小説を書くのにモチベーションなんかいらない──行動科学マネジメントの実践

「小説の原稿を書かなければいけないのに、なかなかモチベーションが上がらない」「最初の3日間は書いたけど、そのあと続かなくなってしまった」。小説家を目指すみなさんは、そんな悩みを抱えていないだろうか?

今回は、石田淳さんの『いつも結果を出す人の整理する技術』などの著書で提唱されている〈行動科学マネジメント〉を実践して、モチベーションが上がらなくても小説を書きつづけられる方法を紹介する。

〈行動科学マネジメント〉って……?

そもそも〈行動科学マネジメント〉とは何か? その概要をなるべく簡単に説明してみよう。

【1】〈行動科学マネジメント〉の基本原則

〈行動科学マネジメント〉では、人間の行動は以下の3つの要素で構成されている、と考える。

  1. [先行条件]行動の直前の状況
  2. [行動]発言やふるまい
  3. [結果]行動のあとに起こった状況の変化

これらを簡単な例で示すとこうなる。

  1. [先行条件]→お腹が痛い
  2. [行動]→クスリを飲んだ
  3. [結果]→腹痛が治った

人は、〈行動〉の〈結果〉が望ましいものであれば、その〈行動〉を繰り返す。そこで〈行動科学マネジメント〉では、のちに述べる方法で〈結果〉を意図的にコントロールして、〈行動〉を継続できるようにするのだ。

【2】〈行動科学マネジメント〉の3つのメリット

次に、〈行動科学マネジメント〉の3つのメリットを挙げてみよう。

1.いつ、誰がやっても同じ結果が出せる

〈行動科学マネジメント〉は、科学的に理論が組み立てられている。したがって、同じ条件のもとでは、同じ結果になる。つまり、「いつ、誰が」やっても、同じ成果が出せるということだ。

2.精神力や根性は一切不要

〈行動科学マネジメント〉では、意思がその人の〈行動〉に及ぼす影響は小さいと考える。「気合が足りなかったからダメだった」「自分には向いていなかった」などと、自分の意思に失敗の原因を求める必要はないのだ。

3.行動が習慣化できる

〈行動科学マネジメント〉の最大の魅力は、挫折しがちな〈行動〉を習慣化し、継続できること。小説の執筆はもちろん、ブログの更新、健康のためのジョギング、資格取得の勉強、仕事の営業活動など、「続けたいのになかなか続けられないもの」に効果を発揮する。

【3】具体的には何をすればいい?

〈行動科学マネジメント〉を具体的にどう実践すればよいのかを説明していこう。

1.ラストゴールを設定する

まず、ラストゴール(最終目標)を決める。このとき、具体的な数値と期限を設定するのがポイントだ。そうしないと、どう行動すればいいかわからない。

たとえば、「売り上げをアップする」ではなく「3割売り上げをアップする」、「行政書士の試験に合格する」ではなく「今年度中に行政書士の試験に合格する」などとする。

具体的なゴールが見えれば、〈行動〉が的確なものになり、目標が実現する可能性も高まるのだ。

2.〈ピンポイント行動〉を見極める

〈ピンポイント行動〉とは、成果に直接的に結びつく行動のことだ。

たとえば、望む〈結果〉が「売り上げアップ」だとする。そこに至るまでの活動には、「見込み客のリストを作る」「ひたすら電話をかける」「提案書を作成する」など、さまざまなものがある。その中でどれが成果に結びつくのかを見極めることが重要だ。

〈ピンポイント行動〉を見つけるのは簡単でない場合もあるが、たとえば、実際に成果を上げている人(会社の先輩など)を観察したりすればヒントは見つかるはずだ。

3.〈ピンポイント行動〉を言語化する

〈ピンポイント行動〉を確実に実行するためには、その内容が具体的に言葉で表現できるものでなければならない。

下記を参考に、〈ピンポイント行動〉を設定しよう。

  • [計測できる]回数・範囲・数量などが数値で表わせる。
  • [信頼できる]誰が見ても同じ行動だとみなせる。
  • [観察できる]どんな行動をしているか誰が見てもわかる。
  • [明確化されている]何をどうするかはっきりわかる。

4.〈ピンポイント行動〉を計測する

自分の設定した〈ピンポイント行動〉がほんとうに成果に結びつくかどうかを科学的に検証する。具体的には、行動した回数を計測し、それをグラフ化するのだ。

〈行動〉の回数の増減と、〈結果〉の増減を比較すれば、おのずと効果的な行動(=ピンポイント行動)がわかるというわけだ。

5.〈ピンポイント行動〉を継続する

成果を出すには、〈ピンポイント行動〉を数多く実行しなければならない。しかし、行動したからといってすぐに良い〈結果〉が出るとは限らない。ならば、〈行動〉のあとに望ましい〈結果〉が出るような状況を自分で作り出してしまえばいい。

