『ぎゃふん』のダウンロード・閲覧のしかた

リトルマガジン『ぎゃふん』は、電子書籍としてPDFやePub形式でも読むことができる。ここでは、電子書籍ファイルのダウンロードのしかた、本の読みかたを説明する。

『ぎゃふん』をダウンロードする

『ぎゃふん』のダウンロード・閲覧のしかた01

電子書籍版『ぎゃふん』は、それぞれのページにあるダウンロードボタンをタップ(クリック)することで、ダウンロードが可能だ。

〈PDF〉のダウンロード

PDFファイルは、ブラウザーでそのまま表示されるほか、さまざまなアプリでも読むことができるので、汎用性が高い。

なお、スマホやタブレットの場合は「単一ページ」、パソコンの場合は「見開きページ」のPDFがおすすめだ。

iOSで〈PDF〉をダウンロードする

iOSの場合は、ダウンロードをタップするだけでOKだ。しばらく待つと、ファイルのダウンロードが完了し、自動的に本が表示される。PDFは「単一ページ」がおすすめ。

▼ダウンロードボタンをタップ。自動的にダウンロードが始まる。

ダウンロード・PDF・iOS 01

▼ダウンロードが終わると、自動的にPDFが表示される。

ダウンロード・PDF・iOS 01

ファイルの閲覧のしかたはこちら。

Androidで〈PDF〉をダウンロードする

Androidの場合は、ダウンロードボタンをタップすると、自動的にダウンロードが始まる。ダウンロードが完了したら、「開く」をタップすれば、本が表示される。PDFは「単一ページ」がおすすめだ。

▼ダウンロードボタンをタップ。自動的にダウンロードが始まる。

ダウンロード・PDF・android 01

▼ダウンロードが終わると、下のようなメッセージが表示されるので、「開く」をタップ。

ダウンロード・PDF・android 02

▼ファイルが表示される。

ダウンロード・PDF・android 03

ファイルの閲覧のしかたはこちら。

Windowsで〈PDF〉をダウンロードする

Windowsの場合、ダウンロードボタンをクリックすると、自動的にファイルの読み込みが始まり、本が表示される。PDFは「見開き」がおすすめだ。

▼ダウンロードボタンをクリック。

ダウンロード・PDF・Windows 01

▼ファイルが表示される。

ダウンロード・PDF・Windows 02

ファイルの閲覧のしかたはこちら。

Macで〈PDF〉をダウンロードする

Macの場合、ダウンロードボタンをクリックすると、自動的にファイルの読み込みが始まり、本が表示される。PDFは「見開き」がおすすめだ。

▼ダウンロードボタンをクリック。

ダウンロード・PDF・Mac 01

▼ファイルが表示される。

ダウンロード・PDF・Mac 02

ファイルの閲覧のしかたはこちら。

〈ePub〉のダウンロード

ePubは電子書籍の標準的な形式だが、『ぎゃふん』はApple社の〈iBooks〉のみに対応している。iPadやiPad mini、Macをお持ちのかたはこちらもご覧いただきたい。*iPhoneは一部の表示が制作者の意図と異なる場合があります。

