『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の謎を徹底的に解明する[準備編 その4]13番目の使徒に堕とされる

前ページまでの考察で「第1使徒の僕が13番目の使徒にとされるとは…」の謎は解けた。だが、すっきりしないなにかが残った。そこでこのページでは、カヲルのキモチに寄りそいながら、再度考えてみる。

カヲルは恩を仇で返された

何度も恐縮だが、『新劇場版』の謎を代表するセリフに着目する。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』

今度こそ君だけは
幸せにしてみせるよ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』
©カラー

これまでの考察で得られた結論から、このセリフの裏には次のような真実が隠されていると考えられる。

『破』の終盤、〈Mark.06〉に搭乗していたとき、おそらくカヲルは〈ゼーレ〉の意向に逆らうつもりだった可能性が高い。

〈ゼーレ〉の意向に従って計画を実行すれば人類は滅亡するのだから、シンジを幸せにすることにはならないだろう。

〈死海文書外典〉によって「シンジが不幸になる」状況が起こらないのなら、カヲルが〈ゼーレ〉を裏切る必要などない

〈外典〉こそが真実であることをカヲルは知っているので、自分なりの計画を実行している。

『新劇場版』の物語全般をとおして、カヲルのやろうとしていることは、

〈死海文書(正典・外典)〉にもとづく〈人類補完計画〉の阻止

であることは、もはやあなたには釈迦に説法だろう。カヲルは「今度こそ君だけは幸せにしてみせるよ」を実現しようとしているわけだが、結果的にカヲルの行為は

人類(リリン)を幸せにする

ことにつながる点も、あなたに異論はないであろう。だからこそ、『新劇場版』では、カヲルはある種の“正義の味方(ヒーロー)”のように描かれているわけだ。

しかしながら、「第1使徒の僕が13番目の使徒にとされ」てしまった。あろうことか、自分が救うはずのリリンの手によって。

いわば恩を仇で返されたことになる。

カヲルのココロに、絶望と哀しみ、あきらめの感情がわきあがったことは想像に難くない。

それでも、状況を変える手立てがあったなら、カヲルもそこまで悔しがったりはしないだろう。「世界をやり直す」という計画の実現に向けて奮闘したはずだ。その点でシンジとは異なる。

だが、あなたもご存じのとおり、時はすでに遅し。気づいたときにはその手段は完全に奪われていたのだ。

自分を罠にはめた張本人であるゲンドウには、皮肉もこめて“称賛”の声を送りたくなったにちがいない。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

さすがリリンの王
シンジ君の父上だ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
©カラー

先に考察したように、〈死海文書(正典)〉の大義名分は次のようなものだった。

〈リリス〉は〈ヒト〉vs〈使徒〉の生存競争における審判のような存在。〈ヒト〉は〈使徒〉との競争に勝てば、〈リリス〉によって、より高みの存在になれる。

これは人類(リリン)を利用するための方便であったこともすでに見てきたとおり。

だが、カヲルは人類(リリン)によってこの「生存競争」の相手にされ、なおかつ敗北してしまった——そんなふうに考えることもできよう。

そうすると、次のセリフも味わい深いものになる。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

始まりと終わりは
同じというわけか

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
©カラー

そもそもの始まりは人類と〈使徒〉との「生存競争」であった。そして、やはり「生存競争」によってすべては終わったのだ——カヲルはそう思ったのだろう。

『Q』こそがホンモノの『新劇場版』

今回の考察は以上で終わる。ここまでたどりついたあなたには、感謝の意を表したい。

当ブログの〈メタフィクション(仮想現実)〉説を前提に、もう少しだけカヲルの境遇を分析すると、趣深い真実も見えてくる。あとちょっとだけお付き合いいだきたい。

すでに考察してきたとおり、ゲンドウは〈ゼーレ〉の裏をかこうとしており、カヲルもまた〈ゼーレ〉にしたがうつもりはなかった

ということは——。

ゲンドウとカヲルの目的は、じつは一致していたのだ。いずれも、計画が実現すれば〈ゼーレ〉の思惑ははずれ、人類が救われることになるのだから。

しかしながら、ゲンドウはカヲルが〈ゼーレ〉に逆らおうとしていることを知らない。カヲルもゲンドウが〈ゼーレ〉を裏切ろうとしていることは知る由もない

もしも、ふたりがお互いの真の目的を知っていたとしたら、手と手を取りあって共闘し、〈ゼーレ〉を倒す——そんな展開もありえた。

だが、結果はみなさんもご覧になったとおりだ。

これは、ゲンドウもカヲルも知りえない、作品を観る者だけがつかめる真実といえる。

カヲルとは別の意味で、あなたのココロに「絶望と哀しみ、あきらめの感情」がわきあがってこないだろうか?