つまり、〈行動〉を実行したら、自分に〈ごほうび〉をあげるようにするのだ。子どもだましみたいな話に聞こえるかもしれないが、その効果は数々の実験で証明されている。

これが〈行動科学マネジメント〉の真髄というわけだ。

具体的には、次のような〈ごほうび〉がおすすめだ。

ポイントカードを作りスタンプを押す

自分でポイントカードを作り、行動したらスタンプを押す。一定の数がたまったら、豪華な食事など、自分に〈ごほうび〉を与える。

日常生活を思い出してほしい。ポイントを目当てにお店に通ったり、マイルを稼ぐために飛行機に乗ったりする。これらは、みんなポイントカードの効果だ。

カレンダーやグラフに行動を記録する

行動した日はカレンダーに丸をつけたり、グラフ化したりする。これも一定の数に達したら〈ごほうび〉を与える。〈結果〉ではなく〈行動〉を評価することになるので、〈行動〉を継続しやすいのだ。

なお、上記で述べた〈ピンポイント行動〉を計測するために作ったグラフをそのまま利用してもいい。

小説の執筆で〈行動科学マネジメント〉を実践してみた

以上が、〈行動科学マネジメント〉の要点だが、当ブログではその理論を実践し、効果を検証してみた。一部始終を紹介しよう。

[最終目標]2015年5月第1週目までに小説を300ページ書き上げる

まず、上の小見出しのように〈ラストゴール〉を決めた。最終的な目標は「小説を書き上げる」ことなのだが、〈行動科学マネジメント〉の理論にもとづいて「具体的な数値」を入れた。

〈行動〉のスタートは2014年の12月。およそ半年で長編小説(一般的な文庫本1冊のボリューム)を書き上げる計算だ。

[ピンポイント行動を見極める]小説を書く

「小説を書き上げる」という成果を出すための〈ピンポイント行動〉は「小説を書く」ことそのものだ。これはおのずと明らかで、「見極める」必要もないだろう。ここまではっきりとわかる例は少ない。

[ピンポイント行動を言語化する]1週間に1回2時間で20ページずつ小説を書く

〈ピンポイント行動〉は、具体的な言葉で表現されなければならない。そこで小見出しのように期間や頻度、ページ数といった数値を入れてみた。

「1週間に1回2時間」というのは、頻度としてはかなり少ない(普通は毎日書くものだろう)。しかし、個人的な事情もあり、こうせざるを得なかった。それでも、うまくいけば「2015年5月第1週目までに」は書き上がるわけだし、自分で決めた目標と締め切りなのだから、誰かに文句を言われる筋合いはない(プロの作家として注文を受けた原稿でもない)。

また、上で述べた〈ピンポイント行動〉を言語化する際のポイントである、

  • [計測できる]回数・範囲・数量などが数値で表わせる。
  • [信頼できる]誰が見ても同じ行動だとみなせる。
  • [観察できる]どんな行動をしているか誰がわかる。
  • [明確化されている]何をどうするかはっきりわかる。

もクリアしているはずだ。

[ピンポイント行動を計測する]グラフを自作する

「小説を書く」という〈行動〉を計測するため、グラフを書き込むシートを作成してみた。

▼横軸に時間(日付)、縦軸に生産量(枚数)をとった。「枚数」は、文庫本の見開きの数に換算するので、最終目標の300ページは150枚(見開き)。1週間に1度しか〈行動〉しないので、「日付」は毎週土曜日になる。

グラフ・シート

このシートのPDFはこちら

▼さらに、下のように補助線を引いた。これで、目標を達成するために、1回あたりどのくらい〈行動〉すればいいか、具体的な数値がわかった(上記の「1週間に20ページ」という数値は、このグラフに引いた線から割り出したもの)。

グラフ・シート(線入り)

*ただ、あとから考えると、これは問題だったかもしれない。その日のグラフがこの線を下回った場合、〈ごほうび〉の役割を果たさなくなってしまう恐れがある。進捗を確認できる効果はあるのだが、「望ましい〈結果〉を自分で作り出してしまう」という趣旨には反するだろう。