iOSで〈ePub〉をダウンロードする

ダウンロードボタンをタップすると、ファイルを開く方法を選ぶ画面になる。そこで〈iBooks〉を選べばOKだ。

▼ダウンロードボタンをタップ。

ダウンロード・ePub・iOS 01

▼「“iBooks”で開く」をタップ。

ダウンロード・ePub・iOS 02

▼〈iBooks〉が起動し、ファイルが表示される。

ダウンロード・ePub・iOS 03

ファイルの閲覧のしかたはこちら。

Macで〈ePub〉をダウンロードする

Macの場合は、ブラウザーでファイルをダウンロードし、ファイルを〈iBooks〉にドラッグすればいい。

▼ダウンロードボタンをクリック。

ダウンロード・ePub・mac 01

▼保存場所を指定して、「保存」をクリック。

ダウンロード・ePub・mac 02

▼〈iBooks〉を起動し、ダウンロードしたファイルをドラッグ。

ダウンロード・ePub・mac 03

▼ファイルがコレクションに追加されたら、ダブルクリック。

ダウンロード・ePub・mac 04

▼ファイルが表示される。

ダウンロード・ePub・mac 05

ファイルの閲覧のしかたはこちら。

『ぎゃふん』を読む

『ぎゃふん』のダウンロード・閲覧のしかた02

『ぎゃふん』の電子書籍版は、紙の雑誌の制作に用いたデータをそのまま利用しているため、紙の雑誌を読むのとほぼ同じ感覚で楽しむことができる。

〈PDF〉の閲覧

『ぎゃふん』のPDFは、さまざまなアプリに対応しているため、お手持ちの環境ですぐに読めるはずだ。

iOSで〈PDF〉を読む

iOSの場合は、ブラウザーで読む進めることもできるが、〈iBooks〉にコピーして閲覧することをおすすめしたい。目的のページをすばやく探し出したり、ブックマークをつけたりと、さまざまな読書体験を得ることができる。

もちろん、使い慣れたアプリがあれば、そちらにコピーしても構わない。

ファイルを〈iBooks〉にコピーする

▼ブラウザーでファイルが表示されたら、画面下の「追加・共有・保存」ボタンをタップ。

閲覧・PDF・iOS・iBooks 01

▼「iBooksにコピー」をタップ。

閲覧・PDF・iOS・iBooks 02

▼〈iBooks〉でファイルが開く。

閲覧・PDF・iOS・iBooks 03

ページをめくる

▼次のページを見るには、画面の右のほうをタップ。

閲覧・PDF・iOS・iBooks 04

▼前のページを見るには、画面の左のほうをタップ。

閲覧・PDF・iOS・iBooks 05

サムネイルを表示する

▼サムネイルを表示するには、画面上部の「コンテンツ」アイコンをタップ。

閲覧・PDF・iOS・iBooks 06

▼読みたいページへ移動するには、そのページのサムネイルをタップ。

閲覧・PDF・iOS・iBooks 07

ブックマークを利用する

▼ブックマークをつけるには、そのページを開き〈ブックマーク〉アイコンをタップ。

閲覧・PDF・iOS・iBooks 08

▼ブックマークがつけられた。

閲覧・PDF・iOS・iBooks 09

▼ブックマークをつけたページに移動するには、〈コンテンツ〉アイコンをタップ。

閲覧・PDF・iOS・iBooks 10

▼〈ブックマーク〉アイコンをタップ。

閲覧・PDF・iOS・iBooks 11

▼ブックマークをつけたページのサムネイルが表示される。サムネイルをタップすれば、そのページへ移動する。

閲覧・PDF・iOS・iBooks 12

▼ブックマークをはずすには、ブックマークのついたページを開き、〈ブックマーク〉アイコンをタップする。

閲覧・PDF・iOS・iBooks 13

▼ブックマークがはずれる。

閲覧・PDF・iOS・iBooks 14

Androidで〈PDF〉を読む

AndroidでPDFを閲覧するアプリは複数あるが、ここではGoogleのPDF viewerを例に説明する。

ページを移動する

▼次のページを見るには、画面をスワイプする。

読む・PDF・android 01

画面を拡大・縮小する

▼画面を拡大・縮小するには、画面をダブルタップする。

読む・PDF・android 02

読む・PDF・android 03

▼ピンチアウト(2本の指で画面をさわりながら指を離す)して拡大、ピンチイン(2本の指をくっつける)して縮小することもできる。

読む・PDF・android 04

読む・PDF・android 05

画面を横向きにする

▼スマートフォンを90度回転させると、誌面も回転する。文字が読みにくい場合などに利用したい。

読む・PDF・android 06

読む・PDF・android 07

Windowsで〈PDF〉を読む

Windowsの場合、画面をスクロールさせることで、本を読み進めることができる(ブラウザーはGoogle Chromeを使用した場合)。

ページを移動する

▼ほかのページを見るには、画面をスクロールする。

読む・PDF・Windows 01

画面を拡大・縮小する

▼画面の拡大・縮小するには、右下の〈+〉〈−〉ボタンをクリック。

読む・PDF・Windows 02

ファイルをダウンロードする

▼パソコンにファイルをダウンロードするには、右上のアイコンをクリック。ダウンロードしたファイルを別のアプリで閲覧してもいい。

読む・PDF・Windows 03

Macで〈PDF〉を読む

Macの場合、画面をスクロールさせることで、本を読み進めることができる(ブラウザーはSafariを使用した場合)。

ページを移動する

▼ほかのページを見るには、画面をスクロールする。

読む・PDF・Mac 01

画面を拡大・縮小する

▼画面を拡大・縮小するには、下部の〈+〉〈−〉ボタンをクリック。

読む・PDF・Mac 02

〈ePub〉の閲覧

『ぎゃふん』ePub版は、macOSやiOSの〈iBooks〉のみで閲覧が可能だ。たいていはあらかじめインストールされているが、もしアプリが見当たらない場合は、インストールしておこう。

