バケモノ退治は〈でもんず〉におまかせ!【天使の街・世界観の紹介2】

ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街』の世界観を解説していくシリーズ。前回の〈テンシ〉に続きまして、今回は〈でもんず〉をご紹介します。

〈テンシ〉と戦う組織。それが〈でもんず〉

そもそも〈でもんず〉とはなんなのでしょう? まずは初登場シーンから見てみましょう。

きゃあああああああああああああああああああああ。
テンシの悲鳴が部屋中に響きわたる。
「なに!? あんたたち!」キヨコさんが怒号に似た声をあげる。
〈テンシ〉の姿が消えていた。
部屋のなかに、数人が流れこんできていた。
奇妙な格好をしている。全身が赤ずくめ。フードのようなものを被り、顔は見えない。
ひとりが手にしていた道具から白い塊が飛んだ。
塊が宙を舞い、部屋のどこかに衝突して、ボムという鈍い音を立てた。
音のしたほうに目をやると、〈テンシ〉の姿があった。
別の塊がそいつにあたった。
きゃあああああああああ。
テンシが苦しみ、悲鳴をあげている──ように見えた。
テンシが四つん這いの格好で、窓のほうへすばやく移動した。 窓にはぶつからずに、すり抜けた。
そのまま白い不気味な女は消えた。
「おねえさん、大丈夫? 聞こえる?」
赤ずくめのひとりが私のそばへ近づいていた。 口元はかろうじて見えるけど、顔の上半分が隠れていて表情はよく見えない。
声と口元の感じから、若い女性だとわかった。
「はい……」私はなんとか声を出した。
「よかった。間にあったんだね」

『天使の街〜マヨ〜』

〈テンシ〉に襲われそうになったマヨさんを救ったのが〈でもんず〉の人たちでした。彼女たちが持っていた道具から「白い塊」が発射され、〈テンシ〉を追い払うことに成功しています。

つまり、〈テンシ〉の撃退を目的として活動しているのが、この〈でもんず〉というわけです。

ところで、このときマヨさんのもとに現れた〈でもんず〉は、顔が隠れていました。中身はいったいどんな人たちなのでしょう。

エレベーターの扉が開き、人が出てきた。
3人。
いずれも20代と思われる若い女性だった。赤いレインコートは着ていない。ひとりはOLのスーツ姿。あとのふたりはカジュアルな服。
「あれ? なにしてんの?」
カジュアル服のひとりが私に気づいて声をかけた。その表情は穏やかで、サロンでの剣呑な雰囲気は微塵もなかった。

『天使の街〜マヨ〜』 

赤いコスチュームの中身は、いたってふつうの若い女性のようです。

さて、そんなバケモノ退治に、行きがかり上、マヨ先生も参加することになります。はじめて〈でもんず〉の衣装を着た先生の感想は──。

基本的にはちょっと厚手のレインコートという感じ。そう考えると、色が真っ赤で派手すぎるものの、なかなかおしゃれと言えなくもない。

『天使の街〜マヨ〜』 

──だそうです。

それにしても、なぜ〈でもんず〉はこんな格好をしているのでしょう?

コスチュームを装着し終わると、なんだか楽しい気分になってきた。
私はそんな趣味はないけど、コスプレをしているような──いや、これはコスプレそのものか──ふだんとはちがう自分になった気がした。
気恥ずかしさも見事に消えている。〈テンシ〉退治のばかばかしさをやわらげる。こんな衣装を着るのはそれが目的かも。

『天使の街〜マヨ〜』

前回、ちらっと「謎の組織」と言いましたが、なかなかつかみどころがない存在ではあります。

『こちらHQ。状況を報告せよ』
スピーカーから声が聞こえた。〈でもんず〉たちが持つトランシーバーか何かから鳴っているようだ。
「たった今、完了した」ひとりが応じる。
『犠牲者は?』
「ひとり。高校生。すでにそちらに運んでいる」
『了解』
赤いやつらは、ひとりずつ部屋から退散し始めているようだ。
『HQ。そのほかのテンシは発見できず。探索続行の是非を問う』
『探索不要。撤退せよ』
『了解』

『天使の街〜マヨ〜』 

こんなふうにまるで軍隊のようなふるまいも見られます。ますます謎が深まります。

今回もマヨ先生とミライさんに聞いてみた

mayomirai.jpg

──そうはいっても、実際に〈でもんず〉の人たちに来ていただいているのですから、聞いてみればよかろうなのだ。

マヨ「正直いっちゃうと、私は自分のこと〈でもんず〉の正式メンバーだと思ってないんだよね」

──え? そうなんですか?

〈でもんず〉に、大学のサークルみたいなノリで参加していたけど、ほんとはもっと真面目な組織なのではないかと思えてきた。

『天使の街〜マヨ〜』 

マヨ「ほら……ここにあるように、私は軽いノリで参加していて、そのおかげでひどいめにあっちゃって……」

ミライ「でも、別に資格試験があるわけではないし、わたしはマヨさんは立派な〈でもんず〉の一員だと思ってますよ」

──ところで、上のイラストでは拳銃のようなものを持っていますね。こんなの日本で許されるんですか?

マヨ「もちろん。だって、これ水鉄砲だもの」

──え!?

