電子書籍

  1. 【ダウンロード自由!】ブログの記事をまとめた本『ぎゃふん8』リリース!

    今回のテーマは「生き残れ!」。これからの厳しい時代をどう生きるべきか? そんなテーマの記事を集めてみました。

  2. 『かーそる』

    電子雑誌『かーそる』とは良い名前をつけたもんだ

    『かーそる』は、セルフ・パブリッシングの電子雑誌だ。同誌の「創刊にあたって」によれば、私は常…

  3. 『中間管理録トネガワ』の圧倒的レビューっ……!

    『中間管理録トネガワ』は、福本伸行の代表作である『カイジ』シリーズのスピンオフ作品だ。『カイジ』の主…

  4. 【永久無料】ブログの記事をまとめた電子書籍『ぎゃふん7』リリース!

    あけましておめでとうございます。毎年恒例となりました、自分だけの風物詩、個人雑誌『ぎゃふん』シリーズ…

  5. 【敵情視察】水瀬ハルキ『銀幕の声』から正しい娯楽作品の作り方を学ぶ

    映画を観ていると、スクリーンの端に少女の姿が映る。映画の筋には関係がなく、あまりに不自然。それもその…

  6. 【敵情視察】アヲイ『無責任姉妹』は無責任だから誰も傷つかない

    〈敵情視察〉は、セルフ・パブリッシングの本を読み、「なぜ面白いのか」を考察して、美味しい部分を自分の…

  7. 【敵情視察】初瀬明生『ヴィランズ:悪役たちの物語』の真の主人公は誰だったのか?

    セルフ・パブリッシングでリリースされた本の魅力を分析し、自分の作品に役立てる〈敵情視察〉シリーズ。今…

  8. 【敵情視察】伊藤なむあひ『少女幻想譚』が〈隙間社電書〉の第1弾だった理由

    〈敵情視察〉は、セルフ・パブリッシングの人気作・話題作から、美味しいところを頂戴し、自分の作品に役立…

  9. 倉下忠憲『ブログを10年続けて、僕が考えたこと』を読んで「隠れ家ブログ」を目指す【敵情視察・番外】

    セルフ・パブリッシングの本を分析し、おいしいところを頂戴インスピレーションを得て、自分の作る電子書籍…

  10. 自分の小説を読んでくれるのは1万に1人【天使の街・創作メモ】

    セルフ・パブリッシングで電子書籍の小説『天使の街~ハルカ~』『天使の街~マヨ~』を出版してから、ちょ…

  11. 【ずっと無料】ブログをまとめた電子書籍『ぎゃふん6 小説家の仕事術』リリース

    自称・小説家のノウハウを公開毎年恒例、ブログの記事をまとめて電子書籍にした『ぎゃふん』シリーズの第6…

  12. 電子書籍『このホラーは映画はなぜおもしろいのか?』リリース

    このブログの記事を中心に、ホラー映画のレビューをまとめた電子書籍を作りました。ブログのコンセプト…

さらに記事を表示する
PAGE TOP