iOSで〈ePub〉を読む

ePubファイルを〈iBooks〉で読むと、ページをめくる、目的のページを探す、ブックマークをつけるといった、さまざまな読書体験を実現できる。

ページをめくる

▼次のページに移動するには、画面の右端をタップ。

読む・ePub・iOS・iBook 01

▼前にページにもどるには、画面の左端をタップ。

読む・ePub・iOS・iBook 02

見開きで読む

▼誌面を見開きで読むには、端末を横向きにする(「画面の向きをロック:オフ」にしておく)。

読む・ePub・iOS・iBook 03

読む・ePub・iOS・iBook 04

目的のページを画面下の〈サムネイル〉で探す

▼画面のどこかをタップすると、画面下部に〈サムネイル〉が表示される。

読む・ePub・iOS・iBook 05

読む・ePub・iOS・iBook 06

▼〈サムネイル〉をロングタップする(押しっぱなしにする)とサムネイルが大きくなる。

読む・ePub・iOS・iBook 07

読む・ePub・iOS・iBook 08

▼スワイプする(指を放さないでスライドする)とサムネイルが変わる。

読む・ePub・iOS・iBook 09

▼目的のページで指を離すと、そのページへジャンプする。

読む・ePub・iOS・iBook 10

目的のページをメニューの〈サムネイル〉で探す

▼画面のどこかをタップして〈ツールバー〉を表示させ、〈メニュー〉ボタンをタップ。

読む・ePub・iOS・iBook 11

▼サムネイルが表示されるので、画面を上にスワイプ。

読む・ePub・iOS・iBook 12

▼目的のページをタップすると、そのページに移動する。

読む・ePub・iOS・iBook 13

目的のページをメニューの〈もくじ〉から探す

▼サムネイルの画面で〈もくじ〉ボタンをタップ。

読む・ePub・iOS・iBook 14

▼目的のページをタップすると、そのページに移動する。

読む・ePub・iOS・iBook 15

読む・ePub・iOS・iBooks 16

目的のページを誌面のもくじから探す

▼上記の「画面下のサムネイル」「メニューのサムネイル」「メニューのもくじ」のいずれかの方法で、誌面の「もくじ」にアクセスする(例として、ここでは「メニューのもくじ」を利用)。

読む・ePub・iOS・iBooks 17

▼目的のページの見出しやノンブルをタップすれば、そのページにジャンプする。

読む・ePub・iOS・iBooks 18

Macで〈ePub〉を読む

ePubファイルを〈iBooks〉で読むと、ページをめくる、目的のページを探す、ブックマークをつけるといった、PDFとは異なる機能を利用できる。

ページをめくる

▼次の見開きに移動するには、画面右端の矢印をクリック。

読む・ePub・mac 01

▼前の見開きに移動するには、画面左端の矢印をクリック。

読む・ePub・mac 02

目的のページを〈サムネイル〉から探す

▼画面上部の〈サムネイル〉ボタンをクリック。

読む・ePub・mac 03

▼画面下部に〈サムネイル〉が表示される。

読む・ePub・mac 04

目的のページを〈もくじ〉から探す

▼もくじを表示するには、画面上部の〈もくじ〉アイコンをクリック。

読む・ePub・mac 05

▼もくじが表示される 

読む・ePub・mac 06
ブックマークをつける

▼ブックマークをつけるには、画面上部の〈ブックマーク〉ボタンをクリック。

読む・ePub・mac 07

▼ブックマークがつけられる。

読む・ePub・mac 08

▼ブックマークをつけたページを表示するには、〈ブックマーク〉ボタンの横にあるマークをクリック。

読む・ePub・mac 09

▼ブックマークをつけたページの一覧が表示される。

読む・ePub・mac 10

PAGE TOP