の存在感に圧倒される。

「天空の街」というのは、ゲームでは目新しいモチーフではない。ただし、これまではあくまで抽象的な再現にとどまる。

街で立ち話をしているキャラクターにもセリフが与えられ、しゃべる。文字ではない。生きた人間の言葉としてだ(もちろん、音声は日本語)。

この劇的空間をさまようだけでも楽しい。空に浮かぶ街は複数あり、お互いにドッキングし、人々が行き来する。ドッキングの時刻表が置かれていたりして、そんなディティールに目を向けてるうちに、あっという間に1時間が経ってしまった。

時間ぎりぎりのところで、実は主人公が「おたずねもの」であることがわかり、警官から攻撃されてしまう。

まあ、ゲームだから反撃したが、これは正しいことなのか。

──などと罪悪感を覚えつつも、射撃の爽快感の誘惑には勝てない。ついつい拳銃やショットガンをぶっぱなしちまう。

どうやらこの街には怪しい宗教がはびこっているようだ。剣呑な雰囲気が漂っている。

まだヒロインは登場していない。どんな少女なのか。どんな物語が展開していくのか。今から楽しみだ。

※旧ブログの過去作レビューはこちら。

『BIOSHOCK2(バイオショック2)』──ほんのちょっとがとっても大事

『BIOSHOCK(バイオショック)』──誇張とリアルの奇妙なバランス

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を素直に楽しむための5ステップ

『アウトレイジ ビヨンド』を名作にした前作とのただひとつの違い

関連記事

  1. 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』

    『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』はゲーマ…

    けなす人がひとりもいない──といっても過言ではない『アンチャーテッド』シリー…

  2. 『ザ・コンセクエンス』

    『サイコブレイク ザ・コンセクエンス』で装置に接…

    『サイコブレイク ザ・コンセクエンス』は、『サイコブレイク』のダウンロードコ…

  3. 『サイレントヒル:リベレーション』は原作のファン…

    原作ゲームである〈サイレントヒル〉シリーズは、〈バイオハザード〉のパクリ、二…

  4. 『バイオハザード6』を買おうか迷っている人に伝え…

    『バイオハザード6』には賛否両論があるが、ここでは各シナリオのどの部分に注目…

  5. 『バイオハザードRE2』

    『バイオハザード RE:2』レビュー:アンブレラ…

    〈ラクーンシティ〉を訪れるのは、この『バイオハザード RE:2』で4度目にな…

  6. 『シェンムーⅢ』のプレイ中に感じた“…

    『シェンムーⅢ』は、前作より18年の時を経て発売。往年のセガ・ハード〈ドリ…

  7. 『バイオハザード7』

    『バイオハザード7 レジデント イービル』は“原…

    『バイオハザード7 レジデント イービル』は、ホラーゲームの代名詞ともいえる…

  8. 『ひぐらしブレイクアウト!』

    『ひぐらしブレイクアウト!』は〈ひぐらし〉を知ら…

    『ひぐらしブレイクアウト!』は、同人ゲーム『ひぐらしのなく頃に奉』のイメージ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 心霊玉手匣
PAGE TOP