映画『キャビン』の感想を〈ネタバレ〉なしで書く

「ここから先の展開は絶対に読めない」という予告編の挑発に乗って映画館に行こうとしたのですが、結局見逃してしまったので、レンタルブルーレイで観賞しました。

賛否両論ある予告編ですが、正しい宣伝のありかただと思う。だって、「観たい」と思わせたのですから。

しかし、ミステリーなどのように物語展開をひねり、観客をいい意味で騙すようなタイプの映画なのかといえば、違います。

予告編で隠そうとしている要素というのは、最初の犠牲者が出た時点でなんとなく想像がつきます。

ですから、『ソウ』とか『ステイ』とか『“アイデンティティー”』とか、はたまた、かつてのシャマラン作品のような「最後にあっと驚く大どんでん返し」を狙った映画ではない、ということです。いたずらに予告編に躍らされて「この先の展開を予想してやるぞ!」と意気込みすぎると、本作品の魅力は堪能できないかもしれないのです(その意味では予告編は罪作りともいえます)。

この映画を「ホラー」と呼ぶのかどうか、ちょっと躊躇してしまうものの、かといって「ホラー」をおちょくっているとか、軽視しているとかいうことはないし、けっしてホラー好きを裏切るような映画ではありません。

「こういうの観たかったんだろ? オレたちもだよ」というホラー映画に対する制作者の〈愛〉が感じられますし、もちろん私たちもそれに同調できます。

そして、「こういうの観たかったんだろ?」という想いが、この映画の中でどんな役割を果たしているかを考えると、なかなか計算し尽くされた設定であることがわかります。

過去の作品をリスペクトしながら、自分たちのやりたいことをやり、まったく新しい作品を創り出す。なおかつ観客も満足させる。

まさに作り手にも受け手にも幸福をもたらす傑作といえましょう。

『荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟』を自称・小説家が読んだ感想

『まんが道』はすべての人の〈バイブル〉だ

関連記事

  1. 黒澤作品の脚本家・橋本忍『複眼の映像』から神映画…

    橋本忍といえば『羅生門』『生きる』『七人の侍』のシナリオを手がけている。そう…

  2. frankensteins-army

    『武器人間』は新旧ドラ声優の“狂演”に瞠目せよ

    予告編をドラえもんの大山のぶ代が務め、本編の日本語吹き替え版を、のび太・スネ…

  3. 『テッド』はギャグがわからなくても楽しめるという…

    劇場公開時、予告編を観たとき、華麗にスルーしてしまった。クマのぬいぐるみが言…

  4. 黒沢清+蓮實重彦『東京から 現代アメリカ映画談義…

    黒沢清と蓮實重彦の“師弟対談”で、まあこれほどの映画のプロ(いいかえれば「映…

  5. 『サイコブレイク ザ・アサインメント』のイメージ

    『サイコブレイク ザ・アサインメント』は主人公が…

    『サイコブレイク ザ・アサインメント』は、『サイコブレイク』のダウンロードコ…

  6. コワすぎ!

    『戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 最終章』に裏切ら…

    前作『史上最恐の劇場版』で異界に取り込まれたディレクター・工藤とアシスタント…

  7. 『サイレントヒル:リベレーション』は原作のファン…

    原作ゲームである〈サイレントヒル〉シリーズは、〈バイオハザード〉のパクリ、二…

  8. 『シン・ゴジラ』

    『シン・ゴジラ』は9条信者も非信者も両方OK!

    「怪獣が日本を襲う」。『シン・ゴジラ』は、ただそれだけの映画だ。にもかかわら…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. 『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』
  2. 『封印映像』
  3. サイコブレイク
  4. 『銀幕の声』
  5. SCANDAL『HELLO-WORLD』のイメージ
PAGE TOP