映画『キャビン』の感想を〈ネタバレ〉なしで書く

「ここから先の展開は絶対に読めない」という予告編の挑発に乗って映画館に行こうとしたのですが、結局見逃してしまったので、レンタルブルーレイで観賞しました。

賛否両論ある予告編ですが、正しい宣伝のありかただと思う。だって、「観たい」と思わせたのですから。

しかし、ミステリーなどのように物語展開をひねり、観客をいい意味で騙すようなタイプの映画なのかといえば、違います。

予告編で隠そうとしている要素というのは、最初の犠牲者が出た時点でなんとなく想像がつきます。

ですから、『ソウ』とか『ステイ』とか『“アイデンティティー”』とか、はたまた、かつてのシャマラン作品のような「最後にあっと驚く大どんでん返し」を狙った映画ではない、ということです。いたずらに予告編に躍らされて「この先の展開を予想してやるぞ!」と意気込みすぎると、本作品の魅力は堪能できないかもしれないのです(その意味では予告編は罪作りともいえます)。

この映画を「ホラー」と呼ぶのかどうか、ちょっと躊躇してしまうものの、かといって「ホラー」をおちょくっているとか、軽視しているとかいうことはないし、けっしてホラー好きを裏切るような映画ではありません。

「こういうの観たかったんだろ? オレたちもだよ」というホラー映画に対する制作者の〈愛〉が感じられますし、もちろん私たちもそれに同調できます。

そして、「こういうの観たかったんだろ?」という想いが、この映画の中でどんな役割を果たしているかを考えると、なかなか計算し尽くされた設定であることがわかります。

過去の作品をリスペクトしながら、自分たちのやりたいことをやり、まったく新しい作品を創り出す。なおかつ観客も満足させる。

まさに作り手にも受け手にも幸福をもたらす傑作といえましょう。

『荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟』を自称・小説家が読んだ感想

『まんが道』はすべての人の〈バイブル〉だ

関連記事

  1. 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の謎を徹底的に解…

    「我らの願いはすでにかなった」「よい 全てこれでよい」『シン・エヴ…

  2. 『超コワすぎ!』

    〈戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!〉もはや誰がバケ…

    フェイク・ドキュメンタリーの傑作〈コワすぎ!〉シリーズが、〈超コワすぎ!〉と…

  3. 『Zアイランド』

    品川ヒロシの『Zアイランド』にホラーマニアが驚い…

    品川祐といえば、「おしゃべりクソ野郎」(©有吉弘行)という言葉に象徴されるよ…

  4. 戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版

    〈戦慄怪奇ファイル コワすぎ!〉は白石監督がコワ…

    怪奇現象のドキュメンタリーを制作しているスタッフのもとへ、不可思議な映像が記…

  5. 『ターミネーター:新起動 ジェニシス』

    『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 このシリ…

    〈ターミネーター〉と呼ばれる殺人マシーンが未来からやってきて、主人公を殺そ…

  6. 『ダイ・ハード〈日本語吹替完全版〉』は頂戴した、…

    『ダイ・ハード<日本語吹替完全版>コレクターズ・ブルーレイBOX…

  7. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を本気で解明する…

    前回から引き続き『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を考察していこう。前回は以…

  8. 高橋葉介『ヘビ女はじめました』の〈単刀直入ホラー…

    〈単刀直入〉という言葉があります。「前置きになしにいきなり本題に入る」という…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP