サラリーマンが自称・小説家を名乗るための手帳・メモ術─第4回─【天使の街・創作メモ】

これまで各先生がたの手帳・メモ術を解説してきました。今回は、おまけとして、実際に私が使っている手帳を写真つきでご紹介していきます。少しでも参考にしていただければ嬉しいです。

先生がたのノウハウは下記をご参照ください。

【1人目】ワーク・ライフバランス社の社長・小室淑恵さん

【2人目】『「超」整理法』の野口悠紀雄先生

【3人目】『100円ノート「超」メモ術』の中公竹義先生

自分の手帳を公開

Tetyo 01

▲私がいま使っている手帳。商品は「ブレイリオ S&Mホルダー A6」という革製のノートカバーです。

Tetyo 02

▲中を開くとこんな感じ。左にスケジュールシート、右にノートをセットしています。

[スケジュール]「超」整理手帳を自作

Tetyo 03

▲スケジュールシートは「超」整理手帳を模して自作しています。本来なら、「超」整理手帳そのものでいいわけですが、このA6サイズが市販されていないため、仕方なく自分で作っているのです。

Tetyo 04

▲「超」整理手帳は1マスが1日(1列が1週間)ですが、1マスが1週間(1列が4週間)になっているオリジナルシートも自作しています。ここにはおもに小説の執筆予定を書いています。1週間に1日しか執筆しないため、こういうスケジュールシートが重宝するのです。

Tetyo 05

▲さらに、1マスが1か月(1列が1年)のシートも作っています。むこう10年ぐらいの計画が立てられます。時間が可視化され、人生における残り時間の少なさがわかってしまう恐ろしい代物です。そもそもこのシートを使い切るまで生きられるのか……。

Tetyo 06

▲スケジュールシートは意図しないところで広がらないように、それぞれ「クリップルーラー」という商品で留めて収納しています。これは線を引くための定規にもなります。

[メモ]100円ノート術を高級ノートに導入

Tetyo 08

▲メモ帳として使っているのは、100円ノートではなく、「ミドリ MDノート<文庫> 横罫」(630円)です。自由な発想ができるように、罫線の入っていない「無地」を用いています。

tetyo-18

▲中身はこんな感じ。左が仕事のメモ、右が小説のメモです。

Tetyo 09

▲罫線が入っていないと「インデックス」が作れないため、ルーズリーフを切り取って貼り付けています。

Tetyo 10Tetyo 11

▲「検索マーク」がつけやすいように、表紙の裏側にも同じようなものを貼り付けています。

Tetyo 12

▲無地のノートであっても、紙の側面に線を入れておけば十分に「インデックス」「検索マーク」として機能します(写真では、あとで思いついて線を入れたので、少しズレていますが)。

Tetyo 13

▲手帳を分解してみました。このようなアイテムで構成されているわけです。

[デジタルとの連動]創作は紙で行ない成果物をクラウドに保存する

Tetyo 14

▲iPad mini、iPhoneに「超」整理手帳のアプリを入れています。「スケジューリング」は紙のスケジュールシートを使って行ない、その結果をGoogleカレンダー(Macのカレンダー)に入力します。作った予定はこのiPad mini、iPhoneで確認・閲覧するわけです。

Tetyo 15

Tetyo 16

▲ブログの記事の構成は無地のノートを使っています(ただし、この方法がベストなのかは模索中)。ノートは持ち歩かず、必要に応じてiPad miniまたはiPhoneで誌面を撮影しておき、出先で見たい時は撮影した画像を開きます。

Tetyo 17

▲小説の構成も紙で行ないます。ノートを使わないのは“立体的”に考えられるようにするためですが、この方法がよいかはやはり検討中です。

まだまだ発展するか? 自称・小説家を名乗るための手帳・メモ術

ここでご紹介したのはあくまで「現時点」で私の使っている手帳で、今後さらに改良を重ねていきたいと思っています。

今回ふれなかった問題に「小説の校正作業をどうやるか」という点があります。本文の執筆そのものはパソコンを使い、それを紙に印刷して校正・推敲作業をしていたのですが、じつはiPad miniがツールとして有効であることが最近わかってきました。モニターの画面では誤字・脱字の発見が難しいため「校正は紙でやるべき」と信じて疑わなかったのですが、それはあくまで「パソコンの画面」であって、タブレットのそれではないようです。

かといって、小説の校正は誤字・脱字を発見することだけではなく、「作品としての良い・悪い」を判断することも大切で、それはやはり紙でやるべきだと思っています。だから、どのタイミングでタブレットを使っていくのかが今後の検討課題となります。

またノウハウがまとまり次第、ご報告していきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

この記事の完全版を収録した電子書籍がリリース

小説家(自称)の手帳術をあつかった記事をまとめて一冊の本(電子書籍)にしました。ダウンロードは無料。会員登録なども不要。いまこれをお読みのデバイスですぐにご覧いただけます。ぜひこの機会にお試しください。

『ぎゃふん6』PDF(10.6MB)

『ぎゃふん6』ePub(8.4MB)

紹介記事はこちら。

【ずっと無料】ブログをまとめた電子書籍『ぎゃふん6 小説家の仕事術』リリース
自称・小説家のノウハウを公開毎年恒例、ブログの記事をまとめて電子書籍にした『ぎゃふん』シリーズの第6弾が今年もリリース──といっても、昨年(2014年)は、電子書籍の小説の制作に没頭していたために、ブログをあまり更新しませんでした。そのため、ページが埋まらず、本が作れない。そこで今回は、サラリーマンであ...

島田裕巳『プア充』に納得できる点できない点

アニメ「ガリレイドンナ」がオジサンも楽しみになってきた

関連記事

  1. サラリーマンが自称・小説家を名乗るための手帳・メモ術─第3回─【…

    小説のアイディアをメモする自称・小説家として、頭に思い浮かんだアイディアをメモしておくことは大切です…

  2. マヨ先生の女子大生時代の画像を独占入手!【天使の街キャラクター紹…

    セルフ・パブリッシングで作る電子書籍『天使の街』のキャラクターは、前回までに主要6人を紹介しました。…

  3. 電子書籍の小説『天使の街~マヨ~』の「第1章 郡上八幡」を無料配…

    このブログでお知らせしてきました、ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街~ハルカ~』と『天使の街~…

  4. マヨ先生に見た目と性格のギャップ萌え!?【天使の街キャラクター紹…

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街~プライマリー~』は2013年の配信を目指して、鋭意製作中[…

  5. クリエイターの仕事術はサラリーマンも使えるかもしれない

    押井守、宮崎駿、庵野秀明、黒沢清。海外からの評価も高いアニメ・映画監督たち。今さら説明は不要だろう。…

  6. 素人がそれらしい電子書籍の表紙を作る方法を考えてみた【天使の街・…

    『天使の街』の表紙は私が作りました。本職のライター編集者としてデザイナーさんに発注することはあります…

  7. 絵師の知り合いがいなくても萌えイラストを頼める【天使の街・創作メ…

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街』の“制作秘話”をつづっていくシリーズの第2弾です。…

  8. ヤヨイは男勝りだけどもっとも女らしい!?【天使の街キャラクター紹…

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街〜プライマリー〜』のおもな登場人物は6人。残すはあと2人です…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろな作品を評価する〈ネタバレなし〉ブログです。

最近の記事

  1. ponysmasher
  2. 『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』
  3. 『ぎゃふん8』リリース
  4. 『かーそる』
  5. 『闇動画』

記事ギャラリー

  1. 『シン・ゴジラ』
  2. クロユリ団地
  3. 『ゴーン・ガール』
  4. 家入レオ『a boy』
PAGE TOP