ミライ「このなかに〈テンシ〉を追い払うための液体が入ってるんです。っていうより、たぶん本物の銃を撃ってもダメだと思う、〈テンシ〉は」

「敵を探すときは、トリガーに指をかけて、いつでも撃てるようにして」ナツミはそう言いながら、テレビドラマの刑事がやるように、両手に持った銃を胸のあたりに持ってくるしぐさをした。
「バケモノは、天井にいることが多い。だから、視線は上に向けること」
「あの……〈テンシ〉を見つけたら、どうすればいいんですか?」ミライちゃんがかすれるような小さい声でたずねる。
「もちろん、この銃で攻撃して。このなかには、塩を溶かした水が入ってる。標的にあたれば、ひるませることができるから」

『天使の街〜マヨ〜』 

──前回、〈テンシ〉を倒すには塩をぶつければいいと教えていただきました。つまり、水鉄砲のなかに塩水が入っているわけですね。

マヨ「そういうこと。塩そのものをババッとぶつけるより、飛距離も出るし、当てやすいからね」

──あと、〈でもんず〉っていう名前は、〈天使〉に対抗するもの、つまり〈悪魔(demon)〉から来ているんですよね?

マヨ「う〜ん……私もずっとそう思ってたんだけど、別の説もあって……」

ミライ「以前、マヨさんと話していてその話題になったんですけど、『デモンズ』っていう映画があるんです。ご存知?」

──もちろん。このブログはホラーが得意分野ですから。ダリオ・アルジェントっていうイタリアの有名なホラー監督の作品ですね(ただし、この映画では監督ではなく製作)。

マヨ「そこからとったのではないかと思うんだけど……でも、ナツミがそんな映画知ってるわけないしなあ……」

──コスチュームが赤いのは、キリスト教で「赤」は「悪魔の色」って言われているからですか?

マヨ「たぶん、ちがうと思う」

──へ?

マヨ「ナツミの好きな色が赤なんだ」

振りむくと、ナツミが立っていた。
薄い黄色を基調とした浴衣。下駄の赤い鼻緒が絶妙なアクセントになっている。手には小さい団扇を持ち、ヒラヒラと動かしている。風を送っているのではなく、形式的にあおいでいるようなしぐさだ。

玄関のところまでやってくると、イスに腰かけ、本を読んでいる人がいた。 ナツミだった。ブックカバーの赤色が目に飛び込んでくる。

 

『天使の街〜マヨ〜』 

ミライ「ほら。ナツミさんの着ている服を見ると、あちこちに〈赤〉があしらってありますよね」

マヨ「そう……どこかワンポイントで入れるのが好きみたい」

──〈でもんず〉の衣装は全身が真っ赤だけど……。

ミライ「あら? マヨさんの前でナツミさんの悪口はダメですよ」

──いや、別に悪口では……。話題を変えましょう。ミライさんは、どうして〈でもんず〉に?

ミライ「わたしは小さいころから霊感が強くて、いろいろ興味を持って調べているうちに、ナツミさんから〈でもんず〉のことを教えてもらって」

──へ〜、ミライさんはそっち系の人なんですか? つまり「見える」人。なんかホラーっぽくなってきました。

マヨ「『心霊学園ホラー』ってこと忘れてない?」

ミライ「ほら。今もあなたのうしろに……」

──やめてください。

ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街』オフィシャルサイト

『バイオハザード ダムネーション』をとりあえず観ておいてよかった

『テッド』はギャグがわからなくても楽しめるという真実

関連記事

  1. 『ぎゃふん7』イメージ

    【永久無料】ブログの記事をまとめた電子書籍『ぎゃふん7』リリース…

    あけましておめでとうございます。毎年恒例となりました、自分だけの風物詩、個人雑誌『ぎゃふん』シリーズ…

  2. 『無責任姉妹』

    【敵情視察】アヲイ『無責任姉妹』は無責任だから誰も傷つかない

    〈敵情視察〉は、セルフ・パブリッシングの本を読み、「なぜ面白いのか」を考察して、美味しい部分を自分の…

  3. 葉真中顕『ロスト・ケア』で分かるこれからの社会派小説のありかた

    とある介護事務所が世話をする顧客たちが異様な死亡率を示す。その裏にあるものは何か──。今、日本が直面…

  4. サキはみんなのアイドル!【天使の街キャラクター紹介4】

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街~プライマリー~』の完成までキャラクター紹介をしていくシリー…

  5. キンドル作家の作品を“敵情視察”してみた

    ガールズ・ラブ&心霊学園ホラー『天使の街』をAmazon KDPやiBooksにおいてセルフ・パブリ…

  6. サラリーマンが自称・小説家を名乗るための手帳・メモ術─第1回─【…

    ワーク・ライフバランスで小説を人生に組み込むこれから数回にわたり、自称・小説家でありサラリーマン…

  7. サラリーマンが自称・小説家を名乗るための手帳・メモ術─第4回─【…

    これまで各先生がたの手帳・メモ術を解説してきました。今回は、おまけとして、実際に私が使っている手帳を…

  8. 【敵情視察】狗界ゴウ『緑眼魔女の事件簿 テロリズム・イン・チベッ…

    近未来の中国を舞台に、国連治安維持局の特殊捜査官が特殊能力を駆使し奮闘する──。狗界ゴウ『緑眼魔女(…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


このサイトは……?

映画・音楽・ゲーム・本など、いろいろな作品を評価する〈ネタバレなし〉ブログです。

最近の記事

  1. ponysmasher
  2. 『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』
  3. 『ぎゃふん8』リリース
  4. 『かーそる』
  5. 『闇動画』

記事ギャラリー

  1. 『龍三と七人の子分たち』イメージ
  2. 戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版
  3. 『ひぐらしブレイクアウト!』
PAGE TOP