そんな想いを抱えながら、『Q』のラストの展開を観てみよう。

アスカは、シンジを助けにやってくる。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
©カラー

アスカが救いにきたのは、物語上はシンジだ。だが、物語の外から眺めれば、茫然自失となっている私たちなのかもしれない。少なくとも作品を観る者はアスカには“頼もしさ”を感じたはずだ。

エンディングで宇多田ヒカルの歌う「桜流し」は、そんな傷ついた者たちのココロを包みこむ。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』および『破』は、旧劇場版のリメイクだ。『破』のラストの展開はやや異なるものの、ストーリーはおなじ。(あえて悪くいえば)画面が綺麗になっただけ、といえなくもない。

しょせん『序』『破』は“テストタイプ”と“プロトタイプ”。『Q』こそがホンモノの『新劇場版』なのだ。

当ブログはそう考えている。

さて、『シン・エヴァ』は“ホンモノ”を超えることができるだろうか?


冒頭で「『シン・エヴァ』の公開までに、あと2つの大きな謎を解かねばならん」と述べた。残されたもうひとつの大きな謎は「ヴィレ、誕生」だろう。“空白の14年間”に起こった〈サードインパクト〉についてはつぶさに分析したが、ヴィレがどのような経緯で誕生したかなど、ミサトたち登場人物の動きについては不明なままだ。

とはいえ、残念ながら、『シン・エヴァ』の公開までにその謎を解くのは無理かもしれない……。

[2020年4月17日追記]公開の延期が決定しました。「『ヱヴァ』制作陣の動きも計算内だ。今はこれでいい」「チャーンス!」

固定ページ:
1 2 3 4

5

リトルマガジン『Gyahun⑪ 今日からはじめる痴的生活』リリース【無料プレゼント中】

『シェンムーⅢ』のプレイ中に感じた“モヤモヤ”の正体がわかった

関連記事

  1. 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の謎を徹底的に解…

    2019年7月19日、劇場やスマホアプリで『シン・エヴァンゲリオン劇場版』…

  2. シド・ミード展

    〈シド・ミード展〉は誰でも未来を創造するヒントを…

    世界的に著名なインダストリアル・デザイナーで、日本でも映画『ブレードランナー…

  3. 『ワールド・ウォー Z』のほかのゾンビ映画にない…

    ゾンビものです。それも絵に描いたような。当然、今さら感があるわけですが、実際…

  4. ゾンビ映画のイメージ

    ゾンビ映画の初心者に贈る! いますぐ観たくなる名…

    ゾンビの出てくる映画はゴマンとある。怖いものから笑えるもの、おもしろいものか…

  5. アニメ「ジョジョ」はなぜおもしろいか? 遅ればせ…

    忙しい日常を送っているとき、ふと頭をよぎることがある。「自分は大切な何かを忘…

  6. 『ターミネーター:新起動 ジェニシス』

    『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 このシリ…

    〈ターミネーター〉と呼ばれる殺人マシーンが未来からやってきて、主人公を殺そう…

  7. 『DD北斗の拳』をギャグアニメとして認めたくない…

    黄金期の『ジャンプ』を象徴する作品のひとつである『北斗の拳』。それをギャグア…

  8. 『翻訳がつくる日本語』で「女言葉」がよくわかるわ…

    現代の日本で「○○だわ」「△△のよね」という話し方をする女性や、「やあ、●●…

コメント

  1. アバター

    こんにちは。こちらの記事に死海文書についての私の考察を全てまとめたのですが、10までと11からでは全く性質が違うことが分かりました。
    こちらの記事で言われていることと整合性があると思いますので、ぜひ一読して頂ければと思います。

    • ありがとうございます! のちほど拝見いたします。

      どうぞよろしくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろなジャンルの作品をみなさんといっしょに楽しむ〈ネタバレなし〉ブログです。フリーランス・ライターのユニット〈Gyahun工房〉が趣味を全開にしてお届けしています。

おすすめの記事

  1. シドニアの騎士
PAGE TOP