映画『バトルシップ』は今さら異星人侵略モノだけど観る価値アリ

何も考えず、ただただ画面に没頭する。人生の一部をそんな“映像体験”に費やしてもいい。

地球に侵略してくる(正確には侵略しようとしている)エイリアンたちと戦う話。それって『いんでぃぺんでんす・でい』じゃない? 今さらじゃない? 観る価値なくない? いや、ある!

【観る価値アリ1】ひたすらゴージャス

ユニバーサル・ピクチャーズ100周年記念作品。投入された費用や人員の量は尋常でない。それが画面から説得力を持って伝わってくる。

とにかく映画のたたずまいがパワフルかつゴージャス。このあたりはハリウッド映画の面目躍如といったところだ。

バトルシーンの爽快感、カメラーワークの疾走感、ド派手大音響がもたらす生理的快楽は格別なもの。

何も考えず、ただただ画面に没頭する。人生の一部をそんな“映像体験”に費やしてもいい。

【観る価値アリ2】わかりやすすぎるストーリー

本作は奇をてらわない王道ストーリー。今、何が起こっているのか、これから何をしようとしているのか、気持ちのいいくらい明白だ。

これを味気ないという人もいるかもしれない。底が浅いという批判もあるかもしれない。

でも、「“映像体験”に時間を費や」すための映画なら、この脚本はただひとつの正解といえる。

【観る価値アリ3】人物に肉薄する描写

巨大な戦艦同士の大規模な攻防だけでなく、人vsエイリアンのミクロな状況もバランスよく描かれている。

だから、「高見の見物」という感じではなく、観客も騒ぎの渦中に投げ込まれたような錯覚を覚える。

登場人物たちの汗や息遣いを感じられるような、ほどよい臨場感を味わえるのは魅力だ。

【観る価値アリ4】意匠にあふれるメカ

アイディアあふれる兵器たち──っていいたいけど、ぶっちゃけ、敵の戦艦は「メタルギア」にしか見えない。エイリアンの着ているスーツもどっかで見たような感じだ。これをマイナス評価するかどうかは、人それぞれだが、個人的には十分にアリだ。

敵の主力である“ヨーヨー”みたいな兵器はオリジナリティがある。“ヨーヨー”を追いかけるようにカメラが縦横に動き回るシーンは楽しい。戦術的にも、映画の演出としても、すばらしい発明といえる。

序盤が惜しい

強いて欠点を挙げれば、序盤のテンポが悪い。主人公のダメダメを描くシーン(“ピンクパンサー”の場面)ははっきり言っていらんだろう。だって、彼の成長を描く映画ではないのだから(いや、制作者はそのつもりかもしれんが)。

敵戦艦の操縦席を撃つシーンも腑に落ちない。他の部分は「わかりやすすぎる」のに、ここだけ何の説明もないのは不思議だ。

マニアックなところでは、『24 -TWENTY FOUR- シーズン6』を観ていると、ピーター・マクニコルの登場にニヤリとするはずだ(日本語版声優も同じ佐々木省三氏である)。

原作のゲームはつまらなそうだな。

『エクスペンダブルズ2』を期待せずに見た場合のレビュー

絵師の知り合いがいなくても萌えイラストを頼める【天使の街・創作メモ】

関連記事

  1. コワすぎ!

    『戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 最終章』に裏切ら…

    前作『史上最恐の劇場版』で異界に取り込まれたディレクター・工藤とアシスタント…

  2. 映画『悪の教典』にあって原作小説にないものとは?…

    貴志祐介作品の原作はなかなか楽しめたが、その映画化だからといって、ふつうなら…

  3. 「時間とお金のどちらが大切か」その答えを僕たちは…

    〈時間〉が〈お金〉になった世界の悲劇朝。男は目を覚ますと、腕の時計…

  4. 『貞子3D』を2D環境でなんとか楽しむための3つ…

    お急ぎの方はスルーでOK[1]ここは作品レビューのブログである[2]「貞…

  5. 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の謎を徹底的に解…

    「我らの願いはすでにかなった」「よい 全てこれでよい」『シン・エヴ…

  6. 『遊星からの物体X ファーストコンタクト』はじわ…

    ジョン・カーペンター版『遊星からの物体X』は、幼いころに観て、その恐ろしさに…

  7. 戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版

    〈戦慄怪奇ファイル コワすぎ!〉は白石監督がコワ…

    怪奇現象のドキュメンタリーを制作しているスタッフのもとへ、不可思議な映像が記…

  8. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の謎を本気で解明する…

    『エヴァ』の謎解きとは、すなわち設定や世界観を確認することだ。言うまでもな…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ぎゃふん工房とは……?

Gyahun工房のアイコン

〈ぎゃふん工房〉は、フリーランス ライター ユニット〈Gyahun工房〉のプライベートブランドです。

このサイトは、収益を目的とせず、みなさんといっしょにさまざまなジャンルの作品を楽しむために制作しています。

プロフィール

このサイトのコンテンツは無料でお楽しみいただけますが、もし内容がお気に召しましたら、下のボタンより“コーヒー代”のご寄付をお願いします。

『天使の街』ミュージックビデオ

最近の記事

PAGE TOP