[ピンポイント行動を継続する]グラフを手帳にセットし実績を記録

毎回、原稿を書いたら、その枚数の分だけグラフを伸ばしていく。グラフは、どんなに枚数が少なくても、必ず右肩上がりになるのがポイントだ。〈結果〉の量に関わらず、〈行動〉したことそのものが蓄積されていくからだ。

こうして、〈ピンポイント行動〉を継続した結果、あらかじめ設定した期限の1週間前に、予定の枚数を書き上げることができた。

見事、目標を達成したわけだ。

▼ゴールまでグラフが到達したシートの実物。実績グラフ01

▼ジグザグな直線ではあるが、着実に最終目標に向かって線は伸びていく。実績グラフ02

▼シートは、このように手帳の巻末にセットした(ちなみに、巻頭には、こちらの記事で紹介しているスケジュールシートがセットされている)。
実績グラフ04

▼シートはジャバラ状になっており、折りたたんで手帳に収納する。これもスケジュールシートの応用。実績グラフ03

[振り返り]はたして〈行動科学マネジメント〉の効果なのか?

目標は達成できたわけだが、これがほんとうに〈行動科学マネジメント〉によるものなのかどうかは自信がない。

というのは、〈行動科学マネジメント〉を知る前にも、小説を今回と同じペースで書き上げた経験があるからだ。〈行動科学マネジメント〉を実践しなくても、〈結果〉は同じだった可能性がある。

本来、〈行動科学マネジメント〉は「続けたいのになかなか続けられないもの」に用いてこそ真価を発揮する。少なくとも自分にとっては、小説を書くのに〈行動科学マネジメント〉なんていらなかったのだ。

とはいえ、〈行動〉をグラフにするのはそれなりに楽しい。けっしてマイナスに働くものではないので、やってみて損はない。次回、小説を書くときもこのようなシートを作成するつもりだ。さらに今度はポイントカードも作ってみたい。

というわけで、この記事が小説を書きたい人の参考になれば幸いだ。

『ぎゃふん7』イメージ【永久無料】ブログの記事をまとめた電子書籍『ぎゃふん7』リリース!

『フェイクドキュメンタリーの教科書』『フェイクドキュメンタリーの教科書』で白石晃士監督が傑作を量産できる理由を探る

関連記事

  1. 【敵情視察】狗界ゴウ『緑眼魔女の事件簿 テロリズム・イン・チベッ…

    近未来の中国を舞台に、国連治安維持局の特殊捜査官が特殊能力を駆使し奮闘する──。狗界ゴウ『緑眼魔女(…

  2. 畑村洋太郎『回復力 失敗からの復活』を読んで生き延びろ

    〈失敗学〉の第一人者・畑村洋太郎先生による「失敗したあと復活する」ための本です。会社や学校、家庭で失…

  3. 黒沢清+蓮實重彦『東京から 現代アメリカ映画談義』のピンボケ感

    黒沢清と蓮實重彦の“師弟対談”で、まあこれほどの映画のプロ(いいかえれば「映画マニア」)が語っている…

  4. make-your-blog

    倉下忠憲『ブログを10年続けて、僕が考えたこと』を読んで「隠れ家…

    セルフ・パブリッシングの本を分析し、おいしいところを頂戴インスピレーションを得て、自分の作る電子書籍…

  5. ジョジョの奇妙な冒険の名言のイメージ

    会社に行きたくないときに効く!『ジョジョ(第3部)』の名言10選…

    「会社に行きたくない」。そう思ったときは、心が疲れているのかもしれない。仕事が辛いと思っているの…

  6. 『ねこの防災ハンドブック』

    『ねことわたしの防災ハンドブック』を読んでニャンコを守ろう

    ネコを飼っているあなたは、イザというとき、どうやってわがコを守るか考えていますか? 3.11以降、わ…

  7. 鈴木輝一郎『新・何がなんでも作家になりたい!』の身も蓋もない真実…

    セルフ・パブリッシングで小説を書いている者として、勉強のために『新・何がなんでも作家になりたい!』を…

  8. 『ゲームの父・横井軍平伝』で遊びの原点を思い出そう

    横井軍平。功績の大きさに関わらず、その名はほとんど知られていません。ですが、横井氏の“発明”したもの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろな作品を評価する〈ネタバレなし〉ブログです。

最近の記事

  1. ponysmasher
  2. 『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』
  3. 『ぎゃふん8』リリース
  4. 『かーそる』
  5. 『闇動画』

記事ギャラリー

  1. 『かーそる』
  2. 『ZARD MUSIC VIDEO COLLECTION』
  3. 『超コワすぎ!』
PAGE TOP