『新黒沢』は男の本能に忠実な最強の男

久しぶりに出会った黒沢は“煩悩”まみれでした。

チャック・ノリスと同様、僕らのヒーローであり、そして最強の男である黒沢。前作のラストで、死んでしまったような描写があったけど、じつは生きていた──ではなく、あそこでほんとうに死んでいて、天国のシーンから今作は始まります。

久しぶりに出会った黒沢は“煩悩”まみれでした。つまりえっちなことしか頭にない。

黒沢は私より少し年上だと思うけど、その振る舞いには「そこまでして……」という想いを抱かずにはいられません──といいたいところだけど、私が特殊で黒沢のほうが普通なのだろうな。

前作の黒沢と比較すると、より自分の“欲”に対して正直で、どこかすがすがしささえ感じさせます。そこにしびれるあこがれ……はしないけど、最強の男にふさわしいことは間違いありません。

これからどんな“伝説”が作られているのか楽しみです。

『サイレントヒル:リベレーション』は原作のファンとしては哀しい

ブログの記事をまとめた本『ぎゃふん5』の電子書籍版を無料提供!

関連記事

  1. 『岸辺露伴は動かない』……ってなぜ先生ばかりがス…

    岸辺露伴が活躍する短編集。作者はもちろん『ジョジョ』の荒木飛呂彦先生です。…

  2. 『まんが道』はすべての人の〈バイブル〉だ

    『まんが道』は藤子不二雄A氏が自身の半生を描いたもの。藤子不二雄A氏を知らな…

  3. 『ジョジョ』第4部の名言

    仕事で成果が上がる! 『ジョジョ(第4部)』の名…

    この春、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』(第4部)のアニメ…

  4. 『トネガワ』

    『中間管理録トネガワ』の圧倒的レビューっ……!

    『中間管理録トネガワ』は、福本伸行の代表作である『カイジ』シリーズのスピンオ…

  5. 『ジョジョリオン』を読んで自分がなぜジョジョ好き…

    『ジョジョ』のコミックは第1部〜第6部まで愛読していたが、第7部『スティール…

  6. アニメ版『ジョジョの奇妙な冒険』

    アニメ『ジョジョ』(第3部)は原作の完全移植だが…

    アニメ版『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』(第3部)は、…

  7. 武論尊『原作屋稼業 お前はもう死んでいる?』であ…

    みなさんは著者の武論尊氏をご存知でしょうか? ぼくらの世代なら知らない人はい…

  8. 「時間とお金のどちらが大切か」その答えを僕たちは…

    〈時間〉が〈お金〉になった世界の悲劇朝。男は目を覚ますと、腕の時計…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP